2011年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における2011年の出来事を記す。レギュラーシーズン開幕は2011年3月31日に始まり、10月28日に閉幕した。2011年のワールドシリーズセントルイス・カージナルステキサス・レンジャーズを4対3で破り、制した。

できごと[編集]

1月[編集]

2月[編集]

3月[編集]

  • 3月1日 - 前ロサンゼルス・ドジャースでメジャーリーグ通算2529安打のギャレット・アンダーソンが現役引退を表明[25]
  • 3月1日 - ボストンレッド・ソックスのオーナーのジョン・ヘンリーはこの日出演したラジオで、2009年11月に地元紙掲載の談話でMLB機構を批判したとして50万ドルの罰金を科せられていたことを公表[26]
  • 3月11日 - テキサス・レンジャーズは、最高経営責任者(CEO)を務めていたチャック・グリーンバーグが辞任し、球団社長を務めるノーラン・ライアンが兼任CEOに就任することを発表[27]
  • 3月29日 - ボストン・レッドソックスはマイナー契約の正田樹を解雇したことを広報が明らかにした[28]

4月[編集]

5月[編集]

  • 5月1日 - オークランド・アスレチックスの松井秀喜が対テキサス・レンジャース戦で3回に二塁打を放った後に本塁に生還し、日米通算1500得点(NPB901、MLB599)[39]
  • 5月1日 - MLBはアトランタ・ブレーブスの投手コーチのロジャー・マクダウェルを4月29日から遡って2週間の謹慎処分としたことを発表、29日の対サンフランシスコ・ジャイアンツ戦で観客に対し同性愛者を忌み嫌う発言をしたため[40]
  • 5月3日 - ミネソタ・ツインズのフランシスコ・リリアーノが対シカゴ・ホワイトソックス戦でノーヒット・ノーランを達成[41]
  • 5月3日 - クリーブランド・インディアンスの秋信守が2日の未明に、クリーブランド近郊で飲酒運転で逮捕されたことがメジャーリーグ公式サイトが報じた[42]
  • 5月7日 - デトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが対トロント・ブルージェイズ戦で自身は4年ぶり2度目となるノーヒット・ノーランを達成、1与四球後に併殺にして打者27人の準完全試合[43]
  • 5月9日 - ボストン・レッドソックスの岡島秀樹が対ミネソタ・ツインズ戦で日米通算700試合登板[44]
  • 5月11日 - テキサス・レンジャースのレッドソックス・ウェークフィールドが対トロント・ブルージェイズ戦に7回2死から登板、44歳282日での登板はディーコン・マグワイアの44歳280日を更新する球団最年長記録[45]
  • 5月16日 - ヒューストン・アストロズの球団オーナーのドレイトン・マクレーンは、球団をヒューストンの実業家を中心とする投資家グループに約6億8000万ドルで売却することで合意[46]
  • 5月18日 - ボルチモア・オリオールズ上原浩治が対ニューヨーク・ヤンキース戦の10回に5番手で登板し、デレク・ジーターから日米通算1500奪三振[47]
  • 5月19日 - ボストン・レッドソックスは岡島秀樹に戦力外通告[48]
  • 5月19日 - コロラド・ロッキーズジェイソン・ジアンビが対フィラデルフィア・フィリーズ戦で40歳代ではメジャーリーグ史上4人目の1試合3本塁打、40歳132日での達成は史上2番目の年長記録[49]
  • 5月25日 - ニューヨーク・ヤンキース対トロント・ブルージェイズ戦でヤンキースのマリアノ・リベラが9回に登板しメジャーリーグ通算1000試合登板を達成、史上15人目で同一球団に在籍での達成は史上初。ブルージェイズのホセ・レイエスが先発し敗戦投手となり、先発して28試合連続未勝利はメジャーリーグタイ記録。この年はここまで0勝4敗で、2008年6月が最後の勝利となっている[50]

6月[編集]

7月[編集]

  • 7月3日 - オールスターゲームの出場選手が発表。10年連続出場のイチローが不出場など、日本人選手が2000年以来の選出されず[62]。トロント・ブルージェイズのホセ・バティスタがメジャーリーグ史上最多の745万4753票で選出[63]。ミルウォーキー・ブルワーズのライアン・ブラウンナ・リーグ史上最多の592万8004票で選出[64]
  • 7月9日 - ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターが対タンパベイ・レイズ戦(ヤンキースタジアム)で3回裏にソロ本塁打を放ち、史上28人目、球団では初のメジャーリーグ通算3000本安打達成[65]
  • 7月12日 - オールスターゲームが開催され、5対1でナ・リーグが勝利。MVPはミルウォーキー・ブルワーズプリンス・フィルダー[66]
  • 7月12日 - ミルウォーキー・ブルワーズはニューヨーク・メッツのフランシスコ・ロドリゲスをトレードで獲得したことを発表[67]
  • 7月19日 - トロント・ブルージェイズは、1991年から5年間同球団に在籍し、今年野球殿堂入りしたロベルト・アロマーの背番号12を球団初の永久欠番とすることを発表、2度のワールドシリーズ制覇に貢献したことによるもの[68]
  • 7月20日 - オークランド・アスレチックスの松井秀喜が対デトロイト・タイガース戦(デトロイト)で日米通算500号本塁打(NPB332、MLB168)[69]
  • 7月23日 - ボストン・レッドソックス対シアトル・マリナーズ戦(ボストン)はレッドソックスが3対1で勝利し、テリー・フランコーナがメジャーリーグ史上57人目の監督で1000勝[70]。敗れたマリナーズは球団ワーストタイ記録の14連敗[71]
  • 7月24日 - シアトル・マリナーズは対ボストン・レッドソックス戦(ボストン)に8対12で敗れ、球団ワースト記録を更新する15連敗[72]
  • 7月27日 - タンパベイ・レイズが対オークランド・アスレチックス戦で29歳のジェームズ・シールズが先発し、メジャーリーグ新記録の705試合連続で30歳未満の投手が先発登板。試合は13対4でアスレチックスが勝利[73]
  • 7月28日 - ロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムのアービン・サンタナが対クリーブランド・インディアンス戦で無安打に抑えて3対1で勝利投手。失点は失策と暴投によるもので、メジャーリーグでは18年ぶりの失点しながら無安打(ノーヒッター)試合。今季無安打はメジャーリーグでは3試合目[74]
  • 7月28日 - シカゴ・カブスは福留孝介がクリーブランド・インディアンスにマイナー2選手との交換トレードで移籍することが発表[75]
  • 7月30日 - ボルチモア・オリオールズは上原浩治とテキサス・レンジャーズのクリス・デービストミー・ハンターの1対2の交換トレードを発表[76]
  • 7月30日 - コロラド・ロッキーズのウバルド・ヒメネスがクリーブランド・インディアンスへ4選手とのトレードで移籍[77]
  • 7月30日 - ボルチモア・オリオールズのデレク・リーがピッグバーグ・パイレーツへ移籍[77]
  • 7月30日 - クリーブランド・インディアンスのオルランド・カブレラがサンフランシスコ・ジャイアンツへ移籍[77]
  • 7月30日 - ワシントン・ナショナルズのジェーソン・マーキーがアリゾナ・ダイヤモンドバックスへ移籍[77]
  • 7月30日 - ロサンゼルス・ドジャースのラファエル・ファーカルがセントルイス・カージナルスへ移籍[78]
  • 7月31日 - 昨季ア・リーグ盗塁王のアトランタ・ブレーブスのマイケル・ボーンがアトランタ・ブレーブスへ移籍[79]
  • 7月31日 - サンディエゴ・パドレスのマイク・アダムズがテキサス・レンジャースへ移籍[79]
  • 7月31日 - シアトル・マリナーズのエリク・ビダードがボストン・レッドソックスへ移籍[79]

8月[編集]

  • 8月11日 - セントルイス・カージナルスはテキサス・レンジャースから戦力外となっていたアーサー・ローズを獲得することを、アメリカの複数のメディアが伝えた[80]
  • 8月15日 - ミネソタ・ツインズのジム・トーミが対デトロイト・タイガース戦(デトロイト)で6回の2ラン本塁打に続いて7回にこの日2本目の3ラン本塁打を放ち、メジャーリーグ史上8人目の通算600本塁打。40歳353日での達成は史上最年長になるが、8137打数目での達成は史上2番目のスピード記録[81]
  • 8月16日 - シアトル・マリナーズのイチローが対トロント・ブルージェイズ戦(シアトル)で日米通算1万1973打席として、野村克也の日本プロ野球記録を上回った[82]
  • 8月19日 - シカゴ・カブスはGMのジム・ヘンドリーを成績不振で解雇したことを発表[83]
  • 8月25日 - ニューヨーク・ヤンキースは対オークランド・アスレチックス戦(ヤンキースタジアム)でメジャーリーグ新記録の1試合3満塁本塁打などで22対9で勝利[84]
  • 8月25日 - クリーブランド・インディアンスはミネソタ・ツインズから今月15日に通算600本塁打を記録したジム・トーミをトレードで獲得したことを発表。トーミは2002年までインディアンスに在籍で9年ぶりの復帰[85]
  • 8月28日 - ニューヨーク・ヤンキースのデレク・ジーターが対ボルチモア・オリオールス戦に出場し、球団最多出場記録の2402試合出場[86]
  • 8月29日 - オークランド・アスレチックスの松井秀喜が対クリーブランド・インディアンス戦の6回に二塁打を放ち、日米通算488二塁打として、立浪和義の日本プロ野球記録を上回った[87]
  • 8月31日 - アトランタ・ブレーブスのクレイグ・キンブレルが対ワシントン・ナショナルズ戦(アトランタ)で9から登板し1イニングを抑え、メジャーリーグの新人史上最多のシーズン41セーブ[88]

9月[編集]

  • 9月2日 - ボストン・レッドソックスは対テキサス・レンジャース戦で本拠地球場での完売の連続試合記録をメジャーリーグ史上初の700試合とした[89]
  • 9月3日 - ミルウォーキー・ブルワーズのジョージ・コッタラスが対ヒューストン・アストロズ戦(ヒューストン)でサイクル安打を達成[90]
  • 9月3日 - ワシントン・ナショナルズのトム・ミローンがメジャーリーグ初登板の対ニューヨーク・メッツ戦(ワシントン)での初打席で初球を本塁打、投手の初打席初球本塁打は史上8人目。なお試合は8対7でナショナルズが勝利するものの、ミローンは5回途中で降板で勝利投手とならず[91]
  • 9月8日 - シアトル・マリナーズのイチローが対カンザスシティ・ロイヤルズ戦(シアトル)で日米通算44本目(NPB7、MLB36)の初回先頭打者本塁打で、日本プロ野球記録の福本豊の43本を上回った。メジャーリーグ史上では単独6位[92]
  • 9月12日 - 今季途中に現役引退のマニー・ラミレスが妻への暴行の容疑で逮捕、ラミレスは容疑を否認[93]
  • 9月13日 - ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが対シアトル・マリナーズ戦(セーフコ・フィールド)でメジャーリーグ史上2人目の通算600セーブ[94]
  • 9月13日 - ボストン・レッドソックスのティム・ウェイクフィールドが対トロント・ブルージェイズ戦(ボストン)でメジャーリーグ通算200勝[95]
  • 9月14日 - MLBは来季の公式戦日程を発表、本拠地をフロリダからマイアミに移し、本拠地と名称をフロリダから「マイアミ・マーリンズ」と変更するマーリンズと対セントルイス・カージナルス戦の4月4日のマイアミの新球場での1試合が開幕戦となる[96]
  • 9月14日 - フィラデルフィア・フィリーズが対ヒューストン・アストロズ戦に1対0で勝利し、今季初のプレーオフ進出チームとなった。残り試合に全敗でもワイルドカードに進出できるため[97]
  • 9月16日 - デトロイト・タイガースが対オークランド・アスレチックス戦(オークランド)に3対1で勝利し、ア・リーグ中地区優勝達成。タイガースの地区優勝は東西制の1987年以来24年ぶりで、4度目。今季両リーグ1番乗りの地区優勝[98]
  • 9月17日 - ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが対トロント・ブルージェイズ戦(ロジャース・センター)でメジャーリーグタイ記録の通算601セーブ[99]
  • 9月17日 - フィラデルフィア・フィリーズが対セントルイス・カージナルス戦に9対2で勝利し、5年連続ナ・リーグ東地区優勝達成[100]
  • 9月19日 - ニューヨーク・ヤンキースのマリアノ・リベラが対ミネスト・ツインズ戦(ヤンキー・スタジアム)で9回から登板し三者凡退でセーブを記録し、メジャーリーグ新記録の通算602セーブ[101]
  • 9月20日 - 今年4月に現役引退を表明していた、マニー・ラミレスがドミニカのウィンターリーグで現役復帰の意向を示した[102]
  • 9月21日 - ボストン・アスレチックスは今季6月から監督代行をつとめるボブ・メルビンの来季からの監督就任を発表、3年契約[103]
  • 9月21日 - ニューヨーク・ヤンキースが、対タンパベイ・レイズ戦ダブルヘッダーに連勝し、2位のボストン・レッドソックスが敗れたため、2年ぶりにア・リーグ東地区優勝達成[104]
  • 9月23日 - テキサス・レンジャーズが対シアトル・マリナーズ戦(アーリントン)に勝利し、2位のロサンゼルス・エンゼルス・オブ・アナハイムが敗れたため、レンジャースが2年連続ア・リーグ西地区優勝達成[105]
  • 9月23日 - アリゾナ・ダイヤモンドバックスが対サンフランシスコ・ジャイアンツ戦に3対1で勝利し、4年ぶりにナ・リーグ西地区優勝達成[106]
  • 9月23日 - ミルウォーキー・ブルワーズが対フロリダ・マーリンズ戦に4対1で勝利し、2位のセントルイス・カージナルスが敗れたため、ナ・リーグ中地区優勝達成。ブルワーズの地区優勝は29年ぶり4度目[107]
  • 9月23日 - マイアミ・マーリンズのドミニカ出身の抑え投手で、今季36セーブを挙げているレオ・ヌネスが偽名を使った別人だったことがアメリカの複数のメディアが報じた。本名は「ホアンカルロス・オビエド」で年齢も実際より1歳上、「レオ・ヌネス」はオビエドの幼馴染で身分証明を借用し使ったとされる。ヌネスは22日にドミニカに帰国している[108]
  • 9月24日 - ヒューストン・アストロズ対コロラド・ロッキーズ戦が1876年4月22日の初試合以来、メジャーリーグ史上20万試合目となった(ポストシーズン除く)[109]
  • 9月26日 - シカゴ・ホワイトソックスは監督のオジー・ギーエンとの契約を解除したことを発表、本人の希望によるもの。残り2試合はベンチコーチのジョーイ・コーラが指揮を執る[110]
  • 9月27日 - アリゾナ・ダイヤモンドバックスが対ロサンゼルス・ドジャース戦で、2対2で迎えた延長10回表に5点を取られ、その裏2死走者無しの状況から満塁として押し出しで1点を返し、ライアン・ロバーツの逆転サヨナラ満塁本塁打で7対6で勝利した[111]
  • 9月28日 - メジャーリーグのワイルドカード争いはア・リーグはタンパベイ・レイズが、ナ・リーグはセントルイス・カージナルスがそれぞれ決定しプレーオフ進出決定[112]
  • 9月28日 - メジャーリーグの2011年レギュラーシーズン全日程が終了。投手部門で、ア・リーグはデトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが、ナ・リーグはロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウがそれぞれ三冠(最優秀防御率、最多勝、奪三振)を獲得[113]
  • 9月28日 - MLB機構はシアトル・マリナーズとオークランド・アスレチックスの来季開幕戦を3月28日と29日に日本の東京ドームで行うことを正式発表。日本でのメジャーリーグ公式戦開催は4度目[114]
  • 9月28日 - 来季より本拠地をマイアミに移すマーリンズの新監督に、今月26日までシカゴ・ホワイトソックスの監督をつとめたオジー・ギーエンの就任を発表[115]
  • 9月30日 - オークランド・アスレチックスは監督のテリー・フランコナの退任を発表[116]
  • 9月30日 - ア・リーグの地区シリーズ、ニューヨーク・ヤンキースとロサンゼルス・ドジャースの第1戦は1対1で迎えた2回表終了時に降雨サスペンデッドとなり、10月1日に2回裏から再開することになった[117]

10月[編集]

  • 10月1日 - 前日、降雨サスペンデッドとなったア・リーグ地区シリーズのニューヨーク・ヤンキースとロサンゼルス・ドジャースの第1戦の続きが行われ、9対3でヤンキースが先勝した[118]
  • 10月4日 - ア・リーグの地区シリーズで西地区1位のテキサス・レンジャースがワイルドカードのタンパベイ・レイズに4対3で勝利し、3勝1敗で2年連続でリーグ優勝決定シリーズ進出が決定[119]
  • 10月6日 - 年間最優秀救援投手にデトロイト・タイガースのエルネスト・バルベルデが選出、今季75試合登板で2勝4敗49セーブ[120]
  • 10月6日 - ア・リーグの地区シリーズ第5戦で、中地区1位のデトロイト・タイガースが東地区1位のニューヨーク・ヤンキースに3対2で勝利し、3勝2敗で5年ぶりにリーグ優勝決定シリーズ進出が決定[121]
  • 10月6日 - シカゴ・ホワイトソックスは新監督にロビン・ベンチュラの就任を発表[122]
  • 10月7日 - ナ・リーグの地区シリーズは、中地区1位のミルウォーキー・ブルワーズが西地区1位のアリゾナ・ダイヤモンドバックスに第5戦で延長10回に3対2でサヨナラ勝利し、3勝2敗でナ・リーグ中地区に編入以降では初のリーグ優勝決定シリーズ進出が決定[123]。またワイルド・カードのセントルイス・カージナルスが東地区1位のフィラデルフィア・フィリーズに第5戦で1対0で勝利し、3勝2敗でリーグ優勝決定シリーズ進出が決定[124]
  • 10月10日 - ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズ第2戦(アーリントン)で、テキサス・レンジャースが延長11回]]の無死満塁からネルソン・クルーズがポストシーズン初の逆転サヨナラ満塁本塁打で7対3でデトロイト・タイガースに勝利した[125]
  • 10月13日 - カムバック賞が発表され、ナ・リーグはセントルイス・カージナルスのランス・バークマン、ア・リーグはボストン・レッドソックスのジャコビー・エルズベリーがそれぞれ選出[126]
  • 10月15日 - ア・リーグのリーグ優勝決定シリーズは、西地区優勝のテキサス・レンジャースが中地区優勝のデトロイト・タイガースに15対5で勝利し、2年連続2度目のリーグ優勝とワールドシリーズ出場が決定[127]。シリーズMVPはレンジャースのネルソン・クルーズが選出された。クルーズはこのシリーズでポストシーズン新記録の6本塁打13打点[128]
  • 10月16日 - ナ・リーグのリーグ優勝決定シリーズは、ワイルドカードのセントルイス・カージナルスが中地区優勝のミルウォーキー・ブルワーズに12対6で勝利し、5年ぶり18度の優勝でワールドシリーズ進出決定[129]
  • 10月20日 - 2011年のロベルト・クレメンテ賞にボストン・レッドソックスのデービッド・オルティスが選出[130]
  • 10月22日 - ワールドシリーズ第3戦(レンジャーズ・ボールパーク)はセントルイス・カージナルスのアルバート・プホルスの3打席連続による、ワールドシリーズ史上3人目の1試合3本塁打などでテキサス・レンジャースに16対7で勝利し、2勝1敗とした。ナ・リーグ選手による1試合3本塁打は史上初。1試合14塁打はワールドシリーズ新記録。1試合5安打と6打点は同タイ記録。同一ポストシーズンでの4安打以上を3試合は史上初[131][132]
  • 10月24日 - ハンク・アーロン賞に、ア・リーグはトロント・ブルージェイズのホセ・バティスタ、ナ・リーグはロサンゼルス・ドジャースのマット・ケンプを選出[133]
  • 10月28日 - ワールドシリーズの第7戦(ブッシュ・スタジアム)が行われ、セントルイス・カージナルスがロサンゼルス・ドジャースに6対2で勝利し、4勝3敗で5年ぶり11度目の優勝達成[134]。MVPはポストシーズン新記録の通算21打点のデビッド・フリースが受賞[135]
  • 10月31日 - ワールドシリーズ優勝のセントルイス・カージナルスの監督のトニー・ラルーサが引退を表明[136]

11月[編集]

  • 11月1日 - 両リーグのゴールドグラブ賞が発表[137]
  • 11月1日 - MLBとロサンゼルス・ドジャースはドジャースの球団売却を連名で発表[138]
  • 11月2日 - 両リーグのシルバースラッガー賞が発表[139]
  • 11月2日 - シカゴ・カブスは監督のマイク・クワーディの解任を発表[140]
  • 11月4日 - 今季8月にミネソタ・ツインズからクリーブランド・インディアンスに移籍し、FAのジム・トーミがフィラデルフィア・フィリーズと1年契約125万ドルで合意[141]
  • 11月6日 - MLB選抜が台湾で親善試合の最終戦を行い、台湾代表に6対4で勝利し5連勝とした[142]
  • 11月7日 - カンザスシティ・ロイヤルズのメルキー・カブレラと、サンフランシスコ・ジャイアンツのジョナサン・サンチェスとマイナー投手の交換トレードが成立がジャイアンツから発表[143]
  • 11月8日 - シアトル・マリナーズはNPBのヤクルトスワローズ読売ジャイアンツでもプレーしたジャック・ハウエルのマイナーチームのコーチ就任を発表。今季はフロリダ・マーリンズのマイナーチームでコーチをしていた[144]
  • 11月9日 - ワシントン・ナショナルズのウィルソン・ラモスが母国ベネズエラでのウインターリーグに参加中にカラカスの自宅近くで武装グループに拉致、誘拐された[145]
  • 11月11日 - ロサンゼルス・ドジャースからFAのジェイミー・キャロルがミネソタ・ツインズと2年総額700万ドルで契約合意[146]
  • 11月11日 - ワシントン・ナショナルズのウィルソン・ラモスのベネズエラでの誘拐事件は、この日警察によってラモスが救出され、犯人は逮捕された[147]
  • 11月14日 - ボストン・レッドソックスからFAのジョナサン・パペルボンがフィラデルフィア・フィリーズと4年総額5000万ドルで契約合意[148]
  • 11月15日 - ア・リーグのサイ・ヤング賞はデトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが初受賞。満票での選出はア・リーグでは5年ぶり3度目[149]
  • 11月16日 - ロサンゼルス・ドジャースからFAのジェイミー・キャロルがミネソタ・ツインズと2年総額675万ドルで契約合意[150]
  • 11月16日 - 最優秀監督賞にア・リーグはアリゾナ・ダイヤモンドバックスのカーク・ギブソンが初受賞、ナ・リーグはジョー・マドンが二度目の受賞。マドンは1988年のア・リーグMVP選手で、両方を獲得したのは史上4人目[151]
  • 11月17日 - ナ・リーグのサイ・ヤング賞はロサンゼルス・ドジャースのクレイトン・カーショウが初受賞[152]
  • 11月17日 - シカゴ・カブスは新監督に今季ミルウォーキー・ブルワーズの打撃コーチをつとめたデール・スウェイムの就任を発表[153]
  • 11月17日 - オーナー会議でナ・リーグ中地区のヒューストン・アストロズを2013年度よりア・リーグ西地区に移すことを決定。これで両リーグともに15球団制となり、これに伴い奇数同士となるため、各日1試合は交流戦が組まれることになった。またアストロズの投資家グループへの球団売却を承認、売却額は6億1500万ドル[154]
  • 11月20日 - フィラデルフィア・フィリーズはコロラド・ロッキーズからタイ・ウィギントンをトレードで獲得したことを発表[155]
  • 11月21日 - シアトル・マリナーズのグレッグ・ハルマンがオランダのロッテルダムで刺殺されたことが地元警察が発表、容疑者としてハルマンの弟が逮捕[156]
  • 11月21日 - ミネソタ・ツインズからFAのジョー・ネイサンがテキサス・レンジャースと2年総額1450万ドルで契約合意したことを、MLB公式サイトなどが伝えた[157]
  • 11月21日 - ア・リーグのMVPはデトロイト・タイガースのジャスティン・バーランダーが受賞。今季のサイ・ヤング賞を受賞しており、両方の受賞は19年ぶり、先発投手では25年ぶり[158]
  • 11月22日 - ナ・リーグのMVPはミルウォーキー・ブルワーズのライアン・ブラウンが初受賞、2007年に新人王を獲得しており、両方の受賞は史上13人目[159]
  • 11月26日 - ボストン・アスレチックスは打撃コーチにチリ・デービスの就任を発表[160]
  • 11月30日 - ボストン・レッドソックスは新監督にボビー・バレンタインが就任したことを発表[161]

12月[編集]

試合結果[編集]

レギュラーシーズン[編集]

アメリカンリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 ニューヨーク・ヤンキース 97 65 .599
2 タンパベイ・レイズ 91 71 .562 6
3 ボストン・レッドソックス 90 72 .556 7
4 トロント・ブルージェイズ 81 81 .500 16
5 ボルチモア・オリオールズ 69 93 .422 28
中地区
1 デトロイト・タイガース 95 67 .586
2 クリーブランド・インディアンス 80 82 .494 15
3 シカゴ・ホワイトソックス 79 83 .488 16
4 カンザスシティ・ロイヤルズ 71 91 .438 24
5 ミネソタ・ツインズ 63 99 .389 32
 
西地区
1 テキサス・レンジャース 96 66 .593
2 ロサンゼルス・エンゼルス 86 76 .531 10
3 オークランド・アスレチックス 74 88 .457 22
4 シアトル・マリナーズ 67 95 .414 29
 

ナショナルリーグ[編集]

チーム 勝利 敗戦 勝率 G差
東地区
1 フィラデルフィア・フィリーズ 102 60 .630
2 アトランタ・ブレーブス 89 73 .549 13
3 ワシントン・ナショナルズ 80 81 .497 21.5
4 ニューヨーク・メッツ 77 85 .475 25
5 フロリダ・マーリンズ 72 90 .444 30
中地区
1 ミルウォーキー・ブルワーズ 96 66 .593
2 セントルイス・カージナルス 90 72 .556 6
3 シンシナティ・レッズ 79 83 .488 17
4 ピッツバーグ・パイレーツ 72 90 .444 24
5 シカゴ・カブス 71 91 .438 25
6 ヒューストン・アストロズ 56 106 .346 40
西地区
1 アリゾナ・ダイヤモンドバックス 94 68 .580
2 サンフランシスコ・ジャイアンツ 86 76 .531 8
3 ロサンゼルス・ドジャース 82 79 .509 11.5
4 コロラド・ロッキーズ 73 89 .451 21
5 サンディエゴ・パドレス 71 91 .438 23

オールスターゲーム[編集]

  • 右側がホームチーム
  • アメリカンリーグ 1 - 5 ナショナルリーグ
MVP:プリンス・フィルダー

ポストシーズン[編集]

  • 太字が勝利チーム
ディビジョンシリーズ リーグチャンピオンシップシリーズ ワールドシリーズ
                   
       
  ニューヨーク・ヤンキース 2
  デトロイト・タイガース 3  
  デトロイト・タイガース 2
アメリカンリーグ
    テキサス・レンジャーズ 4  
  テキサス・レンジャーズ 3
  タンパベイ・レイズ 1  
  テキサス・レンジャーズ 3
    セントルイス・カージナルス 4
  フィラデルフィア・フィリーズ 2
  セントルイス・カージナルス 3  
  セントルイス・カージナルス 4
ナショナルリーグ
    ミルウォーキー・ブルワーズ 2  
  ミルウォーキー・ブルワーズ 3
  アリゾナ・ダイヤモンドバックス 2  

ディビジョンシリーズ[編集]

リーグチャンピオンシップシリーズ[編集]

ワールドシリーズ[編集]

  • カージナルス 4 - 3 レンジャーズ
日付 ビジター スコア ホーム
10/19 レンジャーズ 2 - 3 カージナルス
10/20 レンジャーズ 2 - 1 カージナルス
10/22 カージナルス 16 - 7 レンジャーズ
10/23 カージナルス 0 - 4 レンジャーズ
10/24 カージナルス 2 - 4 レンジャーズ
10/27 レンジャーズ 9 - 10 カージナルス
10/28 レンジャーズ 2 - 6 カージナルス
MVP:デビッド・フリース

シーズン個人最高成績[編集]

アメリカンリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ミゲル・カブレラ (DET) .344
本塁打 ホセ・バティスタ (TOR) 43
打点 カーティス・グランダーソン (NYY) 119
得点 カーティス・グランダーソン (NYY) 136
安打 エイドリアン・ゴンザレス (BOS)
マイケル・ヤング (TEX)
213
盗塁 ココ・クリスプ (OAK)
ブレット・ガードナー (NYY)
49

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 ジャスティン・バーランダー (DET) 24
敗戦 ジェレミー・ガスリー (BAL) 17
防御率 ジャスティン・バーランダー (DET) 2.40
奪三振 ジャスティン・バーランダー (DET) 250
投球回 ジャスティン・バーランダー (DET) 251
セーブ ホセ・バルベルデ (DET) 49

ナショナルリーグ[編集]

打者成績[編集]

項目 選手 記録
打率 ホセ・レイエス (NYM) .337
本塁打 マット・ケンプ (LAD) 39
打点 マット・ケンプ(LAD) 126
得点 マット・ケンプ(LAD) 115
安打 スターリン・カストロCHC 207
盗塁 マイケル・ボーン (ATL)
(HOU)
61

投手成績[編集]

項目 選手 記録
勝利 イアン・ケネディ (ARI)
クレイトン・カーショウ (LAD)
21
敗戦 デレク・ロウ (ATL) 17
防御率 クレイトン・カーショウ (LAD) 2.28
奪三振 クレイトン・カーショウ (LAD) 248
投球回 クリス・カーペンター (STL) 237.1
セーブ ジョン・アックスフォード (MIL)
クレイグ・キンブレル (ATL)
46

できごと[編集]

監督人事[編集]

シーズン開幕までの変更[編集]

チーム 新任監督 前任監督 前職
ATL フレディ・ゴンザレス ボビー・コックス 前年途中までFLA監督
LAD ドン・マッティングリー ジョー・トーリ 前年までLAD打撃コーチ
TOR ジョン・ファレル シト・ガストン 前年までBOS投手コーチ
MIL ロン・レニキー ケン・モッカ 前年までLAAベンチコーチ
NYM テリー・コリンズ ジェリー・マニエル英語版 前年までNYMマイナーリーグ・フィールドコーディネーター
PIT クリント・ハードル ジョン・ラッセル英語版 前年までTEX打撃コーチ
SEA エリック・ウェッジ ダレン・ブラウン英語版(代行) 2009年までCLE監督

シーズン中の変更[編集]

日付 チーム 新任監督 前任監督 前職
6/9 OAK ボブ・メルビン ボブ・ゲレン 2009年途中までARI監督
6/19 FLA ジャック・マキーオン(代行) エドウィン・ロドリゲス 2005年までFLA監督
6/23 WSH ジョン・マクラーレン(代行) ジム・リグルマン WSHベンチコーチ
6/26 WSH デーブ・ジョンソン ジョン・マクラーレン(代行) 2009年にWBC米国代表監督
9/26 CWS ドン・クーパー英語版(代行) オジー・ギーエン CWS投手コーチ

主な打者の記録[編集]

主な投手の記録[編集]

その他の記録[編集]

その他のできごと[編集]

  • 本拠地移転の為、この年がFLAとして最後のシーズンとなった。
  • HOUオーナーのドレイトン・マクレーンは前年末から球団売却の意思を表明しており、11月17日、ジム・クレーンを代表とするヒューストンの投資家グループへの6億1000万ドルでの売却合意、及びMLB機構の正式承認が発表された[232]。これに合わせて、球団の2013年度からのア・リーグ西地区への移籍について、新オーナーとの合意も発表された。

表彰[編集]

全米野球記者協会(BBWAA)表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
MVP ジャスティン・バーランダー (DET) ライアン・ブラウン (MIL)
サイヤング賞 ジャスティン・バーランダー (DET) クレイトン・カーショウ (LAD)
最優秀新人賞 ジェレミー・ヘリクソン (TB) クレイグ・キンブレル (ATL)
最優秀監督賞 ジョー・マドン (TB) カーク・ギブソン (ARI)

ゴールドグラブ賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 マーク・バーリー (CWS) クレイトン・カーショウ (LAD)
捕手 マット・ウィンタース (BAL) ヤディアー・モリーナ (STL)
一塁手 エイドリアン・ゴンザレス (BOS) ジョーイ・ボット (CIN)
二塁手 ダスティン・ペドロイア (BOS) ブランドン・フィリップス (CIN)
三塁手 プラシド・ポランコ (PHI) エイドリアン・ベルトレ (TEX)
遊撃手 エリック・アイバー (LAA) トロイ・トゥロウィツキー (COL)
外野手 アレックス・ゴードン (KC)
ジャコビー・エルズベリー (BOS)
ニック・マーケイキス (BAL)
ジェラルド・パーラ (ARI)
マット・ケンプ (LAD)
アンドレ・イーシアー (LAD)

シルバースラッガー賞[編集]

守備位置 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
投手 - ダニエル・ハドソン (ARI)
捕手 アレックス・アビラ (DET) ブライアン・マッキャン (ATL)
一塁手 プリンス・フィルダー (MIL) エイドリアン・ゴンザレス (BOS)
二塁手 ロビンソン・カノ (NYY) ブランドン・フィリップス (CIN)
三塁手 エイドリアン・ベルトレイ (TEX) アラミス・ラミレス (CHC)
遊撃手 アズドルバル・カブレラ (NYY) トロイ・トゥロウィツキー (COL)
外野手 カーティス・グランダーソン (NYY)
ジャコビー・エルズベリー (BOS)
ホセ・バティスタ (TOR)
ライアン・ブラウン (MIL)
マット・ケンプ (LAD)
ジャスティン・アップトン (ARI)
指名打者 デビッド・オルティーズ (BOS) -

その他表彰[編集]

表彰 アメリカンリーグ ナショナルリーグ
ハンク・アーロン賞 ホセ・バティスタ (TOR) マット・ケンプ (LAD)
ロベルト・クレメンテ賞 デビッド・オルティーズ (BOS) -

アメリカ野球殿堂入り表彰者[編集]

BBWAA投票

ベテランズ委員会選出

参照元[編集]

  1. ^ 昨年5票と8票足りず落選 2724安打の名手&287勝右腕が殿堂入りスポーツニッポン2011年1月6日配信
  2. ^ ブルワーズ 斎藤との契約を正式発表スポーツニッポン2011年1月7日配信
  3. ^ シリーズMVPがレッズと1年契約スポーツニッポン2011年1月8日配信
  4. ^ カブス、トレードで“ノーヒッター男”獲得スポーツニッポン2011年1月9日配信
  5. ^ レッドソックス 岡島との1年契約正式発表スポーツニッポン2011年1月12日配信
  6. ^ 歴代1位の救援王引退決断「今が引き際だ」スポーツニッポン2011年1月12日配信
  7. ^ ヤンキース ソリアーノ入団を正式発表スポーツニッポン2011年1月19日配信
  8. ^ メッシュ引退 年俸9億8400万円を放棄スポーツニッポン2011年1月20日配信
  9. ^ 松坂に驚異…レイズ ラミレス&デーモン獲得スポーツニッポン2011年1月23日配信
  10. ^ 松井代役は71億男!エ軍がウェルズ獲得スポーツニッポン2011年1月23日配信
  11. ^ タイガース、背番号「11」を永久欠番にスポーツニッポン2011年1月24日配信
  12. ^ クルーン ジャイアンツとマイナー契約スポーツニッポン2011年1月25日配信
  13. ^ レンジャーズ 昨年松井の同僚・ナポリ獲得スポーツニッポン2013年11月日配信
  14. ^ ヤンキース、コローン投手と契約 05年にサイ・ヤング賞 共同通信、2011年1月27日
  15. ^ バルデリ29歳で引退「完全燃焼した」スポーツニッポン2011年1月28日配信
  16. ^ ヤンキース ガルシアとマイナー契約で合意スポーツニッポン2011年2月2日配信
  17. ^ ペティットが引退会見 「素晴らしい同僚」松井の思い出は満塁弾スポーツニッポン2011年2月5日配信
  18. ^ ヤンキース ゴールドグラブ6季連続の内野手と契約スポーツニッポン2011年2月8日配信
  19. ^ 元巨人エドガーがジャイアンツと契約スポーツニッポン2011年2月12日配信
  20. ^ レッドソックス 正田との契約を発表 スポーツニッポン2011年2月14日配信
  21. ^ 通算509発 松井秀ともプレー シェフィールドが現役引退へスポーツニッポン2011年2月18日配信
  22. ^ 上原に強い味方 レンジャーズ主砲が移籍スポーツニッポン2011年2月19日配信
  23. ^ Gグラブ賞8度受賞 エドモンズが引退スポーツニッポン2011年2月20日配信
  24. ^ 世界一4度の名将 トーリ氏の副会長就任を発表スポーツニッポン2011年2月27日配信
  25. ^ 数々のチーム記録 2529安打の外野手引退スポーツニッポン2011年3月2日配信
  26. ^ Rソックスオーナー 機構批判で罰金4100万円スポーツニッポン2011年3月4日配信
  27. ^ ノーラン・ライアン社長がCEO兼務 スポーツニッポン、2011年3月12日
  28. ^ レッドソックス マイナー契約の正田を解雇スポーツニッポン2011年3月29日配信
  29. ^ [1]メジャー史上初!開幕2戦連続先頭打者弾スポーツニッポン2011年4月3日配信
  30. ^ オルティスはDH最多打点で“マルティネス超え”スポーツニッポン2011年4月4日配信
  31. ^ イチロー マルティネス超え!球団新2248安打スポーツニッポン2011年4月4日配信
  32. ^ [2]今季初安打 松井 日米通算2500安打達成スポーツニッポン2011年4月4日配信
  33. ^ 最後まで“らしく”…マニー・ラミレス突然の引退 スポーツニッポン2011年4月10日配信
  34. ^ ボンズ、審理妨害のみ有罪 薬物使用は結論得られず”. 共同通信 (2011年4月14日). 2011年6月26日閲覧。
  35. ^ オーナー離婚で揺れるドジャース MLBの監視下にスポーツニッポン2011年4月21日配信
  36. ^ そりゃ処分されるよ…試合中、監督がツイッターで審判批判スポーツニッポン2011年4月30日配信
  37. ^ 万引ではなかった レッズ右腕の罪を減刑スポーツニッポン2011年4月30日配信
  38. ^ ブレーブスの159勝右腕が飲酒運転で逮捕スポーツニッポン2011年4月29日配信
  39. ^ 松井 日米1500得点「素晴らしい打線に恵まれた」スポーツニッポン2011年5月2日配信
  40. ^ 観客に不適切発言 ブ軍コーチ謹慎2週間スポーツニッポン2011年5月2日配信
  41. ^ 苦しみましたが…ツインズ左腕 今季初のノーヒットノーランスポーツニッポン2011年5月4日配信
  42. ^ 兵役免除の韓国人メジャーリーガー 飲酒運転で逮捕スポーツニッポン2011年5月4日配信
  43. ^ 直撃受けても冷静 バーランダー2度目の無安打無得点 今回は「準完全」スポーツニッポン2011年5月8日配信
  44. ^ 岡島 日米通算700試合登板!今季初勝利もゲット! スポーツニッポン2011年5月11日配信
  45. ^ ウェークフィールド、レ軍最年長登板…44歳282日スポーツニッポン2011年5月13日配信
  46. ^ アストロズ 投資家グループに売却で合意スポーツニッポン2011年5月17日配信
  47. ^ 上原が日米通算1500奪三振を達成スポーツニッポン2011年5月20日配信
  48. ^ 岡島に戦力外通告「初めてだからどうなるのか分からない」スポーツニッポン2011年5月20日配信
  49. ^ 40歳ジアンビ“史上2番目”の1試合3発!スポーツニッポン2011年5月21日配信
  50. ^ リベラ1000試合登板!レイエスは先発28戦勝ちなしスポーツニッポン2011年5月27日配信
  51. ^ 大リーグドラフト UCLAの大型右腕を全体1位指名スポーツニッポン2011年6月8日配信
  52. ^ 松井所属のアスレチックス ゲレン監督電撃解任!スポーツニッポン2011年6月9日配信
  53. ^ ヤ軍テシェイラ 11度目の左右両打席本塁打スポーツニッポン2011年6月日配信
  54. ^ イチロー ダブル快挙!メジャー400、日米600盗塁達成スポーツニッポン2011年6月16日配信
  55. ^ 代行→昇格、そして…マーリンズ監督辞任スポーツニッポン2011年6月19日配信
  56. ^ 大リーグ機構 ドジャースのテレビ放映権契約認めずスポーツニッポン2011年6月22日配信
  57. ^ 史上初の珍事…イチローが本拠地でビジターとしてプレースポーツニッポン2011年6月26日配信
  58. ^ アンダーソン監督「11」が永久欠番に スポーツニッポン2011年6月27日配信
  59. ^ ナショナルズ ジョンソン氏監督就任を発表 スポーツニッポン2011年6月27日配信
  60. ^ 米球団ドジャースのオーナー、破産申請 ウォール・ストリート・ジャーナル日本版、2011年6月28日
  61. ^ なんでまたこんな日に ドジャース 破産法申請日に球団史上初の快記録スポーツニッポン2011年6月28日配信
  62. ^ イチロー 球宴落選も“感謝”の2安打スポーツニッポン2011年7月5日配信
  63. ^ 745万票の米球宴史上最多得票…バティスタ御礼弾スポーツニッポン2011年7月5日配信
  64. ^ ブルワーズ・ブラウン ナ・リーグ史上最多で4年連続スポーツニッポン2011年7月5日配信
  65. ^ 本塁打で決めた!5の5!!ジーター通算3000安打スポーツニッポン2011年7月11日配信
  66. ^ MVPは元阪神助っ人の息子 大リーグ球宴 ナ・リーグ勝利スポーツニッポン2011年7月13日配信
  67. ^ フィルダーも大歓迎!ブルワーズ「Kロッド」獲得スポーツニッポン2011年7月14日配信
  68. ^ 連続世界一に貢献 Bジェイズ初の永久欠番は「12」スポーツニッポン2011年7月20日配信
  69. ^ 松井 日米通算500本塁打 日本人9人目の快挙スポーツニッポン2011年7月21日配信
  70. ^ フランコナ監督が通算千勝「感謝している」スポーツニッポン2011年7月24日配信
  71. ^ イチロー中前打もマリナーズは球団ワーストタイ14連敗スポーツニッポン2011年7月25日配信
  72. ^ ワースト更新15連敗 イチロー「言葉を振り絞る元気もない」スポーツニッポン2011年7月25日配信
  73. ^ レイズ ユニーク新記録!705試合も先発投手は…スポーツニッポン2011年7月日配信
  74. ^ 初回の暴投が…18年ぶり 失点してのノーヒッタースポーツニッポン2011年7月28日配信
  75. ^ 福留 インディアンス移籍正式決定! スポーツニッポン2011年7月28日配信
  76. ^ 上原がレンジャーズ移籍 同級生・建山と再びチームメートにスポーツニッポン2011年7月31日配信
  77. ^ a b c d 期限前日にヒメネスら 大リーグの移籍活発化スポーツニッポン2011年7月日配信
  78. ^ 期限を前にトレード相次ぐ 大物選手が他球団へスポーツニッポン2011年8月1日配信
  79. ^ a b c 盗塁王ボーンら移籍 MLBトレード期間終了スポーツニッポン2011年8月1日配信
  80. ^ レンジャーズ戦力外左腕ローズ カージナルス入りへスポーツニッポン2011年8月12日配信
  81. ^ 40歳トーミ、史上8人目の600号本塁打達成!!スポーツニッポン2011年8月17日配信
  82. ^ ノムさん超え、イチロー日米通算1万1973打席スポーツニッポン2011年8月18日配信
  83. ^ 古巣カブスはヘンドリーGMを解雇スポーツニッポン2011年8月20日配信
  84. ^ ヤンキース 1試合3満塁弾のメジャー記録樹立スポーツニッポン2011年8月日配信
  85. ^ インディアンス、600本塁打の40歳トーミ獲得スポーツニッポン2011年8月27日配信
  86. ^ ジーター、M・マントル超え 球団最多2402試合出場スポーツニッポン2011年8月30日配信
  87. ^ 立浪抜いた松井「あまり気にしていない」スポーツニッポン2011年8月30日配信
  88. ^ ブレーブスのキンブレルが新人記録の41セーブ目スポーツニッポン2011年9月1日配信
  89. ^ 何と700試合連続!Rソックス 8年間ずっ~と完売スポーツニッポン2011年9月3日配信
  90. ^ ブルワーズの控え捕手 コッタラスがサイクル安打スポーツニッポン2011年9月4日配信
  91. ^ ナショナルズの左腕ミローン 初打席で初球本塁打スポーツニッポン2011年9月4日配信
  92. ^ 福本氏上回った!イチロー 日米通算44度目の先頭打者本塁打スポーツニッポン2011年9月9日配信
  93. ^ ラミレス逮捕…自宅で夫人に暴行、本人は否認スポーツニッポン2011年9月14日配信
  94. ^ リベラ 史上2人目の通算600セーブ達成 スポーツニッポン2011年9月15日配信
  95. ^ レ軍・ウェークフィールド 涙の通算200勝達成スポーツニッポン2011年9月14日配信
  96. ^ 来季の大リーグ公式戦は日本時間4月5日開幕スポーツニッポン2011年9月14日配信
  97. ^ 96年ぶりに更新 フィリーズ プレーオフ進出一番乗り決定スポーツニッポン2011年9月15日配信
  98. ^ タイガース両リーグ1番乗り地区V 24年ぶりスポーツニッポン2011年9月18日配信
  99. ^ リベラ通算601S ホフマンのメジャー記録に並ぶ スポーツニッポン2011年9月19日配信
  100. ^ フィリーズ ナ・リーグ東地区5連覇スポーツニッポン2011年9月日配信
  101. ^ 通算602セーブ!リベラ メジャー最多記録達成スポーツニッポン2011年9月20日配信
  102. ^ ラミレス氏 母国ウインターリーグで現役復帰へスポーツニッポン2011年9月22日配信
  103. ^ ア軍 メルビン代行が来季監督「3年契約でも保証されているわけではない」スポーツニッポン2011年9月21日配信
  104. ^ ヤンキース2年ぶり地区V 40歳・ポサダ意地のV打スポーツニッポン2011年9月23日配信
  105. ^ 上原 完璧リリーフで地区Vに貢献!「1年間やり通したい」スポーツニッポン2011年9月24日配信
  106. ^ Dバックス 2年連続最下位から4年ぶり地区Vスポーツニッポン2011年9月25日配信
  107. ^ 日本人最年長V!41歳・斎藤 精神的支柱として貢献スポーツニッポン2011年9月25日配信
  108. ^ マーリンズ守護神レオ・ヌネス偽名発覚 年齢詐称もスポーツニッポン2011年9月25日配信
  109. ^ MLB20万試合…ハメル「僕は歴史の一部になった」スポーツニッポン2011年9月日配信
  110. ^ ワイトソックス ギーエン監督との契約解除スポーツニッポン2011年9月27日配信
  111. ^ Dバックス奇跡のサヨナラ勝ち 延長10回5点差逆転スポーツニッポン2011年9月29日配信
  112. ^ 田沢 プレーオフ進出逃すも「メジャーでの経験に感謝」スポーツニッポン2011年9月29日配信
  113. ^ バーランダーとカーショーは投手部門で3冠スポーツニッポン2011年9月29日配信
  114. ^ イチマツ対決見られる?MLB開幕戦の日本開催を正式発表スポーツニッポン2011年9月29日配信
  115. ^ マーリンズにギーエン氏が新監督就任スポーツニッポン2011年9月29日配信
  116. ^ フランコナ監督退任…レッドソックスが発表「来季は契約しない」スポーツニッポン2011年10月1日配信
  117. ^ ヤンキースVSタイガースは水入り…サスペンデッドにスポーツニッポン2011年10月2日配信
  118. ^ 降雨サスペンデッドの続き ヤンキースが先勝スポーツニッポン2011年10月日配信
  119. ^ ベルトレ3連発!レンジャーズがリーグ優勝決定シリーズ進出スポーツニッポン2011年10月5日配信
  120. ^ 打倒ヤンキースに弾み…バルベルデ、最優秀救援投手選出スポーツニッポン2011年10月7日配信
  121. ^ タイガース5年ぶりリーグ優勝決定Sへ 指揮官感激「忘れられない」スポーツニッポン2011年10月7日配信
  122. ^ ベンチュラ氏がWソックス新監督にニッカンスポーツ2011年10月7日配信
  123. ^ 斎藤歓喜のサヨナラ勝ち!ブルワーズ リーグ優勝決定戦進出スポーツニッポン2011年10月8日配信
  124. ^ 斎藤の相手はカージナルス!フィリーズ下し5年ぶり進出スポーツニッポン2011年10月8日配信
  125. ^ プレーオフ史上初のサヨナラ満塁弾男 日本移籍の可能性もあったスポーツニッポン2011年10月11日配信
  126. ^ バークマン、エルズベリーにカムバック賞スポーツニッポン2011年10月14日配信
  127. ^ レンジャーズV2! 打線爆発でタイガース破るスポーツニッポン2011年10月16日配信
  128. ^ クルーズMVP獲得 PS新記録6本塁打13打点スポーツニッポン2011年10月16日配信
  129. ^ 斎藤の力投報われず…カージナルス 5年ぶりWシリーズ進出スポーツニッポン2011年10月17日配信
  130. ^ クレメンテ賞にオルティススポーツニッポン2011年10月21日配信
  131. ^ 史上3人目 プホルス3打席連続本塁打!カージナルス大勝 2勝1敗にスポーツニッポン2011年10月23日配信
  132. ^ プホルス歴史的3連発!ルース、R・ジャクソンに並ぶスポーツニッポン2011年10月23日配信
  133. ^ ハンク・アーロン賞 アはバティスタ&ナはケンプスポーツニッポン2011年10月26日配信
  134. ^ 前夜の勢いそのまま!カージナルス5年ぶり世界一スポーツニッポン2011年10月29日配信
  135. ^ ポストシーズン21打点 フリースが新記録スポーツニッポン2011年10月29日配信
  136. ^ 世界一カージナルスのラルーサ監督が引退表明スポーツニッポン2011年10月31日配信
  137. ^ 米大リーグ ゴールドグラブ受賞選手スポーツニッポン2011年11月2日配信
  138. ^ MLB機構とドジャース 球団売却の声明を連名で発表スポーツニッポン2011年11月2日配信
  139. ^ MLBシルバースラッガー賞 オルティスらを選出 日本選手選ばれずスポーツニッポン2011年11月3日配信
  140. ^ 地区5位…カブスがクワーディ監督を解任スポーツニッポン2011年11月3日配信
  141. ^ メジャー604本塁打のトーミ フィリーズで現役続行スポーツニッポン2011年11月5日配信
  142. ^ 大リーグ選抜5戦全勝 台湾代表に勝つスポーツニッポン2011年11月6日配信
  143. ^ ジャイアンツ 交換トレードでカブレラ獲得スポーツニッポン2011年11月8日配信
  144. ^ 元ヤクルトのハウエル氏がマリナーズ入りスポーツニッポン2011年11月9日配信
  145. ^ 誘拐のラモス救出 ベネズエラ治安部隊が空から作戦実行スポーツニッポン2011年11月13日配信
  146. ^ 西岡に強力ライバル出現!ツインズがキャロル獲得スポーツニッポン2011年11月13日配信
  147. ^ ナショナルズ・ラモスを無事救出…母国ベネズエラで拉致スポーツニッポン2011年11月12日配信
  148. ^ フィリーズ 38億円超でレッドソックス大物守護神獲得スポーツニッポン2011年11月15日配信
  149. ^ バーランダー 満票でサイ・ヤング賞 「満票の意味は大きい」スポーツニッポン2011年11月16日配信
  150. ^ 西岡にライバル出現 ツインズ ドジャースからベテラン遊撃手獲得スポーツニッポン2011年11月17日配信
  151. ^ ギブソン監督が初受賞 大リーグ最優秀監督賞スポーツニッポン2011年11月17日配信
  152. ^ サイ・ヤング賞 23歳左腕カーショーが初受賞スポーツニッポン2011年11月18日配信
  153. ^ カブス新監督決定 ブルワーズコーチのスウェイム氏スポーツニッポン2011年11月18日配信
  154. ^ アストロズ ア・リーグ編入 シーズン通し交流戦実施へスポーツニッポン2011年11月19日配信
  155. ^ フィリーズ 球宴出場野手をトレードで獲得スポーツニッポン2011年11月21日配信
  156. ^ イチローの同僚…マリナーズのハルマン刺殺 弟を逮捕スポーツニッポン2011年11月21日配信
  157. ^ レンジャーズに37歳リリーフ右腕 2年契約で合意スポーツニッポン2011年11月22日配信
  158. ^ アMVPはバーランダー!クレメンス以来のW受賞スポーツニッポン2011年11月23日配信
  159. ^ ナ・リーグMVPはブラウン 史上13人目の快挙スポーツニッポン2011年11月23日配信
  160. ^ アスレチックス新コーチにデービス氏 メジャー通算350発スポーツニッポン2011年11月27日配信
  161. ^ バレンタイン氏 レ軍監督に就任 地元紙「信頼できず 敏腕 用意周到…」スポーツニッポン2011年12月1日配信
  162. ^ ボビー会見に報道陣200人 日本語で「とてもうれしいですね」スポーツニッポン2011年12月2日配信
  163. ^ ド軍 先発左腕のカプアーノ獲得…黒田の残留ほぼなくなるスポーツニッポン2011年12月2日配信
  164. ^ P・マルティネス引退表明「父親でいることが楽しい」スポーツニッポン2013年12月5日配信
  165. ^ マーリンズ、今季首位打者のレイエスと合意 6年総額83億円スポーツニッポン2011年12月5日配信
  166. ^ ラミレスが現役復帰申請 薬物違反で4月に引退表明スポーツニッポン2011年12月4日配信
  167. ^ 元カブスの名三塁手、故ロン・サント氏が米殿堂入りスポーツニッポン2011年12月7日配信
  168. ^ メッツ フランシスコ&ラウチ獲得!救援陣強化に成功スポーツニッポン2013年12月8日配信
  169. ^ ヤンキース 中島の独占交渉権獲得 入札額は1億5000万円超かスポーツニッポン2011年12月8日配信
  170. ^ オルティスが最多6度目のDH賞スポーツニッポン2011年12月8日配信
  171. ^ マーリンズ大補強 バーリーと4年45億円スポーツニッポン2011年12月9日配信
  172. ^ 横浜・真田に入札なし 公開トライアウトで米移籍挑むスポーツニッポン2011年12月9日配信
  173. ^ エンゼルスがプホルス獲得 MVP3度の強打者スポーツニッポン2011年12月8日配信
  174. ^ 斎藤 Dバックスと合意!GM「来季頂点狙う布陣」スポーツニッポン2011年12月14日配信
  175. ^ 和田背番号18に決定 オリオールズ入り正式発表スポーツニッポン2011年12月16日配信
  176. ^ 五十嵐はパイレーツ入り マイナー契約でスポーツニッポン2011年12月15日配信
  177. ^ カダイアー ロッキーズと3年契約で合意スポーツニッポン2011年12月17日配信
  178. ^ レッズが先発右腕レートス獲得 4選手と交換トレードスポーツニッポン2011年12月18日配信
  179. ^ 青木選手のポスティング入札球団についてヤクルト球団公式サイト2011年12月18日配信
  180. ^ ダルビッシュ交渉権はレンジャーズ ハムが入札額受諾スポーツニッポン2011年12月20日配信
  181. ^ メジャー302本塁打のベルトラン カージナルスと2年契約合意スポーツニッポン2011年12月23日配信
  182. ^ ア軍16勝左腕…ゴンザレスナショナルズ移籍で合意スポーツニッポン2011年12月23日配信
  183. ^ ヤンキース&レッドソックスに“ぜいたく税”スポーツニッポン2011年12月24日配信
  184. ^ 岡島 ヤンキースとマイナー契約 招待選手でキャンプ参加スポーツニッポン2011年12月29日配信
  185. ^ Red Sox's David Ortiz sets record for most career RBIs by DH” (英語). USA TODAY (2011年4月3日). 2013年12月3日閲覧。
  186. ^ Ian Kinsler sets leadoff HR record” (英語). ESPN (2011年4月3日). 2013年12月3日閲覧。
  187. ^ Nelson Cruz's 4th homer of season helps Rangers stay perfect” (英語). ESPN (2011年4月4日). 2013年12月3日閲覧。
  188. ^ Johnny Damon, Sam Fuld help Rays rally past Twins in 10” (英語). ESPN (2011年4月14日). 2013年12月3日閲覧。
  189. ^ Astros Lee gets 2,000th Hit” (英語). KETK (2011年5月14日). 2013年12月3日閲覧。
  190. ^ Wilson Valdez gets win as Phillies beat Reds in 19-inning marathon” (英語). USA TOSAY (2011年5月26日). 2013年12月3日閲覧。
  191. ^ Orlando Cabrera Gets 2,000, David Ortiz Sounds Off, and Francisco Liriano Flirts with No-No” (英語). FOX News Latino (2011年6月13日). 2013年12月3日閲覧。
  192. ^ Jeter's 3,000th hit” (英語). MLB.com (2011年7月9日). 2013年12月3日閲覧。
  193. ^ Cameron in the record books after two home runs Wednesday” (英語). Sun Sentinel (2011年7月28日). 2013年12月3日閲覧。
  194. ^ Albert Pujols gets 2,000th career hit” (英語). Sun Sentinel (2011年7月30日). 2013年12月3日閲覧。
  195. ^ Mark Teixeira sets switch-hitting homer record” (英語). ロイター (2011年8月3日). 2013年12月3日閲覧。
  196. ^ Michael Young gets 2,000th career hit” (英語). ESPN (2011年8月8日). 2013年12月3日閲覧。
  197. ^ Paul Konerko reaches 2,000 hits” (英語). ESPN (2011年8月24日). 2013年12月3日閲覧。
  198. ^ Matt Kemp reaches 30/30” (英語). ESPN (2011年8月27日). 2013年12月3日閲覧。
  199. ^ Adrian Beltre gets his 2,000th hit” (英語). ESPN (2011年9月4日). 2013年12月3日閲覧。
  200. ^ Juan Pierre joins 2,000-hit club” (英語). ESPN (2011年9月9日). 2013年12月3日閲覧。
  201. ^ Ryan Braun hits two home runs to reach 30-30 as Brewers eliminate Reds” (英語). ESPN (2011年9月16日). 2013年12月3日閲覧。
  202. ^ ‘Lost’ Stubbs gets time off after joining 200-K club” (英語). Sporting News (2011年9月21日). 2013年12月3日閲覧。
  203. ^ Starlin Castro gets 200th hit in Cubs’ win” (英語). CHICAGO SUN-TIMES (2011年9月23日). 2013年12月3日閲覧。
  204. ^ Jacoby Ellsbury becomes Red Sox’s first 30/30 man” (英語). NBC Sports (2011年9月25日). 2013年12月3日閲覧。
  205. ^ Ian Kinsler joins 30-30 club again” (英語). ESPN (2011年9月27日). 2013年12月3日閲覧。
  206. ^ Evan Longoria's amazing season continues” (英語). ESPN (2011年9月29日). 2013年12月3日閲覧。
  207. ^ Eugenio Velez sets dubious mark” (英語). ESPN (2011年9月29日). 2013年12月3日閲覧。
  208. ^ Rangers win a classic with walk-off slam” (英語). ESPN (2011年10月10日). 2013年12月3日閲覧。
  209. ^ Francisco Liriano throws seventh no-hitter in Twins franchise history” (英語). USA TODAY (2011年5月3日). 2013年12月3日閲覧。
  210. ^ Justin Verlander walks one in near-perfect no-hitter” (英語). ESPN (2011年5月7日). 2013年12月3日閲覧。
  211. ^ Jo-Jo Reyes matches record with 28th winless start” (英語). USA TODAY (2011年5月25日). 2013年12月3日閲覧。
  212. ^ Mariano Rivera in 1,000th game” (英語). ESPN (2011年5月27日). 2013年12月3日閲覧。
  213. ^ Angels' Ervin Santana throws no-hitter against Indians” (英語). ESPN (2011年7月27日). 2013年12月3日閲覧。
  214. ^ Mariano Rivera earns 30th save despite surrendering homer” (英語). NBC Sports (2011年8月11日). 2013年12月3日閲覧。
  215. ^ Jason Isringhausen Secures 300th Save in Mets Victory over Padres” (英語). Bleacher Report (2011年8月16日). 2013年12月3日閲覧。
  216. ^ Kimbrel sets rookie record with 41st save” (英語). MLB.com (2011年8月31日). 2013年12月3日閲覧。
  217. ^ Rangers burned by grand slam in loss to A's” (英語). MLB.com (2011年9月10日). 2013年12月3日閲覧。
  218. ^ Mariano Rivera gets 600th save” (英語). ESPN (2011年9月14日). 2013年12月3日閲覧。
  219. ^ Rivera Gets His Record 602nd Save in Classic 1-2-3 Fashion” (英語). New York Times (2011年9月19日). 2013年12月3日閲覧。
  220. ^ Mike Scioscia gets 1,000th career win” (英語). ESPN (2011年5月9日). 2013年12月18日閲覧。
  221. ^ Tony La Russa manages 5,000th game” (英語). ESPN (2011年6月11日). 2013年12月18日閲覧。
  222. ^ The biggest baseball offseason storylines” (英語). ESPN (2012年1月23日). 2013年12月18日閲覧。
  223. ^ Braves reach historic 10,000-win mark” (英語). ESPN (2011年7月16日). 2013年12月18日閲覧。
  224. ^ Marlins beat Atlanta 3-1, Braves' 10,000th loss” (英語). FOX NEWS (2011年7月31日). 2013年12月18日閲覧。
  225. ^ Francona approaches 1,000-win milestone” (英語). ESPN (2011年7月23日). 2013年12月18日閲覧。
  226. ^ Rays' youthful staff breaks old record” (英語). FOX SPORTS (2011年7月27日). 2013年12月18日閲覧。
  227. ^ Zambrano, CC make homer history” (英語). ESPN (2011年8月13日). 2013年12月18日閲覧。
  228. ^ Three Grand Slams Erase a Poor Start in Record Fashion” (英語). The New York Times (2011年8月25日). 2013年12月18日閲覧。
  229. ^ Yadier Molina's double seals Pirates' 19th straight losing season” (英語). ESPN (2011年9月14日). 2013年12月18日閲覧。
  230. ^ Royals boast four players with 40 doubles” (英語). MLB.com (2011年9月22日). 2013年12月18日閲覧。
  231. ^ MLB's 200,000th game played in Houston” (英語). MLB.com (2011年9月25日). 2013年12月18日閲覧。
  232. ^ Astros sale to Crane, move to AL approved” (英語). MLB.com (2011年11月17日). 2013年12月19日閲覧。

外部リンク[編集]