ロビン・ベンチュラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロビン・ベンチュラ
Robin Ventura
Robin Ventura 2011.jpg
2011年
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州サンタマリア
生年月日 (1967-07-14) 1967年7月14日(50歳)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
198 lb =約89.8 kg
選手情報
投球・打席 右投左打
ポジション 三塁手
プロ入り 1988年 ドラフト1巡目(全体10位)でシカゴ・ホワイトソックスから指名
初出場 1989年9月12日 ボルチモア・オリオールズ
最終出場 2004年10月10日 セントルイス・カージナルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督歴
  • シカゴ・ホワイトソックス (2012 - 2016)
国際大会
代表チーム アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
五輪 1988年
オリンピック
男子 野球
1988 野球

ロビン・マーク・ベンチュラRobin Mark Ventura , 1967年7月14日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サンタマリア出身の元プロ野球選手三塁手)。右投左打。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

オクラホマ州立大学時代の1988年に、アマチュア野球の最優秀選手に贈られるゴールデンスパイク賞を受賞。

プロ入りとホワイトソックス時代[編集]

1988年のMLBドラフトシカゴ・ホワイトソックスから1巡目に指名され、プロ入り。同年、ソウルオリンピック公開競技として行われた野球競技に米国代表として出場し、金メダルを獲得している。

1989年前半は主に傘下2Aバーミングハム・バロンズで過ごし、サザンリーグのオールスターにも選出される。9月12日ボルチモア・オリオールズ戦でメジャーデビューを果たす。

1990年にはレギュラーに定着し、同年のアメリカンリーグ新人最多の150試合に出場。しかし、その年は打つ面では途中に41打数連続無安打もあり、守りでも25失策を喫し、低調な成績に終わった。

1991年に、打率.284・23本塁打・100打点を記録し、開花した。守備面も向上し、初のゴールドグラブ賞を受賞。以後、1993年までの3年連続を含め通算6回受賞した。

1992年には7月月間MVPを受賞し、打率.282、16本塁打、93打点。25歳の誕生日に行われたこの年のオールスターに初出場を果たし、二塁打と単打を放った。

1995年は最初の10試合で10失策を記録し、一時一塁も守ることになり守備面ではスランプに陥ったが、打撃面ではこの時点での自己最高の打率.295を記録。同年9月4日には大リーグ史上8人目の1試合2満塁本塁打を記録。

1996年には自己最多の34本塁打をマークし、三塁手として4度目のゴールドグラブ賞を受賞した。

1997年は、故障のため54試合の出場に終わった。

1998年は5度目のゴールドグラブ賞を受賞したが打率.263と低調で、この年限りでホワイトソックスから移籍することとなる。

メッツ時代[編集]

1999年FAニューヨーク・メッツに移籍した。ナ・リーグ初年度のその年は自己唯一の打率3割(.301)、32本塁打、120打点(自己最多)、さらに通算6度目のゴールドグラブ賞受賞と攻守にわたる活躍でチームのワイルドカードでのプレイオフ進出に貢献。ディビジョンシリーズを勝ち上がってアトランタ・ブレーブスとのリーグチャンピオンシップシリーズに進出。1勝3敗と追い込まれた第5戦(10月17日シェイ・スタジアム)は、2対2のまま延長戦に入る。15回表にブレーブスが1点を勝ち越すが、その裏、雨の中の攻撃でメッツは同点に追いつき、さらに満塁のチャンスでベンチュラが見事にサヨナラ満塁本塁打。と、思われたが、なだれ込んできたチームメイトの祝福を受けて、一塁を回ったところで進塁をやめたため、「フェンスオーバーのシングルヒット」という記録となった。この試合は今でも「Grand Slam Single」として知られている[1]。ただしチームは続く第6戦に敗れ、ワールドシリーズ進出はならなかった。

2000年は、打率.232に終わったが、24本塁打、83打点で再びワイルドカードでプレイオフ進出。今度はセントルイス・カージナルスを下してチーム14年ぶり、自身初のワールドシリーズ出場を果たす。ニューヨーク・ヤンキースとの「地下鉄シリーズ」では、第3戦でホームランを打って勝利に貢献するが、それが唯一の勝利となった。

2001年は、ブレーブスとの開幕戦で通算15本目の満塁本塁打を含む2本塁打を打つが、この年も2割3分台の不振に終わる。

ヤンキース時代[編集]

2001年オフにデビッド・ジャスティスとのトレードで、ヤンキースへ移籍した。

2002年は、16本目の満塁本塁打を含む27本塁打・93打点を記録するも打率は.247に終わった。

ドジャース時代[編集]

2003年7月31日(ウェーバー以外のトレード期限)に、スコット・プロクターバッバ・クロスビーとのトレードで、ロサンゼルス・ドジャースへ移籍した。

2004年には8月29日9月7日に満塁本塁打を打ち、通算18本(この時点でメジャー史上3位)とするが、この年限りで現役引退した。10月10日ディビジョンシリーズが最終戦となった。

現役引退後[編集]

2012年シーズンより、5年契約でホワイトソックスの監督に就任。背番号は現役時代と同じ23番。

2016年10月2日レギュラーシーズン最終戦後、5年契約が満了となり、自ら退任を申し出た[2]

選手としての特徴[編集]

250本塁打を打ち、なおかつゴールドグラブ賞を受賞した三塁手はメジャー史上5人しかいない[3]。また、三塁手としての通算1,887試合出場は、メジャー史上第14位(2006年終了時点)。90打点以上を8シーズン記録。三塁手としてはマイク・シュミットの11回、エディー・マシューズの10回に次いで3位タイである[4]。通算の長打率.444は、三塁手として通算1,500試合以上に出場した選手の中で歴代10位。

また、ドジャース時代の2003年に、投手として1試合に登板している。1イニングを投げて被安打1、失点・自責点0で防御率は0.00。与四死球・奪三振も0であった。

キャリア初期は三振よりも四球の方が多かったが、長打力が増すに連れて、1994年以後は三振の方が多くなり、1999年に通算でも四球よりも三振の方が多くなった。

ノーラン・ライアンとの大乱闘[編集]

1993年8月4日の対テキサス・レンジャーズ戦で、ベンチュラはレンジャーズ先発ノーラン・ライアンから死球を受けた。これに激高したベンチュラはライアンのもとへ駆け寄るが、逆にライアンにヘッドロックをかけられ、頭に6発もの殴打を一方的に浴びた。しかも、退場処分をくだされたのはライアンではなく、殴られたベンチュラだった。

当時26歳のベンチュラと同46歳で球界の大投手であったライアンの大乱闘はファンの喝采を浴び、ベンチュラは同年オフのテレビ番組などに出演した。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績 (MLB)[編集]

















































O
P
S
1989 CWS 16 58 45 5 8 3 0 0 11 7 0 0 1 3 8 0 1 6 1 .178 .298 .244 .543
1990 150 565 493 48 123 17 1 5 157 54 1 4 13 3 55 2 1 53 5 .249 .324 .318 .643
1991 157 705 606 92 172 25 1 23 268 100 2 4 8 7 80 3 4 67 22 .284 .367 .442 .810
1992 157 694 592 85 167 38 1 16 255 93 2 4 1 8 93 9 0 71 14 .282 .375 .431 .806
1993 157 669 554 85 145 27 1 22 240 94 1 6 1 6 105 16 3 82 18 .262 .379 .433 .812
1994 109 474 401 57 113 15 1 18 184 78 3 1 2 8 61 15 2 69 8 .282 .373 .459 .832
1995 135 577 492 79 145 22 0 26 245 93 4 3 1 8 75 11 1 98 8 .295 .384 .498 .882
1996 158 674 586 96 168 31 2 34 305 105 1 3 0 8 78 10 2 81 18 .287 .368 .520 .888
1997 54 220 183 27 48 10 1 6 78 26 0 0 0 3 34 5 0 21 3 .262 .373 .426 .799
1998 161 674 590 84 155 31 4 21 257 91 1 1 1 3 79 15 1 111 10 .263 .349 .436 .785
1999 NYM 161 671 588 88 177 38 0 32 311 120 1 1 1 5 74 10 3 109 14 .301 .379 .529 .908
2000 141 551 469 61 109 23 1 24 206 84 3 5 1 4 75 12 2 91 14 .232 .338 .439 .777
2001 142 549 456 70 108 20 0 21 191 61 2 5 0 4 88 10 1 101 13 .237 .359 .419 .778
2002 NYY 141 562 465 68 115 17 0 27 213 93 3 1 0 5 90 9 2 101 14 .247 .368 .458 .826
2003 89 326 283 31 71 13 0 9 111 42 0 0 3 0 40 2 0 62 8 .251 .344 .392 .736
LAD 49 127 109 11 24 5 1 5 46 13 0 0 0 0 18 2 0 25 3 .220 .331 .422 .753
'03計 138 453 392 42 95 18 1 14 157 55 0 0 3 0 58 4 0 87 11 .242 .340 .401 .741
2004 102 175 152 19 37 3 0 5 55 28 0 0 0 1 22 1 0 31 3 .243 .337 .362 .699
通算:16年 2079 8271 7064 1006 1885 338 14 294 3133 1182 24 38 33 76 1075 132 23 1179 176 .267 .362 .444 .806
  • 各年度の太字はリーグ最高

監督としての年度別成績[編集]

年度 チーム 地区 年齢 試合 勝利 敗戦 勝率 順位/
チーム数
備考
2012年 CWS AL CENTRAL 44 162 85 77 .525 2 / 5
2013年 CWS AL CENTRAL 45 162 63 99 .389 5 / 5  
2014年 CWS AL CENTRAL 46 162 73 89 .451 4 / 5  
2015年 CWS AL CENTRAL 46 162 76 86 .469 4 / 5  
通算 4年     648 297 351 .458    

獲得タイトル・表彰・記録[編集]

満塁本塁打[編集]

  • 通算満塁本塁打18本は、ルー・ゲーリッグ(23本)、アレックス・ロドリゲス2015年までに22本)、マニー・ラミレス(21本)、エディ・マレー(19本)に次いで史上5位。先述の1999年のNLCSでの「Grand Slam Single」の他にも、下記のようなエピソードがある。
    • ホワイトソックス時代の1995年9月4日に、メジャー史上8人目の1試合2満塁本塁打を記録。
    • メッツ時代の1999年5月20日にダブルヘッダーの両試合で満塁本塁打を記録。メジャー史上初であり、2015年現在でも唯一の記録である。
    • 通算294本塁打に対する満塁本塁打の比率は6.1%に及ぶ。これは、通算250本塁打以上の選手に限ればメジャー歴代1位である。

歴代の名三塁手との比較[編集]

三塁手としてのシーズン90打点以上の回数。


三塁手としての通算長打率(三塁手として1,500打数以上)。


背番号[編集]

  • 21 (1989年)
  • 23 (1990年 - 1998年、2003年途中 - 2004年、2012年 - )
  • 4 (1999年 - 2001年)
  • 19 (2002年 - 2003年途中)

脚注[編集]

  1. ^ この試合の13回裏登板したブレーブスのジョン・ロッカーが、メッツファンにバッテリーを投げつけられるトラブルが発生。のちのロッカーの問題発言へとつながる.
  2. ^ “ホワイトソックス、R.ベンチュラ監督が辞任の意向表明”. iSM (Yahoo!JAPAN). (2016年10月3日). オリジナル2016年10月9日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20161009143807/http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161003-00000210-ism-base 2016年10月6日閲覧。 
  3. ^ 他に、ケン・ボイヤーロン・サント、ブルックス・ロビンソン、マイク・シュミットの4人。
  4. ^ 3位タイの8回は他にパイ・トレイナー、ケン・ボイヤー、ロン・サント。

外部リンク[編集]