ヘッドロック

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリス・マスターズによるヘッドロック。

ヘッドロックHeadlock)は、プロレス技の一種である。日本名は頭蓋骨固めヘッド・チャンスリーとも呼ばれる。単にヘッドロックと称する場合は相手の頭を脇に抱えて締め上げるサイド・ヘッドロックのことを指すことが多く、サイド・ヘッドロックはリバース・チャンスリーサイド・チャンスリーとも呼ばれている。

概要[編集]

以下はサイド・ヘッドロックについて説明する。

ロックアップ(カラー・アンド・エルボー)の体勢から繰り出すことができ、派生技、連絡技、返し技も数多く存在するため[1]、プロレスにおいては基本技の一つとされている。極まった場合こめかみ、あるいは頚部が圧迫され激痛を伴う[1]

第二次世界大戦前のプロレスではエド・ルイスらがフィニッシュ・ホールドとして使用していた。ルイスの弟子であるルー・テーズがフィニッシュ・ホールドとして愛用していたバックドロップは、相手にヘッドロックをかけさせた状態から相手の背後へ回り込み反り投げるものであった。ヘッドロックを仕掛ければ相手も同じ技で応戦したがるため、テーズ自身もバックドロップの布石としての、この技の仕掛けを研究していたという逸話が伝えられている。

しかし、1970年代以降は試合序盤での基本技または、つなぎ技として使われることが多くなり、フィニッシュ・ホールドとして使われることは少なくなっていった。時々、全日本プロレスで、小橋健太渕正信をヘッドロック・ホールドで、そのままピンフォールを奪ったり(1994年)、秋山準志賀賢太郎からヘッドロックでギブアップを取ったこと(2000年)があった。

また、総合格闘技においても時折使用される。戦極 〜第三陣〜において吉田秀彦モーリス・スミスに対し袈裟固からのグラウンド・ヘッドロックでタップアウトを奪った。吉田が経営している吉田道場の門下生で同じく総合格闘家の中村和裕が語るところによれば、吉田のヘッドロックは極める部位や体重移動などに彼独自のコツがあり、無理に堪えればそのまま絞め落とされる可能性もあるという。

主な使用者[編集]

絞めの強さからザ・ストラングラー(絞殺者)の異名を取った。
並外れた怪力の持ち主だったため、その規格外の威力からホッジ・ヘッドロックという固有名称で呼ばれた。
素人乱入に対し相手を屈伏させるために使用することが多かったという。簡単な技でもレスラーが使うと凶器になることを示していた。
全盛期にはインターナショナルヘビー級王座PWFヘビー級王座の防衛戦においてヘッドロックを多用していた。
ビル・ロビンソンから指導を受けてグラウンド・ヘッドロックを使用していた。

種類[編集]

サイド式以外のヘッドロックには以下のものがある。

グラウンド・ヘッドロック[編集]

グラウンド上で横に倒れた体勢でサイド・ヘッドロックを仕掛けるもの。

フロント・ヘッドロック[編集]

がぶり状態からヘッドロックを仕掛けるもの。立った状態でかける時と座った状態でかける時がある。この体勢からネックブリーカーに移行するパターンもある。

類似技に喉あるいは頸動脈を絞めるフロント・チョーク(ギロチン・チョーク、フロント・チョーク・スリーパー、フロント・スリーパー)や首関節を攻撃するフロント・ネックチャンスリー(フロント・ネックロック)がある。

ブルドッギング・ヘッドロック[編集]

クリス・ジェリコによるワンハンド・ブルドッグ。

単にブルドッグともいう。相手の頭をヘッドロックしたままリングを走り、ジャンプして倒れこみ相手の顔面を叩きつける。

この場合のブルドッグは犬種のことではなく、動詞のBulldog(牛や鹿の角を掴みねじり倒す)から由来している。誤った表記ではあるが日本ではブルドッングという名称が使われることもある。

カウボーイが牛を捕える動作をプロレスに応用した技として、カウボーイ・ボブ・エリスが考案して日本で初公開する。その後もブラックジャック・ランザボビー・ダンカンスコット・ケーシーサム・ヒューストンなどカウボーイ・ギミックの選手が使用した。アドリアン・アドニスは肘を首筋を当てて押しつぶすような独特のスタイルを用い、WWFではアドラブル・ドッグAdorable Dog)の名称で使用していた。日本人ではラッシャー木村谷津嘉章越中詩郎中西学などが主な使用者である。

相手をヘッドロックせず髪の毛や後頭部を掴んで顔面から叩きつけるとワンハンド・ブルドッグもしくは日本ではフェイス・クラッシャー(顔面砕き)とも呼ばれる。主な使用者には、クリス・ジェリコジョン・シナ武藤敬司などがいる。

連絡技[編集]

スタンディングで相手をヘッドロックの体勢に捕らたとしても、完全に相手を制圧した体勢ではないため[1]フライング・メイヤーなどの投げ技に移行する場合も多い[1]初代タイガーマスクは相手をヘッドロックに捕らえた体勢からフックを解いて自分の体を錐揉み状に回転させて後方へ移動し、最後は相手をカニ挟みで倒すタイガースピンという技を得意としていた[2]

類似技[編集]

ランディ・オートンによるチンロック。
スリーパーホールド
相手の背面からの首締め。
フェイスロック
相手の背面から顔面の輪郭を覆う様にロックする。
チンロック
チンとは「顎(あご)」の意で顎と上頭部をフックして首を捻る。

返し技[編集]

ヘッドロックには多様な返し技が存在する[1]。以下に一例をあげる。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e Hackenschmidt (2006)
  2. ^ 詳細速報 <IGF 11・24名古屋> - ニッカンスポーツ、2008年11月25日、2010年2月19日閲覧。

関連項目[編集]