垣原賢人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
垣原 賢人
プロフィール
リングネーム 垣原 賢人
本名 垣原 賢人
ニックネーム 熱風児
身長 180cm
体重 90kg
誕生日 (1972-04-29) 1972年4月29日(44歳)
出身地 愛媛県新居浜市
スポーツ歴 陸上
トレーナー 藤原喜明
高田延彦
デビュー 1990年8月13日
引退 2006年5月28日
テンプレートを表示

垣原 賢人(かきはら まさひと、1972年4月29日 - )は、日本の元プロレスラー

来歴[編集]

1989年に新生UWFのオーディションに合格。同期には長井弘和(現:長井満也)、冨宅祐輔(現:冨宅飛駈)がいた。1990年8月、横浜アリーナ大会にて冨宅祐輔戦にてデビュー、団体分裂後は高田延彦率いるUWFインターナショナル(以下「Uインター」)に所属、旗揚げの田村潔司戦ではいきなり骨折により長期欠場に追い込まれた。

垣原は体が小さかったため目立った成績が上げられずにいたが、志を同じくする田村潔司との対戦は非常に注目された。そしてUインターと新日本プロレスの対抗戦が始まると、その初戦で佐々木健介を破り第一線に躍り出た。

Uインター崩壊後は後継団体のキングダムに参加し、旗揚げ戦はメインを飾るも、同団体が格闘技色を濃厚にしてゆくにつれて後輩の桜庭和志金原弘光らの台頭に影が薄くなり、山本健一(現:山本喧一)戦では18秒で敗退。解散後は他の選手たちのようにPRIDEリングスなど格闘技団体ではなく全日本プロレスに参戦、Uインター時代の同僚高山善廣ゲーリー・オブライトと第2次TOPとして活動した後、三沢光晴率いるアンタッチャブルの一員となって活躍した。

しかし、2000年の全日本プロレス分裂騒動で垣原は三沢らと共にプロレスリング・ノアに移籍したがフロントに不信感を募らせ、旗揚げ戦でオープンフィンガーグローブを装着し大森隆男を一方的に叩きのめしてそのまま退団、古巣の全日本にフリーとして復帰した。全日本と新日本プロレスとの対抗戦にも参戦するようになり、そのまま新日本に鞍替えし、2002年に新日本に正式入団。2003年にはベスト・オブ・ザ・スーパージュニアで優勝を果たしたが、垣原はその後もケガを繰り返した。

2006年4月19日に頸椎椎間板ヘルニアに起因する第4・第5頸椎損傷により現役引退を発表し、5月28日の後楽園ホール大会における対金本浩二戦で引退した。第1試合として5分1本勝負で行われ、試合後の垣原の引退セレモニーにはUインターの主だったメンバーも参加した。

引退後の垣原は、クワガタと森を愛するネイチャーボーイ、ミヤマ☆仮面としてクワガタによる「クワレス」をプロデュース。その様子は、PS3「まいにちいっしょ」内のトロ・ステーション2007年8月13日放送分において見ることができる。2007年に5歳(試合当時)の息子が覆面レスラー「ちびミヤマ仮面」としてUWAI STATION興行で菊タローと対戦し、勝利している。現在はゴールドジム(株式会社THINKフィットネス)のトレーナー、IWGP実行委員として活動中。

2011年9月20日に行われたスターダム秋田大館大会で、ウルティモ・ドラゴン&美闘陽子vs男色ディーノ&世IV虎戦の特別立会人として来場した。

2011年11月16日に行われた『金原弘光デビュー20周年記念興行「U-SPIRITR」』にて、1日限定の復活を果たしたが、負けたままでは終われないと語り(対戦相手は望月成晃)、完全復活を目指すと宣言している[1]

2012年9月21日、リアルジャパンプロレスにて「ミヤマ☆仮面」として復帰した[2][3]

2014年12月、垣原のFacebookにて悪性リンパ腫に侵されていることを公表し闘病生活に入っており[4]、2015年8月18日には垣原を応援する有志主催により大日本プロレスが後楽園ホールの開催日程を提供し運営に協力する形で「Moving On〜カッキーエイド〜」が開催された[5]

タイトル歴[編集]

得意技[編集]

カッキーカッター
小川直也STOに酷似しているが垣原の場合は大きく振りかぶるように相手の足を刈るのが特徴。コブラクラッチの態勢から入る改良型(トルネード・カッキーカッター/CKカッター)も存在する。
[[ラリアット#稲妻レッグ・ラリアット|稲妻レッグ・ラリアット
同郷の木村健悟から稲妻ニーパッドを譲り受け後継者に指名されており、その後、同郷の愛川ゆず季に継承された。またシャイニング式で放つ、シャイニング・イナズマもある。
マシンガン掌底
垣原の代名詞と言える技。非常に高速で繰り出される。
ローリング掌底
全日本で垣原のアンタッチャブル在籍時に、三沢のローリングエルボーを掌底に応用して考案した。放つ前に手首を掴み力を入れることもある。
ランニング掌底
走りこんで決める掌底。
グラウンドヘッドロック
2004年のベスト・オブ・ザ・スーパージュニアに向けてU.W.F.スネークピットジャパンビル・ロビンソンの指導を受け完成させた。初披露はU-STYLEでの佐々木恭介戦。
グラウンドネックロック
新日本参戦以降に使用しだした。
各種キック

入場テーマ曲[編集]

  • レガリテート - LEGALITÄT尾崎豊) - UWFインターナショナル在籍時に使用。
  • UWFプロレスメインテーマ - 主にUWFインターナショナル離脱後に使用。
  • SUNSET CUTTER - 新日本プロレス在籍時使用(キングレコード「BATTLE CITY~新たな超戦士ヒーロー~」収録、安部潤作曲)

その他[編集]

  • Uインター時代の後輩である高山善廣からは高山の方が年長だが「垣原さん」と呼ばれ、「高山」と呼び捨てる。しかし、同じく年長だがキャリアでは後輩になる永田裕志らを「さん」付けで呼ぶ。
  • ライバルはUWF時代の先輩の田村潔司と、同期でデビュー戦の対戦相手である冨宅飛駈。三者ともUWFに対して思い入れの強いレスラーで、他団体移籍後も垣原はUWFの3文字が刻まれたレガースを着用している。2004年には田村が主催するU-STYLEで顔を合わせているが遂に対戦することはなかった。
  • 趣味は昆虫(特にクワガタ)採集で、アウトドア系の雑誌にも登場したことがある。また、2004年11月のJungle Fightで訪れたブラジルや、2005年9月の第1回国際武道大会で訪れた北朝鮮の密林を探索しようとしたこともある(何れも諸事情で断念)。
  • ノア退団の際に、三沢は「旅に出す」という、復帰もありうるようなコメントを出している。しかし、その後新日本とノアの間で争われたジュニアヘビー級レスラーの対抗戦に、垣原は一切絡まなかった。また高山がノアとの関係を持続したまま新日本で活躍した頃、「僕は高山の弱点を知っている」と高山と絡む意思があると受け取れるコメントを出したにもかかわらず、一切後が続かなかった。これらを考え合わせ「事実上垣原はノアから出入り禁止されている」というファンもいたが、一方で引退興行には三沢や浅子覚らノア勢からも花が届けられていた。引退直前のインタビューにおいて、垣原は「試合後、大森から『ああいうのはボクは出来ない』と言われ、自信を無くした。小橋さんらが真剣に相談に乗ってくれてありがたかったが、本当はこの世界を辞める気でいた」と語っている。
  • 現役期間中に所属したすべての所属団体が崩壊や分裂、経営不振などといったよからぬ事態に陥るというジンクスがある。
  • 垣原の実娘の垣原綾乃はアイドルグループ「バクステ外神田一丁目」のメンバーである[6]。また実息は、ご当地ヒーローであるクワガタ忍者を務めている。

著書[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 二宮清純 - 同郷であり、著述業における師。引退後「二宮清純.com」および「ニノスポ」で「マル秘ファイター列伝」を連載。

外部リンク[編集]