裸絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
裸絞(バックチョーク)。首に右腕を回して左上腕あたりを掴み左手で相手の後頭部を押して絞めている。
裸絞(スリーパーホールド)。概要には書いてない手の組み方をしている。

裸絞(はだかじめ)は、柔道プロレス総合格闘技などで使用される絞め技の一種である。

敵の背後にポジションをとりさえすれば確実に決めることができる絶大な威力の技である。

格闘技の種目や絞める部位によって様々な名称が存在する。

名称と分類[編集]

裸絞という名称は柔道での正式名称。

現代仮名遣いにより裸絞めと表記するのが一般的。

様々な名称が使用されているが正確には、これらは全て裸絞のバリエーションである。

スリーパーホールド
バックチョーク
チョークスリーパーホールド
リアネイキッドチョーク
フロントストラングルホールド

裸絞めはチョークスリーパースリーパーホールドとも呼称されるが気管を絞める技であるチョークと頸動脈を絞めるスリーパーホールドとは本来別のものを指す言葉であり、チョークスリーパーという言葉は「気管を頸動脈絞めする」というかのような矛盾した表現である。

チョークと呼ぶべきであるのだが、すでにチョークスリーパーという呼称が広まっているので本項でもチョークスリーパーの呼称を使用する。

格闘技の種類や団体によって、これらを同一の技として扱うものと、それぞれを別の技として区別するものが存在する[1][2][3]

前者は柔術や総合格闘技、後者はプロレスリングスパンクラスなどプロレスを源流とする総合格闘技団体を中心に認識されており、後者において、どちらも腕を相手の首に巻きつける一見して全く同じ技に見えるこれら2つの技の違いは圧迫する部位に違いがあるとされている。

チョークスリーパーでは気管を重点的に絞め付け呼吸を妨げる[4][5]

多くのプロレス団体において「チョーク=気管を圧迫する行為は反則(ただし、反則カウントが5カウント入るまでに技を解けば反則負けにはならない)」とされており[6]、反則裁定なしなどの特別ルールでない限り決め技となることは少ない。

それに対してスリーパーホールドは主に頚動脈に重点をおいて絞め付ける技である[4][5]

脳への血流を止め相手の意識を奪うことを目的とした技であり反則にはならず、バリエーションも含め多くのプロレスラーによって使用されている。

しかし、近年では首を絞めていればチョークと呼ばれることもある。

気道を絞めるのは窒息死の危険があるのでチョークと言っても実際はスリーパーホールドだったりする。[要出典]

概要[編集]

格闘技の試合で見られる裸絞めのほとんどはバックチョークである。

バックチョークは相手の背後から両掌を合わせる形で両手を組んで手首や前腕を相手の喉にあて絞め上げる。

首に片腕を回してもう一方の片腕の肘の裏もしくは上腕のあたりを掴み、もう一方の手で相手の後頭部を押してそのまま絞めるタイプもある。

大きくわけて前腕部を相手の首下に引っ掛けて気道潰しの痛みによるタップ狙いと肘関節内側を相手の首下に引っ掛けて自分の腕をV字にして絞め両サイドからの頚動脈絞めによるタップ狙いとがある。

対処法は形が完成する前に相手の片手を掴んで腕を潜って防いだり、しのいでる間にフックされている足を何とか外して向かいあったり、立ち姿勢で背後から不用意に前傾でかけてくる相手は背負い投げで前に落としたりだが、どれも出来ずに形に入られてしまった場合は最後の抵抗として即座に顎を引いて相手の腕を首下に入れさせない方法などがある。

ただし、顎を絞め手の内側に挟んでも慣れた者はそのまま顎絞めに繋いだり顔を上げさせる方法を心得たりしているため、形に入られたまま顎を引いてしのぐというのは、主に短時間膠着で「待て」がかかる競技での対処となる。

総合格闘技における概要[編集]

この技が極まるとなかなか逃げられず、特に両脚が胴体にフックした形で極まると脱出することはほぼ不可能であると評価されている[7][8]

急所である気管や喉仏を強力に圧迫されたら、もがき苦しむことになるが喉仏や気管を絞めずに綺麗に頚動脈洞だけを圧迫した場合は苦痛はほとんどなく[9]耐えることも可能である。

しかし、頚動脈洞反射が起こるため[1]、約7秒で失神して戦闘不能状態に陥ってしまう。

いわゆる、「落ちる」という状態である[2]

また、綺麗に頚動脈洞だけを絞めた場合は、後遺症が少ないことから、相手にダメージを与えずに行動不能に陥らせるにはきわめて効率的な方法であり、シンプルにして究極のフィニッシュ・ホールドとされると言われている[10]。柔術や総合格闘技ではメジャーな極め技である。

総合格闘技の初期の強豪ヒクソン・グレイシーは「テイクダウンマウントポジションマウントパンチ→相手が背を向けたところをチョーク」を必勝パターン[11]としており、バーリ・トゥード・ジャパン・オープン 1995では、すべての試合をこのパターンで勝利している[12]

頭部で相手の顔面を強打したり、眼球睾丸を狙う攻撃を行えば逃げることが出来る可能性も高まるが、それら有効な行動は考え得る限りほぼ全てが現代の競技上では反則である。

また、初期のUFCでは目への攻撃と噛み付き以外の反則が存在しなかったが、それらの手段でチョークから脱出したケースも皆無である。

完全にバックチョークをとられた場合、反撃する手段がないことが大きい。

持ち上げて背中から投げればいいという指摘もあるがバックをとられた状態から立ち上がるのはよほど体格差がないと困難である。

UFC1の決勝戦でジェラルド・ゴルドーはホイス・グレイシーのチョークに対して噛み付いて抵抗したが失敗に終わっている。

詳細はジェラルド・ゴルドーの項目を参照。

プロレスにおける概要[編集]

プロレスにおいてはつなぎ技としてスリーパーホールドが使用されるほかにバーン・ガニアマーク・ルーインロディ・パイパーらがフィニッシュ・ホールドとして使用していた。

アントニオ猪木は格闘技ブームの影響でキャリア後期にはフィニッシュ・ホールドとして使用するようになった。

格闘技においては脱出不可能といわれる裸絞だがプロレスの場合はロープブレイク、タッグパートナーのカットなどにより脱出できる場合もある。

三沢光晴は「チョークスリーパーをかけられたら持ち上げて背中から体重をかけて叩きつければいい」という上記の通りよほどの体格差がないと非現実的な脱出方法を述べている。

基本のバリエーション[編集]

① 片腕を頸部に回して手首にあてた、もう一方の腕で絞める。

基本的にバックチョークは、この形で掛ける事が多い。

② 片腕を頸部に回して手を組んで、もう一方の腕で絞める。

柔道をはじめ、柔術では、この形が多く使われる。

バックチョーク以外の裸絞[編集]

サイドチョーク
背後ではなく真横から腕を回して絞める。
フロントストラングルホールド
縦四方固めから片腕を枕にして相手の後頭部の下におき、その肘あたりをもう一方の手で掴み、その前腕部で相手の喉を絞める。
リングスのウィリー・ピータースが多用している。
グラウンドチョーク
横四方固めや縦四方固めの体勢からスリーパーホールドの様に両腕を組み、上の腕の前腕部で喉や頚動脈を絞める。

派生技[編集]

フロントチョーク
他にもギロチンチョーク、フロントスリーパーホールドなど名称が多く存在する。
相手の頭を正面から抱え込むような体勢から腕を回して絞める。
裸絞に含まれるかは確認がとれていない。
変則のフロントチョークのバリエーションにネクタイチョークの類がある。
片手絞(かたてじめ)
ワンハンドチョークともいう。
仰向けの相手の上から腕を気管に押し当てて潰すようにして絞める。
技の形態がギロチンを連想させるため、しばしばこの技をギロチンチョークであると誤解されることがあるが、元来、ギロチンチョークはフロントチョークのことを指す。
ただし、「片手絞」には他の形のバリエーションもある。
片羽絞(かたはじめ)
脇の下から腕を通して相手の片腕をとった状態で、もう片方の腕を首に回して抱え込むように絞める変型の裸絞。
羽交い締めと組み合わせた様な形となり、送襟絞で絞めるパターンもある。
レスリングでいうハーフネルソンから首を絞める。
スピニングチョーク(アナコンダチョーク、ブラボーチョーク)
がぶりの体勢から自らの身体をひねり倒しながら、相手の首に腕をねじ込んでいく。
アゴをひいてフロントチョークを防御している相手にも有効な攻撃。
裸絞に含まれるかは確認がとれていない。
ドラゴンスリーパー
飛龍裸絞めとも呼ばれる。尻餅をついた相手の後方から脇で抱え込むように首をロックしてさらに、もう片方の腕で相手の片腕をロックして脱出を困難にさせる変型スリーパーホールド。
正確にはスリーパーホールドではなくフェイスロックの派生技である。
藤波辰爾が開発してドラゴン・スープレックス封印後のフィニッシュ・ホールドとして使用している。
ジ・アンダーテイカーWWETCBの名称で一時期使用していた。
コブラクラッチ
毒蛇式裸絞めとも呼ばれる。後方から相手の片腕を取り、相手自身の首に巻きつけ、さらに相手の脇の下から腕を通して頚動脈を絞める変型スリーパーホールド。
マッドドッグ・バションブラックジャック・ランザマスクド・スーパースターサージェント・スローターテッド・デビアスなどヒールの得意技として使用される傾向にある。

脚注[編集]

  1. ^ 『'94ゴングプロレス観戦パーフェクトガイド』日本スポーツ出版社…両者を区別する旨を記述
  2. ^ 船木誠勝『船木誠勝の格斗誠書―ハイブリッド・テクニック教本』ベースボール・マガジン社 1998年9月…両者を区別する旨を記述
  3. ^ 広戸聡一『最強の格闘技テクニック―あらゆる戦いに勝利を収める究極の必殺技』p149 高橋書店…両者を区別しない旨を記述
  4. ^ a b 『プロレス技百科PART1』ベースボール・マガジン社
  5. ^ a b 『最強のプロレス技読本―完全図解!!必殺のリアル・テクニック!!やっぱりレスラー=超人だった!!』大泉書店
  6. ^ 少年マガジン決定版シリーズ『プロレス反則技100』(著:山田隆、講談社刊:少年マガジン1969年22号(5月25日号)掲載
  7. ^ 監修:勝村周一朗、実践:所英男『極め方のコツがわかる!総合格闘技入門』p144 池田書店
  8. ^ 海月一彦『オタクのための格闘術』p145 夏目書房
  9. ^ 鶴見済完全自殺マニュアル太田出版
  10. ^ 海月一彦『オタクのための格闘術』p144-145 夏目書房
  11. ^ PRIDE.1 〜1997.10.11 東京ドーム〜(VHS)
  12. ^ VALE TUDO JAPAN OPEN 1995(1995年4月20日の日本武道館)(VHS)