裸絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
裸絞の基本形リア・ネイキッド・チョーク。フィギュア4を用い首に右腕を回して左上腕あたりを掴み、左手で相手の後頭部を押して絞めている。
フィギュア4を用いた裸絞の基本形リア・ネイキッド・チョークの実演動画
海兵隊ジョシュア・ストーンによるパーム・トゥ・パームを用いた裸絞の基本形リア・ネイキッド・チョークの実演
裸絞の基本形リア・ネイキッド・チョーク。パーム・トゥ・パームでもフィギュア4でもない腕の組み方をしている。

裸絞(はだかじめ)は、柔道プロレス総合格闘技で用いられる絞め技の一種である。着衣を利用しない絞め技である。講道館国際柔道連盟 (IJF) での正式名。IJF略号HAD現代仮名遣いにより、裸絞めと表記するのが一般的。

概要[編集]

裸絞めの基本形はリア・ネイキッド・チョーク (RNC) である。リア・ネイキッド・チョークは相手の背後からの裸絞めである。

腕の組み方は方法は主に二つあり、一つは受の首に片腕を回してもう一方の片腕の肘の裏もしくは上腕のあたりを掴み、もう一方の手で相手の後頭部を押してそのまま絞める「フィギュア4」と呼ばれる方法である。肘関節内側を受の首下に引っ掛けて自分の腕をV字にして絞め両サイドからの頚動脈絞めにより参ったを狙う。一方、書籍『決定版講道館柔道』によるとこの組み方も攻撃個所は咽喉部だとしている[1]

もう一つの腕の組み方は両掌を合わせる形で両手を組んで手首や前腕を相手の頸部を絞め上げる「パーム・トゥ・パーム」と呼ばれる方法である。川石メソッドではこのリア・ネイキッド・チョークを後絞(うしろじめ)と呼んでいる[2]。前腕部を相手の首下に引っ掛けて参ったを狙う。柔道形講道館護身術後絞でも受がパーム・トゥ・パームによるリア・ネイキッド・チョークを演じている。

全日本柔道連盟 - YouTubeチャンネル『平成26年度全日本形競技大会優勝組演技「講道館護身術」』
後絞(1m5s〜) - YouTube

相手の制し方は代表的なバックコントロール、バックマウントや背後からの胴絞のほか、四つんばいの相手への河津掛ステップオーバー・トーホールド・ウィズ・フェイスロックの相手の脚の制し方を流用したものなどがある。

対処法は形が完成する前に相手の片手を掴んで腕を潜って防いだり、しのいでる間にフックされている脚を何とか外して向かいあったり、立ち姿勢で背後から不用意に前傾でかけてくる相手は背負い投げで前に落としたりだが、どれも出来ずに形に入られてしまった場合は最後の抵抗として即座に顎を引いて相手の腕を首下に入れさせない方法などがある。ただし、顎を絞め手の内側に挟んでも慣れた者はそのまま顎絞めに繋いだり顔を上げさせる方法を心得たりしているため、形に入られたまま顎を引いてしのぐというのは、主に短時間膠着で「待て」がかかる競技での対処となる。

アキレス腱への関節技が認められていない柔道でよくある様に両足を組んで背後からの胴絞でとらえながらリア・ネイキッド・チョークを狙われた場合はアキレス腱への関節技が認められている格闘技では両足を相手の両足に重ねて身体全体を反って相手のアキレス腱を極めるダブル・アンクル・ロックで逆転サブミッション勝ちするチャンスがある。このためブラジリアン柔術等では両踵を組まないで相手の鼠径部あたりに置くのが理想的なリア・ネイキッド・チョークの掛け方だとしている。片足首をもう一方の膝裏に当てる「フィギュア4」に両脚を組んでの胴絞で相手を制する方法でもダブル・アンクル・ロックを避けられるが、これだと少しリア・ネイキッド・チョークが極まりにくくなる。ブラジリアン柔術の競技でもバック・コントロールによるポイントはこの理想的な形にしないと得られられない。

別名スリーパー・ホールドチョーク・スリーパー・ホールドバック・チョークリア・チョーク

総合格闘技において[編集]

リア・ネイキッド・チョークが極まるとなかなか逃げられず、特に両脚が胴体にフックした形で極まると脱出することはほぼ不可能であると評価されている[3][4]。完全にリア・ネイキッド・チョークをとられた場合、反撃する手段がないことが大きい。

頭部で相手の顔面を強打したり、眼球睾丸を狙う攻撃を行えば逃げることが出来る可能性もあるが、それらの行動は多くの格闘技では反則である。また、初期のUFCでは目への攻撃と噛み付き以外の反則が存在しなかったが、それらの手段でチョークから脱出したケースも皆無である。UFC1の決勝戦でジェラルド・ゴルドーはホイス・グレイシーのチョークに対して噛み付いて抵抗したが失敗に終わっている。

加えて眼球睾丸を狙う攻撃はリア・ネイキッド・チョークを狙って背後についてる者のほうがやりやすい。

持ち上げて背中から投げればいいという指摘もあるがバックをとられた状態から立ち上がるのはよほど体格差がないと困難である。

急所である気管や喉仏を強力に圧迫されたら、もがき苦しむことになるが喉仏や気管を絞めずに綺麗に頚動脈洞だけを圧迫した場合は苦痛はほとんどなく[5]耐えることも可能である。しかし、頚動脈洞反射が起こるため[1]、約7秒で失神して戦闘不能状態に陥ってしまう。いわゆる、「落ちる」という状態である[2]。また、綺麗に頚動脈洞だけを絞めた場合は、後遺症が少ないことから、相手にダメージを与えずに行動不能に陥らせるにはきわめて効率的な方法であり、シンプルにして究極のフィニッシュ・ホールドとされると言われている[6]。柔術や総合格闘技ではメジャーな極め技である。

総合格闘技でのヒクソン・グレイシーは「テイクダウンマウントポジションマウントパンチ→相手が背を向けたところをチョーク」を必勝パターン[7]としており、バーリ・トゥード・ジャパン・オープン 1995では、すべての試合をこのパターンで勝利している[8]

プロレスにおいて[編集]

アントニオ猪木は格闘技ブームの影響から、キャリア後期にはフィニッシュ・ホールドとして使用するようになった。

格闘技においては脱出不可能といわれる裸絞だが、プロレスの場合はロープブレイク、タッグパートナーのカットなどにより脱出できる場合もある。

2016年のG1 CLIMAX優勝決定戦では、後藤洋央紀にスリーパー・ホールドをかけられたケニー・オメガが、技をかけられた状態のままコーナーをよじ登り、コーナー最上段から背中向きに飛び降りて後藤を自身の体ごとリンクに叩きつけるという荒技を披露している。

多くのプロレス団体において「チョーク=気管を圧迫する行為は反則」とされており[9]、反則裁定なしなどの気管を圧迫するリア・ネイキッド・チョークは特別ルールでない限り決め技となることは少ない。

パンクラスが旗上げ時にこのルールに反し、この気管を圧迫する絞め技を解禁した。柔道、修斗空道ブラジリアン柔術柔術ファイティングシステム、などの格闘技ではこのような絞め技は認められており、中学生柔道でも使用できるそう危険ではない技であった。このような絞め技が禁止されているのは絞め技が認められている格闘技ではプロレスぐらいしかなかった。しかしながら、柔道母国でありながら日本のプロレス界ではセンセーショナルにあつかわれた。プロレスは一般にもっと危険な技だとされる首関節技が認められており、不条理な状況だが、前田日明は、本来はプロレスで禁止されているのは多くの格闘技で禁止されている指での喉への攻撃でレスラー達が前腕が喉に入っただけで「チョーク!チョーク!」とアピールしてたら前腕で喉を絞めても反則になってしまったんだ、と語った[10]。ロープエスケープが足首をロープを超えないで爪先だけロープを超えても成り立つようになったようになし崩し的にルールが変わっていくのはプロレスではよくあることである。しかし、前田はこのパンクラスのような改善をUWFでは行わなかった。従来から合法であった主に頚動脈に重点をおいて絞め付けるリア・ネイキッド・チョークを「スリーパーホールド」と呼ぶ[11][12]のに加え、これを機に気管を重点的に絞め付け呼吸を妨げる[11][12]リア・ネイキッド・チョークを「チョーク・スリーパー・ホールド」と呼ぶようになった。パンクラスは総合格闘技でもあったのでこの呼び方は日本の総合格闘技界にも広がっていった。

三沢光晴は「チョーク・スリーパーをかけられたら持ち上げて背中から体重をかけて叩きつければいい」という上記の通り、よほどの体格差がないと非現実的な脱出方法を述べている。

プロレスでは主にスリーパー・ホールド (Sleeper Hold) の名称で用いられ、バーン・ガニアマーク・ルーインロディ・パイパー鈴木みのる中嶋勝彦らがフィニッシュ・ホールドとして使用していた。アドリアン・アドニスグッドナイト・アイリーン (Goodnight Irene) [13]ブルータス・ビーフケーキバーバーズ・チェアー (Barber's Chair) [14]の独自名称を用いた。

前裸絞[編集]

前裸絞[15](まえはだかじめ)は受の頭上側から絞める裸絞め。別名フロントチョークギロチン・チョークフロンタル・ギロチン・チョークフロント・スリーパー・ホールド前方裸絞(ぜんぽうはだかじめ)、頸絞(くびじめ)[16]海老緘(えびがらみ)[17]

挟絞[編集]

挟絞(はさみじめ)は絞。受のうなじあたりに腕か脛を当て、受の首を前腕で絞める絞技。袖車絞は挟絞の一種[18]だが裸絞には含まれなくなった。川石メソッドでは腿や脚で受の後頭部を抑え受の帯を持つ片手絞を「挟絞」と呼んでいる[19]

ノーギ・エゼキエル・チョーク[編集]

ノーギ・エゼキエル・チョークは受と取が正対して受の後頭部に腕を当て、受の喉や頸動脈を前腕で絞める挟絞。エゼキエル・チョークは袖車絞のことだがそれの袖を用いないような絞め技である。ブラジリアン柔術では国際ブラジリアン柔術連盟国際柔術連盟でティーン(U16)以下で禁止技である。

試合での実例
アレクセイ・オレイニク (1R 2:57 エゼキエル・チョーク) ビクトー・ペスタ ×
発表は「エゼキエル・チョーク」だが実際はマウント・ポジションの下からのフィギュア4を用いたノーギ・エゼキエル・チョークである。下からのグラウンド・チョークの様な形態。UFCではノーギ・エゼキエル・チョークもエゼキエル・チョークに含んでいる。

片手でもう一方の腕を掴む場合が多いが掴まないこともある。

試合での実例
安田忠夫(2R 2:10 ギロチンチョーク)ジェロム・レ・バンナ ×
発表は前裸絞の別名「ギロチンチョーク」だが実際は手でもう一方の腕を掴まないノーギ・エゼキエル・チョークであった。

他にもバリエーションがあり取が左腕を受のうなじ付近を通して左手で受の左腕を曲げて電話の受話器を持つような形にし受の左手首をもち、右腕を受の曲げた左腕の中を通して取の左上腕部を掴んで右前腕部で受の首を絞めるノーギ・エゼキエル・チョークもある。

グラウンド・チョーク[編集]

グラウンド・チョーク横四方固縦四方固の体勢から左腕を受のうなじ付近の下に置き左手で右腕の肘裏を掴む「フィギュア4」で両腕を組み、右前腕部で受の喉や頚動脈を絞めるノーギ・エゼキエル・チョーク。

フロント・ストラングル・ホールド[編集]

フロント・ストラングル・ホールド[20]横四方固縦四方固の体勢から片腕を枕にして相手のうなじ付近の下におき、その肘あたりをもう一方の手で掴み、その前腕部で相手の喉や頚動脈を絞める[20]ノーギ・エゼキエル・チョーク。または片腕を枕にして相手のうなじ付近の下におき、もう一方の肘を掴みその肘の腕の前腕部で喉や頚動脈を絞めるノーギ・エゼキエル・チョーク。リングスのウィリー・ピータースが多用している。

脚を使った挟絞[編集]

上四方固で抑え込まれそうになった時、左前腕部を受の喉付近に当て抵抗し、左脚を振り上げ左脛を受のうなじ付近にあて、左手または両手で左足を掴み左前腕部で受の首を絞める[21]挟絞[22]。柔道川石メソッドでの上四方足絞[23]と似た形態である。

サイド・チョーク[編集]

サイド・チョークは背後ではなく真横から腕を回して絞める。[要出典]

ジェリー・ローダーによるノースサウスチョークの実演

ノースサウスチョーク[編集]

ノースサウスチョーク上四方固めからの裸絞。ポジションによって若干の差が生じるが、多くの場合、完成した際の形は柔道後袈裟固崩袈裟固[要出典]に似る。ジェフ・モンソンなどの抑え込みを得意とする選手が多用しており、アメリカ国内ではグラウンドの攻防において普遍的なテクニックである。

ネクタイチョーク[編集]

ネクタイチョークはネクタイで絞めるもしくは、蝶ネクタイの様な体勢の形になる裸絞。 国名が付いており、以下の種類がある。突込絞の一種ネクタイ絞とは異なる技である。別名ネクタイ式チョーク

ジャパニーズ・ネクタイ・チョーク[編集]

ジャパニーズ・ネクタイ・チョークがぶりの姿勢から相手の頭部と左腕を両掌を合わせて両腕で抱える肩三角グリップに取り、相手の左側に移動すると同時に左前腕部で相手の後頭部押して相手を仰向けに返すウングバリ・ターンノーバーを行い、相手の左脚を自分の右脚で抑えながら絞めるネクタイチョーク[24]。日本式ネクタイチョーク。アーム・トライアングル・チョークもしくはギロチンチョークなのでブラジリアン柔術では国際ブラジリアン柔術連盟国際柔術連盟でティーン(U16)以下で禁止技である。

ペルビアン・ネクタイ・チョーク[編集]

ペルビアン・ネクタイ・チョークがぶりの姿勢から、受の左腕と頭部を両腕で抱える肩三角グリップをとり、右足を受の左腋下の真下あたりの床に踏み込み、臀部か腿裏で受の後頭部を抑え、両手を組んで身体全体を反って絞めるネクタイチョーク。ペルー人総合格闘家が有名にした絞め技。21世紀初頭の柔道界ではよく使用されている。

試合での実例
インバル・シェメシュ(イスラエル) (1:59 裸絞[25]) エカテリーナ・バルコバ(ロシア)× IJFサイト映像

アナコンダ・チョーク[編集]

アナコンダ・チョークがぶりの体勢から受の頭部と右腕を抱える肩三角グリップをし、取の身体を左側にひねり倒しながら受の首に受の右腕をねじ込んでいく裸絞。アゴをひいてフロントチョークを防御している受にも有効な攻撃。別名スピニングチョーク

ダース・チョーク[編集]

ダース・チョークは変形の裸絞。がぶりの姿勢から相手の頭部と左腕を両掌を合わせて両腕で抱える肩三角グリップに取り、相手の左側に移動すると同時に左前腕部で相手の後頭部押して相手を仰向けに返すウングバリ・ターンノーバーを行う。胸で相手の左肩を押しながら相手の右頸動脈あたりを絞める。両腕の組み方を「フィギュア4」に組み替えて絞めてよい[26]。同技を常用するヘンゾ・グレイシーの生徒の名からとってダース・チョークと呼ばれる。アーム・トライアングル・チョークの一種であるのでブラジリアン柔術では国際ブラジリアン柔術連盟国際柔術連盟でティーン(U16)以下で禁止技である。 。別名ブラボーチョーク (Brabo choke) 。

門脇スペシャル[編集]

門脇スペシャル(かどわきスペシャル)は地獄絞スタイルの裸絞。背後から両脚で受の片腕を挟みリア・ネイキッド・チョークの様に絞める。門脇英基の得意技である。

ドラゴン・スリーパー[編集]

ドラゴン・スリーパーは尻餅をついた相手の後方から腋で抱え込むように首をロックしてさらに、もう片方の腕で相手の片腕をロックして脱出を困難にさせる変型スリーパー・ホールド。正確にはスリーパー・ホールドではなくフェイスロックの派生技である[要出典]藤波辰爾のオリジナル技でドラゴン・スープレックスの封印後にフィニッシュ・ホールドとして使用。ジ・アンダーテイカーWWETCBの名称で一時期使用していた。別名飛龍裸絞め

コブラクラッチ[編集]

コブラクラッチは後方から相手の片腕を取り、相手自身の首に巻きつけて、さらに相手の腋の下から腕を通して頚動脈を絞める裸絞。 マッドドッグ・バションブラックジャック・ランザマスクド・スーパースターサージェント・スローターテッド・デビアスなどヒールの得意技として使用される傾向にある。別名毒蛇絞め(どくじゃじめ)。

タズミッション[編集]

タズミッション片羽絞の基本形の様な形態の上衣を使わない絞め技。通常、受の襟を使って絞める片羽絞だが、この襟を持つ代わりに受の肩あたりをつかむ絞め技である。プロレスラータズの得意技。別名「カタハジーメ」。

名称と分類[編集]

リア・ネイキッド・チョークについて、格闘技の種類や団体によって、チョーク・スリーパー・ホールドとスリーパー・ホールドをこれらを同一の技として扱うものと、それぞれを別の技として区別するものが存在する[27][28][29]

前者は柔道、ブラジリアン柔術や総合格闘技、後者はリングスパンクラスなどプロレスを源流とする総合格闘技団体を中心に認識されており、後者において、どちらも腕を相手の首に巻きつける一見して全く同じ技に見えるこれら2つの技の違いは圧迫する部位に違いがあるとされている。

袖車絞はかつては裸絞に分類されることもあったが1985年に講道館が固め技の名称を発表して以降は袖車絞に分類された。かつては自らの上衣の袖を利用しても裸絞扱いであった。

脚注[編集]

  1. ^ 講道館『決定版講道館柔道』講談社(原著1995年6月)、126頁。ISBN 978-4062074155
  2. ^ 川石酒造之助. Ma méthode de judo. p. 164. "USHIRO-JIME" 
  3. ^ 監修:勝村周一朗、実践:所英男『極め方のコツがわかる!総合格闘技入門』p144 池田書店
  4. ^ 海月一彦『オタクのための格闘術』p145 夏目書房
  5. ^ 鶴見済完全自殺マニュアル太田出版
  6. ^ 海月一彦『オタクのための格闘術』p144-145 夏目書房
  7. ^ PRIDE.1 〜1997.10.11 東京ドーム〜(VHS)
  8. ^ VALE TUDO JAPAN OPEN 1995(1995年4月20日の日本武道館)(VHS)
  9. ^ 少年マガジン決定版シリーズ『プロレス反則技100』(著:山田隆、講談社刊:少年マガジン1969年22号(5月25日号)掲載
  10. ^ 柳沢忠之「新年号特別インタビュー前田日明」『マガジンWOoooo!』第3巻第2号、マガジン・エンタテイメント(発行)、マガジン・マガジン(発売)、1994年2月1日、 36頁。
  11. ^ a b 『プロレス技百科PART1』ベースボール・マガジン社
  12. ^ a b 『最強のプロレス技読本―完全図解!!必殺のリアル・テクニック!!やっぱりレスラー=超人だった!!』大泉書店
  13. ^ Adrian Adonis”. Online World of Wrestling. 2019年11月22日閲覧。
  14. ^ Brutus Beefcake”. Cagematch. 2019年11月22日閲覧。
  15. ^ 三船久蔵『柔道の真髄:道と術』誠文堂新光社日本(原著1965年4月10日)、110頁。
  16. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』佐藤宣践(監修)、アテネ書房、日本(原著1999年11月)。ISBN 4871522059。「頸絞」
  17. ^ 川石酒造之助. Ma méthode de judo. p. 170. "EBI-GARAMI" 
  18. ^ 朝日新聞社(製作・企画). 柔道の真髄 三船十段. 日本: 日本映画新社.. "挟絞(その一)" 
  19. ^ 川石酒造之助. Ma méthode de judo. pp. 186-187. "HASAMI-JIME" 
  20. ^ a b 麻生秀孝『実戦!サブミッション』ケイブンシャ、1991年、127頁。「フロント・ストラングル・ホールド」
  21. ^ NHKサービスセンター(協力)、エルコム(販売). 講道館柔道 固技 分類と名称 (VHS). 講道館柔道ビデオシリーズ. 日本: 講道館(制作・企画・監修).. 該当時間: 37m30s. "裸絞" 
  22. ^ 朝日新聞社(製作・企画). 柔道の真髄 三船十段. 日本: 日本映画新社.. "挟絞(その二)" 
  23. ^ 川石酒造之助. Ma méthode de judo. "KAMI-SHIHO-ASHI-JIME" 
  24. ^ 中井祐樹『中井祐樹の新バイタル柔術』日貿出版社、2018年11月2日、76頁。ISBN 978-4817060259。「ジャパニーズ・ネクタイ」
  25. ^ World Senior Championship 2017 / Round 1 -63 kg Israel SHEMESH,Inbal VS Russia VALKOVA,Ekaterina (YouTube). スイス: 国際柔道連盟. 
  26. ^ 中井祐樹『中井祐樹の新バイタル柔術』日貿出版社、2018年11月2日、75頁。ISBN 978-4817060259。「ダースチョークへの連携」
  27. ^ 『'94ゴングプロレス観戦パーフェクトガイド』日本スポーツ出版社…両者を区別する旨を記述
  28. ^ 船木誠勝『船木誠勝の格斗誠書―ハイブリッド・テクニック教本』ベースボール・マガジン社 1998年9月…両者を区別する旨を記述
  29. ^ 広戸聡一『最強の格闘技テクニック―あらゆる戦いに勝利を収める究極の必殺技』p149 高橋書店…両者を区別しない旨を記述