燕返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

燕返(つばめがえし)は、柔道投技足技21本の一つ。

講道館では1982年(昭和57年)に新たに名称として登録された。

名称設定の経緯については小内返#「返」の名称も参照のこと。

概要[編集]

足払い系の技及び、小外系の技、の返し技で、後の先の技の一種である。

足車等も返す事が出来る。

受け足払い系の技(出足払送足払払釣込足支釣込足)又は、小外系の技(小外刈小外掛)をかけてきたとき、その払ってきた足をすかし、逆にその勢いを利用して足払い出足払)をかける。

すなわち、足払いをかわして逆に足払い出足払)をやり返すのである。

相手は他の足払い系の技と同様に足を滑らせる様に倒れる。

なお、燕返は相手に技を掛けられた足で技を掛け返さなければならない(やり返さなければならない)ため、この条件を満たしていないものは全て出足払として扱われる(例えば、左小内刈で攻めてきた相手を、右出足払で反撃した場合等)。

足払い系の技は、巴投の様に、右組・右足右組・左足左組・右足左組・左足のパターンがあるが、燕返も足払い系の技(の返し技)のため、基本的にこれらの4パターン(相四つ、ケンカ四つの組手の組み合わせも含めれば、8パターン)がある。

返し技(カウンター技)の中でも後の先の技(その技専用の返し技)の一つであり、主に足払い(手によるものではなく、足を使ったもの。ただし、足と組手を組み合わせたものは含む。)に対するカウンターである。

相手の足払いの手によるものにも有効である。

柔道では見られないが、相手の手による足払いに対し、自分の手による足払いで掛け返すのは、柔道でなくても、一旦、上半身を下げなければならないため、間が空いてしまう。

「燕が宙返りをするような足払いのため」という事と「剣術燕返し(一度、振りぬいた剣を反転させ、もう一度、振りぬく技)からとった」というのが、名前(技名)の由来である。

形としては、「小外すかし」、「足払すかし(足払いすかし)」(ただし、足をかわしただけで、足を刈ったり、引っ掛けたり、足払いを掛けなかった時の場合であり、そのまま倒すと浮落が記録され、相手が自分の足の内側を狙ってきたところを倒すと小内返となる)、「小外返」、「足払返(足払い返し)」とも言える。

薪谷翠がこの技の名手としてよく知られている。

外部リンク[編集]