体落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

体落(たいおとし)は、柔道投げ技の手技16本の一つ。

後ろ回りさばきで相手を右(左)前すみに崩し、右(左)足を踏み出して、相手の出足を止める。

自分の足を伸ばして、引っ掛け、そこを支点にして、飛び越させる様に引き手釣り手を利かせて前方に投げ落とす技。

背負落と混同されやすいが、投げる際の釣り手側のの位置が異なる。

また、体落が足を伸ばすのに対し、背負落は膝を着く違いがある。

歴史[編集]

嘉納治五郎が学んだ天神真楊流の乱捕技に、体落と全く同じ技の矢倉落があることから、起源は江戸時代にあると考えられる。

外部リンク[編集]