支釣込足

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

支釣込足(ささえつりこみあし)は、柔道投げ技。足技21本の一つに数えられている。

概要[編集]

相手の足首に自分の足を当て、支点にすると同時に、相手を釣り手で釣り上げ、引き手で支え、(両手を利かせて、)ハンドルを回す様に回転させ、そのまま足を払って投げる技。

後ろを向いて、自分の体を捻る様に回転させて、投げた場合は足車になり、支釣込足同様、前から(正面から向き合った状態から)、膝の位置に足を当てて、支点にして回転させる様にして投げると膝車になる。

自分が足を引く(後ろに下がる)か、相手が突っ込んで来た(前に出て来た)時の方が投げやすい。

足払い系の技は、巴投の様に、右組・右足右組・左足左組・右足左組・左足の4パターン(相四つ、ケンカ四つの組手の組み合わせも含めれば、8パターン)がある。

対になる、払釣込足と同様、釣込腰袖釣込腰と同じ釣り込み技の一種であり、出足払送足払等と同じ、足払い系の技の一種である。

右組みの場合、まず取手が前方に左足を一歩踏み込む。続いて右側にいる受手の方を向くように上体を捻り、同時に、釣り手を下に引いて受手の上体を崩す。そして体重の乗った受手の左足(足首ないし脛)に取手の右足の裏を当て、それを支点にして後方に振り投げる。

相手の動きに合わせる出足払送足払と異なり、自ら積極的に技をかけてゆくことができる。動きも比較的小さいため、牽制や繋ぎ技にも用いることができるなど、汎用性が高い。

とりわけ小川直也は、支釣込足で相手を崩してから寝技に持ち込むパターンを非常に得意としていた。

外部リンク[編集]