背負落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

背負落(せおいおとし)は、柔道投げ技手技の一つ。

概要[編集]

背負投または一本背負投の形(体勢)から片膝または、両膝を畳について、そこを支点にして、引き落とすように投げる。

ほとんどの場合、自身の釣り手側の足(右組であれば右手)が相手の両足の間に入るのが基本的な形であるが、体落のように相手の足を引っ掛けるようになる場合もある。

なお、中学生以下は安全のため、または基本に忠実な技を身につけるために両膝をついて技をかけることは反則になっている[1]

一本背負の形からの背負落は、内巻込とよく似ているが、引き落とすか首に巻きつけて投げるかの違いがある。

また、野村忠宏の様な背負投三谷浩一郎が使う一本背負の形は、膝をつく形になるが、背負投一本背負の場合は、背負い上げる(膝をついたままでも、太もも・尻・背筋で上げた場合も含む。)あるいは、膝を離して腰を上げて背負う。すなわち、立ち上がる(スクワットで持ち上げる)様な形になるのである。そして、背負落の場合は、膝をついたまま、引き落とす(手投げではなく、足を支点にして、手で投げる)形になるという違いがある。

歴史[編集]

講道館の柔道家、南摩紀麿が編み出した「南摩落」がその起源といわれている[1]

この技は釣り手一本背負投のように相手の腕をかかえ、引き手は相手の前帯を持って、膝をついて投げるというものであった。

昭和初期頃まで背負落といえばこの技法であったが、いつしか、背負投から膝をついたものが背負落と認識されていった。

さらに近年では少年柔道において、不十分な背負投から体落のように足を引っ掛けるといった技を背負落と呼ぶことあるが、これは誤用である。

あくまでも背負投から膝をついて引き落として投げるという理合が背負落であるので、上記の技は「背負投からの体落しの連絡技」とみるか、中途半端な背負投・体落とみるほかない。

脚注[編集]

  1. ^ a b 醍醐敏郎 『写真解説 講道館柔道投技 上』本の友社 1999年 ISBN 4-89439-188-0

外部リンク[編集]