三角絞め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
前三角絞めの例

三角絞または、三角絞め(さんかくじめ)は、格闘技寝技で使用される絞め技の一種で、その名の通り、三角形に組んだ両足の中に相手の首と腕を捕らえ足の力で締め付けることにより、内腿で相手の片側の頚動脈を、相手自身の肩で反対の頚動脈を絞める技である。

別名はトライアングル・チョーク(Triangle Choke)もしくはトライアングル・スリーパー・ホールド(Triangle Sleeper Hold)。

概要[編集]

岡山第六高等学校高専柔道の金光彌一兵衛(起倒流備中派柔術、講道館柔道9段)と六高選手早川勝(後に8段)の高専柔道の稽古中に編み出され「松葉がらみ」と命名され、1922年大正11年)から使用され始めた。

嘉納治五郎の意向により寝技の比重の少なくなった柔道よりも、ブラジリアン柔術総合格闘技の試合において多く用いられている。

あらゆるポジションからの仕掛け、様々な防御に対する攻め方のバリエーションが研究・実践されている。

金光弥一兵衛と早川勝による前三角絞め開発の経緯、ブラジルへの伝播などについては「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也)に詳しく書かれている。

また増田は、横三角絞めは、木村政彦が在籍した拓大予科が高専柔道大会連覇の秘密兵器として開発したものだとしている。

この技の体勢からさらに腕挫三角固に移行することもできる。

柔道の試合では、中学生以下が行なうと即反則負けとなる。

バリエーション[編集]

前三角絞め
相手の片腕を前に引き出し、引き出した腕と逆の自分の脚(膝裏)を相手の首にかけて前に崩す。
首にかけた脚の足首を立てた状態で、もう一方の自分の脚をかぶせ、相手の肩と頭が抜けないようにする。
と頭と肩のある隙間を小さくするようにもっていき絞める。
自分の内腿と相手の肩(三角筋)により相手の頚動脈が絞まる。
柔道や柔術の試合では、相手の胴衣を掴むことで脱出を困難にすることが可能。
別名、正三角絞め。
横三角絞めの例
横三角絞め
仰向けになった相手と体が直角に交差するような形で、頭と腕一本を挟んで絞める。
柔道ではこの技をかけたまま上体をひねり、下になった相手の胴部を抑えて、崩上四方固に移行する展開も多い。
後三角絞め
相手の背後から絞める。
完成した際の体勢の見栄えが良いため、プロレスラー橋本真也が得意技としていた。
別名、縦三角絞め。
裏三角絞め
横三角絞めとは脚の組み方が逆である。
横四方固で抑え込まれた際、下からこの技で脱出する場面も稀にみられる。
絞めは決まりにくいので腕ひしぎ三角固めに移行することが多い。
足三角絞め
相手の脚に背後から自分の脚を絡め、仰向けに回転させピンフォールに移行する技。
絞めと名辞こそされていても、首絞めそのものが目的ではない。

より以前から存在した可能性[編集]

通説とは別に三角絞めが、明治時代から存在した可能性を示唆する描写も見出される。

柔道一代 徳三宝に拠ると1910年の寒稽古期間中に講道館が、他流の挑戦者に両足で頭部を挟まれ苦戦に陥ったという。

これには、三角絞めという用語こそ付帯されていないものの、傍らの徳三宝がこれを引き剥がした事からも投げ技の為の一瞬の体勢でもなく、格闘技法上、三角絞めであった可能性が窺われる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]