逆十字絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

逆十字絞(ぎゃくじゅうじじめ)は、柔道絞技12本の1つである。

概要[編集]

十字絞の一種。

腕を十字にして、両手の掌が上になる様に、相手の両襟を掴んで、前腕で相手の頸部を絞める技。

基本形は縦四方固から絞めるがバリエーションはいくつかある。

片閂からの逆十字絞[編集]

小室宏二は自著『柔道 固技教本』でガードポジションから相手の片腕を抱える片閂(かたかんぬき)から逆手で襟を持ち、もう一方の手で相手の頚動脈を逆手で襟を持ち拳または襟で絞める片羽絞にも似た逆十字絞を紹介している[1]正拳部で絞める片閂からの突込絞と組み方はほとんど同じでこちらは正拳部では絞めない。2018年世界柔道選手権大会バクー男子90kg級3位決定戦でアクセル・クレルジュフランス)はエドワード・トリプルドイツ)にこの技で勝利している[2]

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「コムロックからの逆十字絞」 小室宏二著『柔道 固技教本』晋遊舎
  2. ^ YouTube "Highlights Judo For The World - BAKU WORLD JUDO CHAMPIONSHIPS 2018" 32'05"(1925")頃 2019年4月7日閲覧