片羽絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片羽絞の基本形のイラスト

片羽絞(かたはじめ)は柔道固技絞技12本のうちの1つである。

概要[編集]

片腕を抱えた時に、片方の翼(羽)を広げた様に見える事からこの名が付いた。

アマチュアレスリングでいうハーフネルソンから首を絞める技で、一瞬にして勝利を得られる絞め技である[1]

基本形は右手で相手の首を絞める場合、まず、背後から左手で相手左脇の下から手を差し入れ相手左襟を下へ引き、襟の弛みをなくす。

次に右手を首に回し弛みをなくした左襟をなるべく深く握る。

最後に左手を相手の首の後ろに回し首を前に押し出すようにしながら、右手を引いて頸動脈を絞める。

送襟絞と途中まで同じであるが、左手の使い方が首を後ろから固定するように使う点が異なる。

映像作品『日本の古武道ビデオシリーズ 高専柔道~寝技の真髄~』(高専柔道技術研究会)では崩袈裟固からの片羽絞が紹介されている。相手の右側からの崩袈裟固。相手の右腕を左腕で抱え、左手で相手の左襟を逆手で掴み、右手で相手の左襟を順手で掴んで絞める。片十字絞にも似ている。柔道の試合で阿武教子が極めたことがある。 

ヘリコプターチョーク[編集]

ヘリコプターチョークは片羽絞に包含される。うつ伏せ四つんばいの相手の左から左手で相手の右襟を持ち、相手の左側頭部に右腿を掛ける。相手の右側に後転または側転しながら右腕で相手の右脇を通して右腕を制する。相手を右に横転させ、右手または右前腕部で相手の後頭部を押して絞める。書籍『柔道 絞め技入門』(柏崎克彦小室宏二著)で紹介されている[2]

ワンハンドループチョーク[編集]

ワンハンドループチョークがぶりの体勢から相手もろとも横に回って絞める片羽絞。書籍「柔道 絞め技入門」(柏崎克彦小室宏二ベースボールマガジン社)で紹介されている。

小手絞[編集]

小手絞(こてじめ)は片羽絞の一種である。がぶりの姿勢やガードポジションから右手で相手の右襟をとり、左手首または左前腕で相手の後頭部を抑えながら自らの右手の下に左手を差し込む。左手首を反らして絞める。別名腕絞り(うでしぼり)、ポケット絞(ぽけっとじめ)。

脚注・参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 古賀稔彦 『柔道』 旺文社〈Jスポーツシリーズ5〉、2001年4月。ISBN 4-01-071825-0
  2. ^ 「【片羽絞】背負投をつぶして」『柔道 絞め技入門』(柏崎克彦小室宏二ベースボールマガジン社)2010年

外部リンク[編集]