縦四方固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
縦四方固.jpg

縦四方固(たてしほうがため)は、柔道固技抑込技9本の一つ。

概要[編集]

相手に馬乗りになって(縦に乗って)、抑え込む技。

基本姿勢[編集]

仰向けの相手の胴に両脚でまたいだ「馬乗り」状態から更に胸を密着させて抑え込む。

相手の首や肩を腕で、相手の両足を足でコントロールし、ブリッジや足を絡む動きを封じる。

特徴[編集]

馬乗りはブラジリアン柔術総合格闘技ではマウントポジションと呼ばれている。

マウントポジションは打撃、絞め、関節技へ展開しKOやギブアップを狙うための体勢のため、抑え込み続けることを目的とする縦四方固めと違い、胸の密着を求められない。

詳細はグラウンドポジションを参照されたい。

外部リンク[編集]