木戸慎二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
獲得メダル
日本の旗 日本
男子 柔道
グランドスラム
2014 チュメニ 60kg級
2015 チュメニ 60kg級
2010 東京 60kg級
2013 東京 60kg級
2014 パリ 60kg級
アジア柔道選手権
2015 クウェートシティ 60kg級
ユニバーシアード
2013 カザニ 60kg級

木戸 慎二(きど しんじ、1990年10月2日 - )は、広島県出身の、日本柔道選手である。階級は60kg級。身長161cm。組み手は左組み。段位は弐段。得意技は大内刈、脚三角からの縦四方固[1]。現在はパーク24を退社し、岩倉高校で教員として柔道部の監督をしている。[2]

経歴[編集]

柔道は6歳の時に始めた[1]崇徳中学から崇徳高校に進学するが、3年の時にインターハイ60kg級でベスト16に入ったくらいで際立った活躍は見られなかった[1]日体大に進学すると、1年の時に全日本ジュニアで大学の1年先輩である山本浩史内股で敗れるが2位となった。2年の時には講道館杯グランドスラム・東京で3位になった。学生体重別では3年の時から2連覇を達成した[1]。4年の時には講道館杯で、大学の1年後輩である志々目徹を判定で破って優勝を飾った[1]。2013年に入ると、新ルールとなって最初の大会となるヨーロッパオープン・トビリシで優勝を果たした。春には大学を卒業して、パーク24に入社した[1]。7月にカザニで開催されたユニバーシアード決勝では、ロンドンオリンピックで優勝した地元ロシアのアルセン・ガルスチャンを相手に「日本の柔道が負けるはずないと思っていた」と強気で攻め立てて指導3でリードすると、終了間際に小内巻込で一本勝ちして優勝を飾った[3][4][5]。 11月の講道館杯では2連覇を果たした。 2014年2月のグランドスラム・パリでは3位だったが、7月のグランドスラム・チュメニでは優勝を飾った[6]。11月の講道館杯では決勝で山本に技ありで逆転負けして3連覇はならなかった。 2015年4月の選抜体重別では志々目を指導3で破り初優勝を飾った[7]。5月のアジア柔道選手権では2位にとどまった。7月のグランドスラム・チュメニでは前年に続いて2連覇を達成した[8]

IJF世界ランキングは130ポイント獲得で105位(18/7/2現在)[9]

戦績[編集]

(出典[1]JudoInside.com)。

脚注[編集]

外部リンク[編集]