片十字絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
片十字絞

片十字絞(かたじゅうじじめ)は、柔道絞技12本の1つである。

別名片手十字絞(かたてじゅうじじめ)。

概要[編集]

十字絞の一種。

腕を十字にして、片方の手が順手並十字絞の握り方。すなわち、手の甲が上になる)、もう片方の手が逆手逆十字絞の握り方。すなわち、手の平が上になる。)になる様に、相手の両襟を掴んで、前腕で相手の頸部を絞める技。

十字絞の中で最も、技を連絡しやすい。順手を上にする場合もあれば、下にする場合もある。

中井裕樹は格闘技イベント「骨法・序章 他流試合B 1」においての阿部和也とのエキジビジョン・マッチで横四方固の体勢から逆手で阿部の後ろ襟を掴む片十字絞で終盤1分間ほど試合終了まで阿部を苦しめた。青木真也はこの技を自著『青木真也の柔道&柔術入門』(晋遊舎)で前腕チョーク(ぜんわんちょーく)と呼んでいる。

ガードポジションから相手の左腕を右腕で抱え、右手で相手の右襟を逆手で掴み、左手で相手の右襟を順手で掴む片十字絞もある[1][2]

背後から絞める後十字絞にも片十字絞がある[3]

バット絞[編集]

バット絞(バットじめ)は右手で相手の左襟を左手で相手の右襟を持つ片十字絞。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「片十字絞」 『高専柔道の真髄』31ページ 原書房
  2. ^ 「コムロックからの片十字絞」 小室宏二著『柔道 固技教本』141ページ 晋遊舎
  3. ^ 「幻の技術」 小室宏二著『柔道 固技教本』122ページ 晋遊舎