腕挫脚固

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

腕挫脚固(うでひしぎあしがため)は、柔道関節技10本の1つである。

概要[編集]

相手の腕に自分の両脚を絡めて、相手の肘関節を極める技。

様々なバリエーションがあり、相手がうつ伏せや仰向けになっている体勢からかけることが出来る。

相手がうつ伏せの場合

になった相手の片腕をとり、自分の片脚を相手のもう片方の腕に巻くようにかけて、そのまま、相手の体の上に覆い被さる体勢になる。
このとき、相手の腕に絡ませた自分の脚は、もう片方の脚と4の字のような形に組み、相手の肘の辺りを挟み、そのまま、体を反らせるようにして、相手の肘関節を逆に反らせて極める。
または、亀になった相手の腋下のスペースに素早く脚を入れ、相手の片腕に引っ掛けて伸ばす。
その状態から自分の下腹部で相手の腕を圧して肘関節を極める。
特性上、重量級の選手に向いており、唯一無二と呼べる相性を誇る技である[1]
とりわけ、斉藤仁がこの技を得意としていた。
しかし、最近では重量級でもあまり用いられず専らこの技から抑え込みに移行するほうが多い。
着衣格闘技以外の格闘技では滅多に見ることのない技であるが、柔道出身の桜井マッハ速人は第3回全日本アマチュア修斗選手権の決勝戦で宇野薫にこの技でサブミッション勝ちして優勝している。また、プロレスラー藤原喜明もこの技を得意としている。
柔道界において昭和60年講道館固め技の名称を制定する以前は「腕挫腹固」と呼ばれることが多かった。こののち腕挫脚固以外の腹を使って肘を極める技を腕挫腹固と呼ぶようになった。柔道以外の格闘技界ではその後も腕挫腹固腹固めと呼ばれることが多い。

相手が仰向けの場合

後袈裟固の体勢から、相手の自分側の腕を伸ばして両脚で捉える。
このとき、下になった脚に乗せて相手の上腕を浮かせ、もう片方の大腿部で相手の肘を極める。
映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)で紹介されている。
袈裟固の体勢から同様に極めた場合は腕挫膝固となる。
その他にも、後ろへ捻じるようにして極める場合もある。

一般的には、抑込技などの固技から転じる場合がほとんど。

脚注[編集]

  1. ^ 『上達する!柔道』156頁。

外部リンク[編集]