浮技

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

浮技(うきわざ)は、柔道投技横捨身技15本の一つ。

投の形15本にも含まれている。

概要[編集]

正面から向き合って立った状態から、相手の足首に自分の足首を掛けて、体を横に開きながら倒れこんで投げる技。

相手が踏み出した瞬間を狙って、前隅に重心を崩し、自分の足を相手の踏み出した足の横に差し出す様にしてあてて、体を捨てながら投げる。

浮落隅落等の真空投の要領で、相手を巴投の様に相手を崩して投げる形になる。

名前の「浮」の字の通り、投げられた相手は、最初は「ふわりと浮いた感じ」になるが、その後、「技」という字の通り、「畳や地面に叩き付けられる」といった形になる。

「浮技」という名前に反して、「円を描く様に、相手は投げ飛ばされる。」という、豪快な技である。

右組の場合、相手(受)を右前隅に浮かすように崩し、体を左に開きながら倒れ込み(体を捨て)左足で受の右足の外側に当てて、後方に投げる。

自分の足首の内側を相手の足首の外側にあてるので、小外刈または、支釣込足の様に、小外の形から体を横に開きながら倒れこんで投げる形になる。

体を捨てずに投げると、相撲裾払いに近い支釣込足になる。

大外の形から、体を横に開きながら倒れこんで投げると横分、スライディングして、自分の膝に相手の足首に引っ掛けて倒す様に投げると、横落、足払いから、自分諸共、真横に倒れ込んで投げると、横掛になる。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]