引込返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

引込返(ひきこみがえし)は、柔道投技真捨身技5本の一つ。講道館国際柔道連盟(IJF)での正式名。IJF略号HKG

概要[編集]

基本形はお互いに右組で組み、技を掛ける側(取)は右手で相手(受)の右腕を一本背負投のように抱え受を前方に崩す。

取は体を仰向けに倒れ込み(体を捨て)ながら、脛で受の太腿の内側を跳ね上げ、そのまま後方に回転させて投げる。

帯取返[編集]

帯取返(おびとりがえし)は取は、受の後帯を頭越しにつかみ相手を下に押しつぶすように力を加え、その後、受の反発する力を利用して一気に引上げ、仰向けに倒れ込み(体を捨て)ながら、脛で受の太腿の内側を跳ね上げ、そのまま後方に回転させて投げる引込返。俗称である。試合では、こちらのパターンの方がよく使われる。

元々、帯取返は立っている状態から寝技に引き込むための技の一つであったが、投技としての条件が整っていると判断され、引込返に類する技とすることになった[1]

2010年の世界ジュニア81kg級で2位になった北野裕一がこの技を多用している。

倒れた相手をそのまま寝技に持ち込むパターンも開発され、根﨑裕子がこのパターンを得意とし、よく袈裟固につなぐために使っていた[2]

国際柔道連盟では「帯取返」は手技ハバレリのことである。これは講道館の分類では浮落掬投に分類されていたが[3]2017年4月、講道館技名称に手技「帯取返」が加えられた[4]

脚注[編集]

  1. ^ 醍醐敏郎『写真解説 講道館柔道投技 下』本の友社 1999年 ISBN 4-89439-190-2
  2. ^ 「入門! 一流の技術」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年8月号
  3. ^ 嘉納行光川村禎三中村良三醍醐敏郎竹内善徳『柔道大事典』監修 佐藤宣践アテネ書房、日本 東京(原著1999年11月)、355頁。ISBN 4871522059
  4. ^ 柔道の技名称について”. 講道館 (2017年4月6日). 2019年9月1日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]