引込返

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

引込返(ひきこみがえし)は、柔道投技真捨身技5本の一つ。

概要[編集]

現行のルールで引込返とされる技は以下の二つがある。

腕を抱えての引込返[編集]

お互いに右組で組み、技を掛ける側(取)は右手で相手(受)の右腕を一本背負投のように抱え受を前方に崩す。

取は体を仰向けに倒れ込み(体を捨て)ながら右足で受の右内ももを跳ね上げ、取の後方に回転させて投げる。

後帯をつかんでの引込返[編集]

取は受の後帯を頭越しにつかみ相手を下に押しつぶすように力を加える。

その後、受の反発する力を利用して一気に引上げ、仰向けに倒れ込み(体を捨て)ながら右足で受の右内ももを跳ね上げ、取の後方に回転させて投げる。

帯取返(おびとりがえし)とも呼ばれる。

元々、帯取返は立っている状態(立ち技)から寝技に引き込むための技の一つであったが、投技としての条件が整っていると判断され、引込返に類する技とすることになった[1]

最近では2010年の世界ジュニア81kg級で2位になった北野裕一がこの技を多用している。

現在では、倒れた相手をそのまま寝技に持ち込むパターンも開発され、根﨑裕子がこのパターンを得意とし、よく袈裟固につなぐために使っていた[2]

脚注[編集]

  1. ^ 醍醐敏郎『写真解説 講道館柔道投技 下』本の友社 1999年 ISBN 4-89439-190-2
  2. ^ 「入門! 一流の技術」近代柔道 ベースボールマガジン社、2011年8月号

参考文献[編集]

外部リンク[編集]