突込絞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
突込絞の基本形

突込絞(つっこみじめ)は、柔道絞技12本の1つ。

概要[編集]

柔道絞技の中で、最も簡単に仕掛ける事が出来る技である。

基本の形は右手で相手の左前襟を、左手で相手の右前襟を握り、片方の襟で相手の頸部を刈るようにして絞める技。

仰向けの相手にマウントポジションニーオンザベリーから極め技として使ったり、相手が両脚を閉じたクローズドガードの中のインサイドガードポジションから相手の両脚を開かせるためにとか、立ち姿勢の組手争いの中で使ったりする。

ネクタイ絞[編集]

ネクタイ絞(ねくたいじめ)もこの技に包含される。片手で相手の喉付近で両襟を引っ張ればすべる程度に持ち、もう一方の手も相手の両襟持って引っ張り絞める。ネクタイチョークとは異なる技である。映像資料『講道館柔道 固技 分類と名称』(講道館出版、NHKサービスセンター)で取りあげられている。

片閂からの突込絞[編集]

小室宏二は自著『柔道 固技教本』でガードポジションから相手の片腕を抱える片閂(かたかんぬき)から逆手で襟を持ち、もう一方の手で相手の頚動脈を逆手で襟を持ち拳で絞める逆十字絞片羽絞に似た技も突込絞だと述べている[1]親指側で絞める片閂からの逆十字絞と組み方はほとんど同じでこちらは正拳部で絞める。

外部リンク[編集]

出典[編集]

  1. ^ 「コムロックからの突込絞」 小室宏二著『柔道 固技教本』140ページ 晋遊舎