足車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
足車
足車のイラスト
分類 投技
下位分類 足技
連続技 十字固
返し技 足払い
講道館
技名
英語 Leg wheel

足車(あしぐるま)は、柔道投技足技の一つ。

概要[編集]

自分の足を自分と同じ方の相手の足の足首にあてて支点にし、体を捻る様に(自分の体を開く様に)相手を回転させて投げる技。

上半身は払腰内股のようにしっかり自分の方へ相手を引きつけ、下半身の刈り足は相手の足首を刈り上げる。

払腰との違いは、払腰は、相手を腰に乗せて、相手の膝に足をあてて後ろに足を払う。

太ももから、腰の高さに足をあてると、大車になり、前から自分の足と逆の相手の足にかけると、支釣込足になる。

さらに、足を伸ばして着いたまま支点にして、脇の下から投げると、体落となり、倒れこみながら、体を開く様に投げると横分になる。

地味な技が多い足技の中では、ダイナミックで派手な内股と同じく、豪快かつ派手な技である。

小川直也の得意技としてよく知られていて、全日本柔道選手権大会決勝戦では、1990年(平成2年)に古賀稔彦、1993年(平成5年)に金野潤に対してこの技で一本を決めている。

外部リンク[編集]