釣込腰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

釣込腰(つりこみごし)は、柔道投技腰技16本の一つ。

Tsuri-komi-goshi.jpg

概要[編集]

前回りさばきで腰を低く入れ、すくい上げるような腰の動き(腰に乗せず、腰の回転)と引き手釣り手とで、前下(横)に投げる技。

腰技手技に違いがあるものの背負投とよく似ているが、背負投引き手を利かせて、に投げる(釣り手で襟を釣り上げ、引き手で袖を引く)のに対し、釣込腰は釣り手を利かせ、に投げる(引き手で万歳をさせる様に袖を引き出し、釣り手で襟を釣り上げる)。

元々、浮腰を得意としていた嘉納治五郎に対して、西郷四郎が前に跳んで、これを防ぐ技術を確立し、これに対して嘉納は払腰を編み出したが、今度は西郷が体を反らせて防ぐ防御を考案したため、更にこれに対応するに嘉納が釣込腰を開発したという歴史的経緯を持つ[1]

袖釣込腰払釣込足支釣込足と同じ釣り込み技の一種である。

片襟の釣込腰もあるが、普通に掛けるよりも肩に負担がかかるため、普通の時と同様、釣り手の脇を締めて吊り上げる事が重要である。

Nage no kata - Tsurikomi goshi 1a.svgNage no kata - Tsurikomi goshi 2a.svgNage no kata - Tsurikomi goshi 3a.svg

Nage no kata - Tsurikomi goshi 4a.svgNage no kata - Tsurikomi goshi 5a.svgNage no kata - Tsurikomi goshi 6a.svg

出典[編集]

  1. ^ 老松信一 (1980年8月20日). “柔道小史 -連載10 柔道の技術的発展-”. 近代柔道(1980年8月号)、56頁 (ベースボール・マガジン社) 

外部リンク[編集]