釣腰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Tsurigoshi.jpg

釣腰(つりごし)は柔道腰技の一つ。

概要[編集]

相手の後ろ帯を釣り上げ、腰に乗せて投げる技である。

現在のルールでは帯を持つ組み手に一定の制限があるので、試合で見ることはまれである[要出典]。※帯を6秒以上つかむと「指導」を受ける。

相撲の決まり手では、腰投げにあたる[要出典]

また、跳腰内股に連絡するか、これらの技を帯を持って仕掛けると、櫓投げの様な形になる。

基本形は相手の肩越しに後ろ帯を掴む。別名大釣腰(おおつりごし)。

小釣腰[編集]

小釣腰(こつりごし)は相手の腋の下を通して後ろ帯を掴む釣腰。

類似技[編集]

似た技に、大腰浮腰移腰などがある。

詳しくは大腰#類似の技を参照のこと。

外部リンク[編集]