腰投げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

腰投げ(こしなげ)とは、相撲決まり手の一つである。四つ相撲から相手の体を自分の腰に乗せて投げる技。

珍しい決まり手で、最近の幕内の取組では、2003年1月場所10日目に若の里海鵬に、2004年7月場所2日目には朝赤龍武雄山に決めている。十両では2010年1月場所5日目に、海鵬が千代白鵬にこの技で勝った(十両で決まったのは41年ぶり。1969年春場所で、大文字北の花に決めて以来)。2016年5月場所10日目には宇良出羽疾風にこの技で勝った。

相手を腰に乗せる為には、自分の体勢を低くしなければならず、なおかつ膝を地面につくことはできない。柔道大腰)やレスリングでは基本的な技であるが、相撲での頻度は低い。

しかし、この技は柔道でいえば、どちらかというと、大腰よりも釣腰に形が近い。

また、この技は単に腰に乗せて投げるといってもよいので、腕を抱えながら投げる場合もある。

関連項目[編集]