突き出し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

突き出し(つきだし)とは、相撲決まり手の一つである。相手の胸や顔を掌で突っ張り、土俵の外に出す技[1]。最も基本的な技の一つ。明治から大正にかけての横綱太刀山峯右エ門の突きは強烈で、“一突き半で相手を突き出す”ということから「四十五日(一突き半→一か月半)」の異名をとった。その後も突っ張りの強い力士が一気に突き出しで決めたときには似たような言われ方がされる。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p74

関連項目[編集]