頭捻り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

頭捻り(ずぶねり)とは、相撲決まり手のひとつである。相手の胸に頭をつけ、相手の差手か肘を掴み、頭を軸に相手を捻り倒す技。非常に珍しい決まり手で、平成以降、幕内では1998年3月場所5日目(同年3月12日)で旭豊寺尾に勝った一番が唯一の例である。また、幕下以下では、古市が得意としていた。現役では2013年の7月場所で幕下力士の照強がこの決まり手で勝っており、もこの決まり手を得意とし、毎場所のように決めている。弓取りでも馴染み深い聡ノ富士もこの技を得意とし、1場所で2度決めたことがある。

関連項目[編集]