不浄負け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

不浄負け(ふじょうまけ)とは、相撲の取組中に廻しの前袋が偶発的に外れて陰部が露わになることであり、露わになった側の力士が即座に反則負けとなる。

概要[編集]

相撲の勝敗を決定する要素の一つではあるが、「不浄負け」は通称であり、現在大相撲で82手が定められている決まり手には含まれず、また勇み足腰砕けのような5種の勝負結果(非技)の中にもない。大相撲では日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定の中の【勝負規定】第16条に基づき反則負けが記録される[1]

 勝負規定 第十六条
 前褌がはずれて落ちた場合は、負けである。
     ─日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定

但し、勝負が着いて行司軍配を上げた後に露わになった場合はこの限りではなく、行司軍配に基づく勝敗が優先される。前例は不明であるが、制限時間前に露わになった場合も当該取組の勝敗には影響しない。

相手力士の前立褌を掴んだり、指を入れて引いたりして不浄負けにしようとする行為は禁じ手であり、行った力士は反則負けとなる[1]

 禁手反則 第一条
 相撲競技に際して、左の禁手を用いた場合は、反則負とする。
 (…略…)
 五、前立褌をつかみ、また、横から指を入れて引くこと。
       ─日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定

これはアマチュア相撲でも同様である。

尚、同規定に基づく反則負けが適用される条件は「取組の途中に」「相手の故意以外の原因で」「前袋が外れて」「局部が露わになる」ことであるため、単に廻しの結び目がほどけただけだったり、露わになった箇所が臀部のみだったりした場合はこの限りではない。

通常、廻しは何重にも硬く締めているため、実際に起きることはほとんどない。また、取組中に廻しが緩んでいることが確認でき、勝負を止められる場合は、行司がいわゆる「廻し待った」をかけ、両力士に土俵上で組み合ったまま動きを止めさせ、その間に行司が締め直すことになっている。

実例[編集]

  • 1917年大正6年)5月13日 - 五月場所(本場所)中、男嶌—友ノ山戦で発生。
    • ふとしたはずみで男嶌の前袋が外れ、性器を曝け出す事態となって反則負けになった。ちなみに、男嶌を名乗るだけあって、なかなか立派なモノであったという[2]
  • 1946年昭和21年)4月某日 - 京都で行われた準場所の、不動岩五ツ海戦で発生。
    • 五ツ海の廻しが外れて反則負けになった。
  • 2000年平成12年)5月13日 - 五月場所(本場所)中の三段目の取組、朝ノ霧千代白鵬戦で発生。
    • 朝ノ霧の廻しが外れて反則負けになった。戦後第二次世界大戦後)唯一の例で、本場所に限れば83年ぶりの珍事であったため、日本国内だけでなく海外にも打電され、ニュースになった。翌5月14日発売の日刊スポーツ朝刊では、この不浄負けを東京地区スポーツ紙5紙の中で唯一1面で報道。「大相撲83年ぶり事件 モロ出し」と見出しを打った上で、審判委員たちの「見えてる! 見えてる!!」の叫びを赤明朝体文字で大きさを変えて載せるなど、この日の日刊スポーツの売切店が多数あったほど強烈なインパクトを残した[3]こちらで当時の紙面を閲覧することが出来る)。
    • この取組が行われたのは午後1時過ぎで、NHK衛星第2放送で生中継されていたが、幸いTVカメラの位置からは臀部が映ったのみであり、股間は審判や一部の観客に見えたのみであった[3]
    • 廻しが解けた原因は、朝ノ霧が体重が落ちた時に緩々になってしまった廻しを切断して短めにしていたことであった[3]。切断したのちに再び体重が増え、短くした廻しがギリギリの長さになっていた所を、千代白鵬に廻しを掴まれ、激しい力を加えられたために前袋が外れてしまったのである[3]。廻しが落ちそうになった瞬間、朝ノ霧は咄嗟に千代白鵬の廻しを離して自分の廻しを手で押さえようとしたが手遅れであった[3]。「恥ずかしい。(鳴戸審判長の場内説明も)恥ずかしくて聞こえませんでした」と朝ノ霧は後に語り、時津風理事長は「いくら公開ばやりでも、あんなもんは公開するもんじゃない」と困惑したとされる[3]

類似した事案[編集]

  • 2009年3月場所12日目、幕内の取組において山本山嘉風送り出しで負けた際、嘉風に後ろ立褌を引っ張られ、後ろ立褌が緩んでほとんど外れてしまった[4][5]。TV中継でも山本山の尻の谷間が2秒ほど映像で流れ、館内はこの事態に笑い声や拍手に沸いた[4]。しかし、前褌は外れておらず、局部も露わとなっていなかったため、不浄負けとはならなかった。また嘉風の行為も動きの中での偶然によるものとして反則には問われなかった[4]。山本山は取組後の取材に対して「あれ、反則じゃないんですか?」「もう星とかどうでもいい」とぼやき[4]、翌日の取組後にもなお記者から水を向けられたため「完全、18禁でしょ。あそこ(後ろ立褌)は緩むんです」と反論した[6]。一方、白星を挙げた嘉風は「出し投げを打った瞬間、ヤバいと思った。モザイク入ったんじゃないですか?」と冗談を交えてコメントを残した[4]
  • 2017年3月場所千秋楽、三段目の翠富士一成(伊勢ヶ濱部屋) 対 西山優太郎(尾上部屋)の取組で西山の締込廻しの前垂れが土俵についてしまったのを見て、勝負審判の九重が物言いの手を挙げ、『不浄負け』とみなして翠富士の勝利とした[7][8]。しかし日本相撲協会の勝負規定には「前褌がはずれて落ちた場合は負け」とされるが、「締込廻しの前垂れが落ちても負けではない」と規定されており、明らかな勝負審判の誤審であった。この取組を裁いた行司の式守友和[8]は翠富士に軍配を挙げてしまっていたために勝敗は取り消せずにそのまま翠富士の勝ちが確定したが、日本相撲協会は取組終了後に春日野清隆広報部長が「審判の認識不足」と見解を表した上で、当該の一番を検査した審判5人に対して厳重注意を行った[7][8]

その他[編集]

  • もろ出し」と言うこともあるが、これは「もろ差し」をもじった俗称であり、当然ながら相撲の用語として使われることはない。
  • ファミリーコンピュータのゲームソフト『つっぱり大相撲』では、取組中に出場力士の廻しが外れて勝負が付くことがあり、その際の決まり手をゲーム内では「もろだし」と表記していた。同作品は他にも「ぶれえんばすたあ」や「すうぷれっくす」など、実際の大相撲にない決まり手を採用していた。
  • 2004年のNHK大河ドラマ新選組!』(脚本:三谷幸喜)の中で、島田魁(演:照英)が相撲に参加してふんどしが切れるシーンが放送されている。
  • 永井豪作の漫画『イヤハヤ南友』ではスポーツ大会で相撲の試合に引っ張り出された小柄で非力な主人公が、これを狙う話が出てくる。素早く背後に回って瞬時に結び目をほどく、という手法であったために「五、前立褌をつかみ、また、横から指を入れて引くこと」という禁じ手の基準にも触れず、反則にならなかった。

脚注[編集]

  1. ^ a b 財団法人 日本相撲協会寄附行為施行細則附属規定(抜粋)”. MMTS相撲. 2018年5月14日閲覧。
  2. ^ 大相撲力士名鑑 平成二十九年版より引用。
  3. ^ a b c d e f 見えてる見えてる…大相撲83年ぶりモロ出し/復刻”. 日刊スポーツ (2016年5月14日). 2019年11月22日閲覧。(オリジナルは日刊スポーツ:2000年5月14日付1面)
  4. ^ a b c d e 山本山お尻全開、TVに2秒/春場所”. 日刊スポーツ (2009年3月27日). 2019年11月22日閲覧。
  5. ^ 山本山のお尻があらわに/春場所 2009年3月26日 サンスポ
    あわや!?山本山の尻があらわに…春場所12日目 2009年3月26日 スポーツ報知
  6. ^ 18禁山本山が豊ノ島相手に7勝目/春場所”. 日刊スポーツ (2009年3月27日). 2019年11月22日閲覧。
  7. ^ a b “土俵にまわし「前袋」、反則負けに…実は誤審でした”. アサヒ・コム. 朝日新聞社. (2017年3月26日). http://www.asahi.com/articles/ASK3V4SHLK3VUTQP01M.html 2017年3月26日閲覧。 
  8. ^ a b c “三段目で珍事 まわしの前垂れ土俵につき負け通告”. ニッカンスポーツ・コム. 日刊スポーツ新聞社. (2017年3月26日). http://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/1798078.html 2017年3月26日閲覧。 

関連項目[編集]