網打ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

網打ち(あみうち)とは、相撲決まり手の一つである。両手で相手の差し手を抱え、体を開くと同時に相手を自分の後方へねじり倒す技。漁師投網を打つような格好に似ている事から名付けられたと言われている。

大相撲ではあまり見ることが無い珍しい技の一つだが、昭和時代の1987年1月場所では横綱千代の富士巨砲に、平成時代に入ってからは1991年11月場所で大関霧島三杉里にこの決まり手で勝利した。それから15年後の2006年7月場所に横綱朝青龍琴光喜戦で、最近では2010年1月場所に横綱の白鵬豊ノ島戦で、2014年7月場所に横綱の日馬富士戦で、同年11月場所に千代大龍蒼国来戦で、2018年11月場所に安美錦大奄美戦で、それぞれこの技を決めている。

関連項目[編集]