切り返し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

切り返し(きりかえし)

  • 相撲決まり手の一つ。自身の左(右)足を相手の右(左)の外側から出すようにして相手の膝の裏側に自身の膝を当て、相手を後方に倒す技[1]。相手の膝裏を自身の内股に乗せるようにしてテコの原理で倒す型も存在する。半身ないし背部を相手に預ける姿勢を取っている場合、外掛けが切り返しと判定されやすい。柔道の小外刈に相当する技である。現役力士では豪栄道が得意としている。
  • 剣道の稽古方法(基本稽古)のひとつ。正面打ちと左右の面打ちを交互にを打つもの。
  • 野球バッティングゴルフのスイングで、手首の向きを変える瞬間のこと。
  • 映画用語クロスカッティング(カットバック)、あるいはリバースショットのこと。
  • 味噌などを発酵の途中でかき混ぜて、底の方にあった部分を空気に触れさせること。
  • 自分に向けられた質問や発言に対して、適切な応答を返すこと。
  • 自動車の運転において、1回では曲がりきれないときなどに、少しバックしてから曲がり直すこと。
  • アメフトにおけるカットバックのこと。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p75
  2. ^ Mainoumi vs. Takanohana : Nagoya 1994 (舞の海 対 貴ノ花) Youtube

関連項目[編集]