ハズ押し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ハズ押し(はずおし)は、相撲の基本的な技術のひとつ。

本来は手の形のことを言う。親指を立て、他の4本の指を伸ばした形のことで、それが矢筈に似ていることから、この名がある。この手が逆ハの字を描くように傾け、相手の脇の下などにあてがって、押して出ることが、つまりハズ押しである[1]。特に親指以外の4本の指を脇に入れ、親指を胸の方に出して腕を掬い上げれば攻守を兼ねた効果が出る。左ハズ、右ハズ、もろハズがある。下から上へ押し上げることが重要[2]

近年では、大相撲関係者の中でも「相手の脇に手をあてて押すこと」がハズ押しとの誤解も多くなってきている。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p70
  2. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号特別付録 相撲用語&決まり手図解ハンドブック p2