外掛け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
  • 相撲の決まり手。本項で説明する。
  • ブラジリアン柔術において、足関節技スイープを仕掛ける際に相手の脚を外側からからみつく反則行為。非常に厳しいペナルティが降され、即反則負けになる。

外掛け(そとがけ)とは、相撲決まり手の一つである。片足を相手の足の外側から掛け、重心を崩して倒す[1]

柔道小外掛にあたる技である。

体を開かずに腕だけで投げに行く強引な投げ技に対しての非常に有効な逆転技の一つであり、上位力士が強引な投げで下位力士にこの技で負けてしまう波乱が起こる事もしばしばある。1939年1月場所4日目、それまで無敵の69連勝を続けてきた大横綱双葉山を、当時前頭3枚目の新鋭安藝ノ海節男が左外掛けで(翌日の新聞ではなぜか全て「右外掛け」となっている)下し、文字通り「世紀の一番」となった。この一番も頭を下げて食い下がる安藝ノ海に対し、体を起こそうと双葉山が腰高のまま下手投げを打った直後に決まったものである。

現役力士では安美錦が得意としており、横綱朝青龍白鵬に対してもこの技で勝った事がある。他にも、豪栄道佐田の海もこれを得意手としている。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p75

関連項目[編集]