踏み出し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

踏み出し(ふみだし)は相撲の非技(勝負結果)の一つで勇み足とは違い戦意が無く、土俵外に出た場合や相手とぶつかってもいないのに後ろに下がって出てしまう場合がある。

2001年(平成13年)1月場所より勝負結果として採用されており、最近では2014年(平成26年)7月場所7日目の大関稀勢の里-嘉風戦(嘉風●)、同年1月場所5日目の豊響 - 大関鶴竜戦(豊響●)、2013年(平成25年)7月場所9日目の阿覧 - 嘉風戦(嘉風●)でそれぞれ記録されている。

有名な対戦[編集]

制限時間いっぱいになったが、朝嵐は土俵内にごみが落ちていたため、待ったをかけて土俵の外へ出て捨てた。しかし、その行為に物言いがつき、審議の結果「時間いっぱいの後に土俵を出たため戦意無しとみて反則負け」となった。朝嵐は納得がいかなかったため、後で審判室で抗議したが決定が覆ることはなかった。
ただし、この対戦が行われた当時は踏み出しが勝負結果として採用されていなかったため、公式記録は『反則』であった。

関連項目[編集]

  • 世にも奇妙な物語-中村獅童が主人公を演じた『遠すぎた男』という話で、主人公が誰からも近づかれないため力士になり横綱まで登りつめたが、勝負結果は全て「踏み出し」だったというオチ。

外部リンク[編集]