掛け投げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

掛け投げ(かけなげ)とは、相撲決まり手の一つである。

概説[編集]

内掛けの状態から、そのまま跳ね上げるように投げる技。相手が片足立ちでこらえると、跳ねることから「けんけん」とも呼ばれる。柔道内股とよく似ている。大正横綱が名手として知られた。

返し技としても使われる[1]

2014年(平成26年)9月場所千秋楽の結びの一番、横綱白鵬が横綱鶴竜にこの技で勝利し、歴代2位に並ぶ通算31回目の幕内最高優勝を果たした。

さらに最近では、幕内時天空隆の山が、十両ではかつて維新力がこの技を決めたことがある。また、2012年(平成24年)の大相撲トーナメントでは白鵬が決勝で豪栄道に対してこの技を決めている。

2019年(令和元年)9月場所で十両経験者の天空海が幕下の取組で幕内経験者の荒鷲王輝を相手に一場所で2回も決めている。天空海は2021年(令和3年)9月場所でも4度掛け投げを成功させている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 相撲の決まり手の「基本技」と「投げ手」珍技を解説”. 【SPAIA】スパイア (2020年1月12日). 2020年11月16日閲覧。

関連項目[編集]