寄り倒し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寄り倒し(よりたおし)とは、相撲決まり手の一つである。四つに組んだ体勢になって自分の体を対戦相手に密着させ、前か横に進みながら相手を土俵外へ倒す技[1]。土俵上で倒せば、浴びせ倒しになる。英語では"Frontal crush out"と呼ぶ[2]

1988年11月場所千秋楽結びの一番、西横綱大乃国が、53連勝中で26回目の幕内優勝を決めていた、東横綱千代の富士を破り、見事54連勝を阻止した。また、これが昭和時代最後の取組となったために、まさに大相撲界での歴史的な一番となった。

さらに、2010年1月場所千秋楽結びの一番では、既に25回目の幕内優勝を決めた西横綱朝青龍に対して、東横綱白鵬はこの技で勝利し、意地を見せつけた。だが朝青龍は当場所後に突然現役引退を表明したため、これが現役最後の相撲となった。

2017年3月場所13日目に日馬富士が稀勢の里に対して決め、稀勢の里は左肩の大けがを負った。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p74
  2. ^ 大空出版『相撲ファン』vol.06 p106

関連項目[編集]