送り吊り出し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

送り吊り出し(おくりつりだし)とは、相撲決まり手の一つである。相手の後ろにまわり、相手のを取って引き付け、相手を吊り上げて土俵の外に出す技。2000年12月に決まり手として制定された、新しい技である。

決まり手制定以降、幕内では2度記録されており、2004年9月場所11日目で琴欧州普天王に、2005年11月場所10日目で朝青龍安馬(のち日馬富士)に、それぞれ決めている。なお、十両でも1度記録されており、2007年11月場所6日目で将司琴春日に決めている。

関連項目[編集]