寄り切り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

寄り切り(よりきり)とは、相撲決まり手の一つである。四つに組んだ体勢になって自分の体を対戦相手に密着させ、前か横に進みながら相手を土俵外に出す技。もっとも良く見掛ける決まり手の一つである[1]

まわしを取って寄った場合にも、土俵際ではまわしから手を離して胸等を押すことで決着をつける場合があり、この場合には決まり手としては押し出しとなる。これは寄り切れなかったと言うより、最後はむしろその方が決めやすいと言う面もある。

少なくとも、幕内に限れば、最も多く用いられる決まり手である。2014年に開催された6場所における幕内の全取組1828番のうち、決まり手が寄り切りとなった相撲は542番と約3割を占めた。(以下、押し出しの332番、叩き込みの165番と続く。)

転じて、一般社会でも、ある論にこだわって、反論に対して粘り抜いて説き伏せたのを『寄り切った』と言うことがある。

脚注[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p74

関連項目[編集]