二丁投げ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

二丁投げ(にちょうなげ)とは、相撲決まり手のひとつである。自分の右(左)足を相手の右(左)足の外側に当て、払うように投げる技。二丁とは二本の足のことである。柔道払腰大外刈と似ている。腕の位置は問わないので、上手からでも下手からでも、また廻しを取っても取らなくてもよい。

幕内では2007年9月場所12日目、春日王普天王に対して決めた。これは1996年3月場所初日、関脇時代の魁皇浪之花に対して決めて以来、11年ぶりのことであった。ほか1992年5月場所2日目でも、関脇の琴錦寺尾戦で、この決まり手により勝利している。

さらに遡れば1991年5月場所2日目、当時小結貴闘力大関霧島に対して、土俵の中央で鮮やかな二丁投げを決めていた。(ちなみに貴闘力はこれを含めて通算3回この技を決めている)その後1992年7月場所の11日目にも貴闘力は、この場所平幕優勝を果たした水戸泉に対し、逆転の二丁投げを狙ったがこれは強引過ぎて空振りに終わり、送り出しで敗れている。

なお十両の取組を含めると、2013年9月場所初日の十両の取組で朝赤龍千代鳳にこの技で勝利している。

2003年1月場所の2日目、当時前頭筆頭の雅山が、横綱貴乃花に対して下手を深く取られるも、その直後土俵中央で二丁投げが決まり見事に貴乃花を裏返し、行司軍配も雅山の方にあげられた。しかし審判団からは物言いがつき、両者同体取り直しとなり、その取り直しの相撲は貴乃花が左からの上手投げで勝利した。だがこの取組の結末に視聴者からは、相撲協会に抗議の電話が殺到する事態となる。翌3日目から貴乃花は、この相撲で左肩を痛め途中休場(5日目から再出場するも、9日目に現役引退を表明)。雅山も3日目の当時大関の朝青龍戦で、右足首のケガを悪化させて翌4日目から途中休場したため、非常に後味の悪い一番となってしまった。

関連項目[編集]