首捻り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

首捻り(くびひねり)とは、相撲決まり手の一つである。右(左)腕で相手の首を抱えて左(右)手で相手の差手を抱え、首を抱えた手の方に相手を捻り倒す技。これに対して首を抱えた腕から差し手の方に向かって倒せば首投げとなる。

滅多に出ず、「幻の技」の一つに数えられていたが、平成に入り1996年11月場所6日目、土佐ノ海貴闘力に対して決めたのを皮切りに、近年では、2005年9月場所13日目に朝青龍琴欧州を、2006年1月場所5日目に黒海が琴欧州を、2007年5月場所13日目に朝赤龍安美錦を、2014年9月場所12日目(十両の取組)に徳真鵬旭大星を、2017年1月場所2日目(十両の取組)に宇良青狼を、同場所4日目(十両の取組)に大奄美誉富士を、それぞれこの技で下している。また、琴欧洲はこの技で2度敗れた経験を持つ、数少ない力士である。

関連項目[編集]