翔猿正也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
翔猿 正也
基礎情報
四股名 岩﨑→翔猿
本名 岩﨑 正也
愛称 まさやん、トビ
生年月日 (1992-04-24) 1992年4月24日(31歳)
出身 東京都江戸川区
身長 174.0cm
体重 133.0kg
BMI 43.9
所属部屋 追手風部屋
得意技 押し、叩き
成績
現在の番付 東前頭4枚目
最高位 西小結
生涯戦歴 351勝306敗2休(54場所)
幕内戦歴 154勝159敗2休(21場所)
敢闘賞1回
殊勲賞1回
データ
初土俵 2015年1月場所
入幕 2020年9月場所
趣味 読書、スキンケア[1]
備考
金星2個(照ノ富士2個)
2024年1月28日現在

翔猿 正也(とびざる まさや、1992年4月24日 - )は、東京都江戸川区出身で、追手風部屋所属の現役大相撲力士。本名は岩﨑 正也(いわさき まさや)。身長174.0cm、体重133.0kg、血液型はA型[2]。得意手は押し。最高位は西小結2023年9月場所)。木瀬部屋所属の英乃海は実兄[3]

来歴[編集]

幕内・英乃海(本名:岩﨑 拓也)の実の弟である。兄の拓也は正也が生まれた時の思い出はなく、いつの間にか正也がいたと語っている[1]。幼少期は猿のように飛んだり跳ねたりする落ち着きのない子供であった[1]。相撲を始めたのは、江戸川区立上一色小学校1年生だった頃に兄が通っていた地元の相撲道場(小松竜道場)へついて行ったことがきっかけであった。兄が小松竜道場から葛飾白鳥相撲教室へ移籍した際には、自身も同行して一緒に移籍した[4]。この相撲教室には1つ年上で小学校は別であったが同じ幼稚園だった幼馴染の剣翔がいた。この頃は相撲以外にもサッカーや水泳、野球に親しみ、将来はプロ野球選手になることを志していた[5]。しかし、英乃海や剣翔と同じく葛飾区立大道中学校へ進学すると相撲と野球の両立ができなくなったため、野球を諦めて相撲一筋となった[4]。野球を諦めたのは、道場の稽古が厳しくて「野球に専念したい」とは言い切れなかった末の結果であった[6]

中学校3年次に出場した全国中学校相撲選手権大会で団体優勝したことにより団体戦の楽しさに目覚め、高校は英乃海や剣翔と同じく埼玉県埼玉栄高校へ進学した[4]。高校の同期には北勝富士がいる。2年次には全国高等学校総合体育大会相撲競技大会の団体優勝に貢献するなどの活躍を見せたが、3年次の同大会では団体優勝をできなかった。埼玉栄高校で活躍していた岩﨑は当時の同年代の高校相撲選手の憧れであり、宇良は2021年9月場所中日に岩﨑との幕内初顔対決を制した際に「自分は高校の時、全国大会とか出られる身じゃなかったんで、ずっと翔猿関の活躍を見ていて…。体も大きくないのに、すごいなと思って見ていました。その時のことを思うと、この土俵で戦えたことは勝ち負け関係なくうれしかったですね」と振り返った[7]

高校生時代には将来の進路として保育士を志したこともあったが[4]、相撲の道を選んで英乃海や剣翔と同じく日本大学に入学した。経済学部経済学科に進むと相撲部に入った。やはり中学で野球を諦めた時と同様に本心を言い切れなかったため、保育士の夢を諦めることとなってしまった[6]。大学の同期には大奄美(本名:坂元 元規)がおり、1年次に出場した東日本学生相撲新人選手権大会では、坂元と決勝戦で対決して敗れて準優勝となった。同じ年の東日本学生相撲個人体重別選手権大会100キロ未満級で初タイトルを獲得し、2年次には全日本相撲選手権大会で16強入りなど、実績を積み上げた[5]。3年生でレギュラーの座を掴むと東日本学生相撲選手権大会で団体優勝するなど、団体戦のタイトルも獲得したが、右足首を骨折して1年間相撲が取れなくなる[4]。4年次には相撲部の副将[8]となって団体戦レギュラーの座にも復帰したが、満足できる実績は残せなかったことで、大相撲入りを決意した[4]

大相撲入りにあたっては、既に兄の英乃海は木瀬部屋に入門して十両まで上がっていたが、「兄と同じだと甘えが出る」[9]と敢えて兄とは別の部屋を選び[4]、大学相撲部の2年先輩である遠藤や、幼馴染の剣翔が所属する追手風部屋(元前頭・大翔山)へ入門し[5]2015年1月場所で初土俵を踏んだ[10]。この場所の前相撲は、同期生で立命館大学出身の大元と十両経験者の飛翔富士に敗れて3勝2敗だった[5]。同年3月場所で序ノ口に上がると、4場所連続の6勝1敗で11月場所には早くも幕下へ昇進した。幕下昇進後も負け越し知らずで番付を上げて、2016年11月場所では関取目前の東幕下3枚目まで上がったが、2勝1敗から4連敗を喫して自身初の負け越しに終わった。2017年4月12日の春巡業横須賀場所では安美錦に稽古づけられる場面が伝えられた[11]。同年5月場所では西幕下2枚目で6勝1敗の好成績を残し、7番相撲で敗れたため幕下優勝は逃したが、場所後の番付編成会議で7月場所での新十両昇進が決定し、昇進に合わせて「翔猿」へと改名する予定であることが発表された。これにより、兄の英乃海とともに史上18組目の兄弟関取となる[12]。また、別々の部屋に入門した兄弟による兄弟同時関取は、史上3組目の事例である。十両昇進以降名乗る「翔猿」の四股名の由来は自身が申年生まれで、自らの動きを「猿みたい」とみていることから[13]。十両昇進時に、軽量でも一度当たった上で、スピードを生かした引きや、いなしで相手を崩す相撲を目指していることが伝えられた[13]。翔猿は「他の力士がまねできない速い相撲を取りたい」と意気込んだ[13]。日大の先輩である石浦との小兵対決を夢見ていることも同時に明かしている[14]。しかし、新十両の場所は西十両14枚目で6勝9敗と負け越してしまい、壁に跳ね返された。なお、この場所初日の十両土俵入りでは所作を終え土俵を回り、土俵下に下りる場所を間違えてしまった[15]。9月場所は幕下に逆戻りであったが、8月6日の夏巡業長岡場所では朝稽古から豊山朝乃山旭大星東龍と熱心に稽古を続けていた。小兵で持ち味の動きの良さを活かし、長身の東龍の下にもぐるなどいろいろな形を試していた[16]。9月場所は東幕下2枚目で5勝2敗の好成績を残した。普段であれば場所後の関取復帰は確実に近い成績だったが、この場所は十両から幕下に落ちる星の力士が2人しかいなかったこと、東幕下筆頭で4勝3敗の貴源治と東幕下3枚目で6勝1敗の舛の勝が地位と星取の関係上優先して昇進となったことから、場所後の昇進を阻まれる不運に見舞われた。続く11月場所は西幕下筆頭の地位で迎えた。3勝3敗で迎えた7番相撲で、この場所二度目となる十両の土俵に上がり、矢後を相手に立ち会いで蹴手繰りを仕掛けたものの不発に終わって敗れ、3勝4敗として再十両とはならなかった。

幕下時代の翔猿(2017年11月12日撮影)

2018年は西幕下3枚目で迎えた。この場所は4勝3敗の成績だったが、十両からの陥落者が多かったため、場所後の番付編成会議で3月場所での十両復帰が決まった[17]。再十両からは2場所続けて7勝8敗と負け越したが、番付運に恵まれてこの間僅かに半枚しか番付が落ちなかった。7月場所では9勝6敗と、4場所目にして十両で初めての勝ち越しを経験した。

2020年9月場所に新入幕。11代追手風の部屋創設後の追手風部屋としては、兄弟子の剣翔以来、1年ぶり10人目の幕内力士となった[18]。また、学生相撲出身者としては100人目の幕内力士となった[19]。新入幕の際のオンライン会見では「楽しい相撲を見せる。相手を翻弄して速い相撲、トリッキーな相撲を見せたい」と、にこやかに語った[20]。この場所は初日から4連勝するなど、序盤から白星を積み上げた結果、6日目に全勝力士が消滅したことで優勝争いの先頭に1敗で並ぶことになった[21]。中日に敗れて2敗に後退するも、他の1敗力士が全員敗れたため優勝争いのトップに並び続けた[22]。14日目には新入幕ながら結びで3敗の大関・貴景勝戦が組まれて敗れて優勝争いのトップから脱落[23]。千秋楽はただ一人2敗の関脇・正代戦となり、勝てば12勝3敗で優勝決定戦に進出することができたが[24]、本割で敗れて優勝決定戦に進出することはできなかった[25]。しかし、11勝4敗の成績が評価されて敢闘賞を受賞した[26]

西前頭4枚目でむかえた11月場所では、上位力士相手に苦戦を強いられたが、9日目には全勝の大関・貴景勝を破る活躍を見せた。12日目に負け越しが決まった後も、元大関の髙安蹴返しで破る見せ場をつくった。最終的には6勝9敗で場所を終えた。

2021年3月場所では、連敗スタートとなるも11日目に新入幕以来の勝ち越しを決めた。その後、再び連敗したこともあり、優勝争いからは脱落するも、14日目には3敗で優勝争いのトップに立つ小結・髙安を激戦の末、首捻りで破る活躍を見せた。千秋楽も勝利し、この場所は10勝5敗で終えた。2022年7月場所は新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性があるため13日目から休場し、8勝5敗2休で場所を終えるが、翌9月場所は5枚半上昇という番付運に恵まれて東前頭筆頭の番付となり、自己最高位を更新した。9月場所は2日目に横綱照ノ富士を破り初めて金星を獲得した。立合いで頭からぶつかり、距離を取って攻めてからもろ差しで出す、事前の対策通りの相撲であった[27]。金星が評価され、千秋楽の隆の勝戦に勝てばという条件付きで殊勲賞受賞が決定することとなったが、勝って10勝5敗となり実現[28]。千秋楽の取組後「新入幕の時は僕の相撲を分からないでたまたま勝ったことが多かった」と話しつつも「力が付いて実力で勝つ面が多くなっています」と手応えを得ていた[29]。新三役が確実視される中、10月10日の秋巡業千葉場所では「三役からが力士として一流かなと思います。しっかりと定着したい」と思いを口にしつつ、自慢の押し相撲に磨きをかけるべく「翔猿からゴリラになるように、もっとパワーをつけたい」と意欲も見せた[30]。10月31日に発表された令和4年11月場所番付で、初土俵から46場所かけ正式に新小結昇進となった[31]。11月場所は、7勝8敗で関脇から小結に落ちる大栄翔、小結で勝ち越した霧馬山がおり、関脇も若隆景、豊昇龍共に勝ち越したため、小結に挙がる枠は本来であればなかったが、東前頭筆頭で2桁白星を挙げた翔猿を小結に上げない訳にはいかず、小結に東西2枚目が設けられたため、東の小結2枚目に名前が載った。新三役会見では「(番付のしこ名が)虫眼鏡で見ないとわからない時代からやってきました。大相撲に行くなら三役を目指してやりたいと思っていたので、すごくうれしかった。でも、もう喜びは終わりました。後は上を目指すだけ。まだ上があるので安心していられないです」と気を引き締め、初土俵から所要46場所、学生相撲出身としては2位のスロー昇進となった(1位は嘉風の61場所)ことに翔猿は「少しずつコツコツやってきたので、それが実った」と実感を込めた。「猿」から「ゴリラ」へパワーアップできたかどうかについては「まだまだですけど、40%ぐらい」「まだ猿です。鍛えて体が大きくなるのがベスト。ただ食べて太るのではなく鍛えて太りたい」と道半ばであると答えたが、場所の抱負を「ここからどれだけ追い込めるかが勝負。とりあえず勝ち越しを目指して、そこから」と語った[32]。2023年7月場所3日目には照ノ富士と56秒の長い相撲の末に寄り切りで勝負を決め、自身2つ目の金星を獲得。取組直後は極度の疲労により視界がおぼつかなかった旨を語っている[33]

8月8日の夏巡業奥州場所でのぶつかり稽古後、呼吸困難に陥り救急搬送されていた。脱水症状となっていたが救急車に乗り込む時も意識ははっきりしていた様子。ぶつかり稽古が終わってから救急車が出発するまで約30分を要した。異変に気付いた親方衆に促されて北青鵬と熱海富士が救助に入り、2人がかりで抱えられて花道を下がった[34]。翔猿は詳しい原因を明かさなかったが「体力がなかっただけ」と振り返った。11日まで、じんましんや息苦しさが残ったというが、回復の経過は順調であると報じられた[35]。日大時代の同期生で翔猿を一番仲の良い、応援する力士としている網谷勇志は「なぜ救急搬送されるまで30分間も翔猿を放置したのか」「なぜ脱水症状でフラフラだった翔猿を歩かせて花道を下がらせたのか」とこの救急搬送の直後に緊急で収録・公開した動画において対応を批判し、怒りを露わにしていた[36]

取り口[編集]

  • 突き押し力士であるが、大抵は動いて相手を翻弄してから土俵を丸く使った末に引き技で仕留める。動くと強い一方でまともに正面に引くとそのまま土俵を割ってしまう。
  • 幼少期から多くのスポーツ競技を経験して磨いた運動神経は現役関取の中でも特筆すべきもの[37]
  • 十両の土俵では体格差を突かれて負けることが目立ち、2017年7月場所初日の阿炎戦で突き出しにより勢い良く土俵下に落ちた際には「(負けて)飛びましたね、土俵下に」と笑いながら自虐的なジョークを言った[15]。2017年7月場所中日の明生戦で黒星を喫した際には「今日は駄目な引きでした。正面に引いてしまった」と自らの相撲を反省している[38]
  • 蹴手繰り蹴返しも得意[39]
  • 幕内昇進前の十両で低迷していた頃に基本の突き押しを見直すと同時に体重増加に着手。これにより十両昇進当初よりも確実に地力が上がった[40]。2020年11月場所中のスポーツメディアの記事では「立ち合いは頭で当たって、脇を締めて低く前へ出る。決まり手ははたき込みが多いのだが、前へ出る力があるからこそ、繰り出す引きやはたきも決まるのだ」と評されている[37]
  • 2020年9月場所7日目の千代大龍戦では体格差に怯まず真っ向勝負を仕掛けて白星を得た。この相撲で見せた度胸は北の富士勝昭からも評価された[41]
  • 2020年9月場所で自ら切符を買って観戦した杉山邦博は「翔猿には驚きました。十両時代を知る者からしたら、全く別人が出てきたようです」と評していた[42]
  • 2021年7月場所7日目の白鵬戦は出方ばかりを窺った挙句投了の如く左を差しに行って上手投げに敗れた相撲となり、北の富士勝昭から「あれは相撲じゃありません。あれは初切です」と酷評された[43]
  • 2022年11月場所3日目の立合い変化から玉鷲に勝った相撲を花田虎上は自身のコラムで「『こんなこともやるんだ』と思わせるだけでも効果十分」と評され「30歳という年齢を感じさせない若々しい相撲で土俵を沸かせています」と若々しさを褒められた[44]

人物[編集]

  • 冗談好きな性格であり、2020年の正月に2019年11月場所で敗れた一番について葛飾白鳥相撲教室時代の恩師である佐久間幸一から「なんで引いたんだ」と蒸し返されると、「先生に教わったもんですから」と返したという[42]
  • 2020年12月28日放送分『有吉ゼミ』では、1度に餃子を100個(1個25gとすると、2.5㎏に相当)食べることができると明かした。また子供好きでもあり「翔猿幼稚園でも作れたら」と話していた。
  • 化粧水やリップクリームを好んで使うなど肌の手入れには余念がなく、特にリップクリームは角界一使うと自称する[1]
  • 好物は洋菓子(特にプリン、シュークリーム)[1]
  • 好きなアイドルはNiziU(2020年11月時点)[1]ももいろクローバーZのファンでもあり(推しは玉井詩織)、2023年末には同グループが主催するももいろ歌合戦に出演[45]
  • 協会公式プロフィールによると、好きなアーティストは玉置浩二、好物はグラタン、好きな漫画は東京卍リベンジャーズ、好きなTV番組は水曜日のダウンタウン[46]

エピソード[編集]

  • 埼玉栄高校相撲部には、丈夫な体に育つようにという意図からか「1年生はラーメンを食べてはいけない」という決まりがあり、翔猿も1年生の時はそれに従っていた[47]
  • 埼玉栄高校相撲部出身の力士は十両に昇進すると学校から化粧廻しを贈られるが、逆に米500㎏を相撲部に贈呈する「しきたり」もある。翔猿も恩師の山田道紀監督から「(2017年の)夏過ぎでいいからな」と頼まれた[47][48]
  • 2020年末に日本相撲協会公式YouTubeチャンネルが公開した動画の企画で握力測定をしたところ、右手で62㎏を記録した[49]
  • 日本相撲協会は2021年10月26日、翔猿を作品内の「うたのおにいさん」に起用した「翔猿関といっしょに! 相撲健康体操/ハッキヨイ!大相撲 ひよの山かぞえ歌」を27日に発売すると発表した。学生時代には保育士を志したこともあった子供好きの翔猿の夢が叶ったと言える[50][51]
  • 2023年7月場所3日目の結びの照ノ富士戦で不浄負け寸前となり、勝負は一枚廻しで力を出しきれなかった照ノ富士を翔猿が寄り切りで勝利した。

主な成績[編集]

2024年1月場所終了現在

通算成績[編集]

  • 通算成績:351勝306敗2休(54場所)
  • 幕内成績:154勝158敗2休(21場所)

三賞・金星[編集]

  • 殊勲賞:1回(2022年9月場所)
  • 敢闘賞:1回(2020年9月場所)
  • 金星:2個
    • 照ノ富士:2個(2022年9月場所、2023年7月場所)

場所別成績[編集]

翔猿 正也
一月場所
初場所(東京
三月場所
春場所(大阪
五月場所
夏場所(東京)
七月場所
名古屋場所(愛知
九月場所
秋場所(東京)
十一月場所
九州場所(福岡
2015年
(平成27年)
(前相撲) 西序ノ口17枚目
6–1 
西序二段30枚目
6–1 
西三段目66枚目
6–1 
西三段目11枚目
6–1 
西幕下37枚目
5–2 
2016年
(平成28年)
東幕下24枚目
4–3 
西幕下19枚目
4–3 
西幕下13枚目
4–3 
西幕下10枚目
4–3 
西幕下7枚目
5–2 
東幕下3枚目
2–5 
2017年
(平成29年)
東幕下10枚目
6–1 
東幕下3枚目
4–3 
西幕下2枚目
6–1 
西十両14枚目
6–9 
東幕下2枚目
5–2 
西幕下筆頭
3–4 
2018年
(平成30年)
西幕下3枚目
4–3 
東十両13枚目
7–8 
西十両13枚目
7–8 
西十両13枚目
9–6 
東十両10枚目
7–8 
西十両11枚目
8–7 
2019年
(平成31年
/令和元年)
西十両10枚目
7–8 
東十両11枚目
7–8 
西十両12枚目
10–5 
西十両6枚目
7–8 
西十両8枚目
6–9 
東十両10枚目
8–7 
2020年
(令和2年)
西十両6枚目
9–6 
東十両4枚目
10–5[注 1] 
感染症拡大
により中止
東十両2枚目
9–6[注 2] 
東前頭14枚目
11–4
西前頭4枚目
6–9[注 2] 
2021年
(令和3年)
西前頭7枚目
6–9 
西前頭8枚目
10–5[注 2] 
西前頭2枚目
5–10[注 3] 
西前頭3枚目
4–11 
西前頭8枚目
7–8 
西前頭8枚目
7–8 
2022年
(令和4年)
西前頭8枚目
6–9 
東前頭9枚目
9–6 
西前頭5枚目
7–8 
西前頭6枚目
8–5–2[注 4] 
東前頭筆頭
10–5
東小結2
7–8 
2023年
(令和5年)
東前頭筆頭
8–7 
西小結2
6–9 
東前頭3枚目
8–7 
西前頭筆頭
9–6
西小結
6–9 
西前頭3枚目
7–8 
2024年
(令和6年)
東前頭4枚目
7–8 
x x x x x
各欄の数字は、「勝ち-負け-休場」を示す。    優勝 引退 休場 十両 幕下
三賞=敢闘賞、=殊勲賞、=技能賞     その他:=金星
番付階級幕内 - 十両 - 幕下 - 三段目 - 序二段 - 序ノ口
幕内序列横綱 - 大関 - 関脇 - 小結 - 前頭(「#数字」は各位内の序列)

合い口[編集]

いずれも2024年1月場所終了現在。

(以下は最高位が横綱・大関の現役力士)

  • 横綱・照ノ富士には2勝6敗。
  • 大関・貴景勝には6勝5敗。直近では2023年9月場所で勝利している。
  • 大関・霧島には8勝7敗。霧島の大関昇進後は翔猿の2勝2敗。直近では2024年1月場所で勝利している。
  • 大関・豊昇龍には5勝11敗。豊昇龍の大関昇進後は翔猿の1勝2敗。直近では2023年9月場所で勝利している。
  • 大関・琴ノ若には6勝7敗。
  • 元大関・髙安には2勝6敗。
  • 元大関・朝乃山には3敗。
  • 元大関・正代には4勝8敗。
  • 元大関・御嶽海には5勝4敗。

(以下は最高位が横綱・大関の引退力士)

  • 元横綱・白鵬には1敗。
  • 元大関・栃ノ心には4勝1敗。いずれも栃ノ心の大関陥落後における成績である。
  • 最高位が関脇以下の力士との幕内での対戦成績は以下の通りである。
力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数 力士名 勝数 負数
関脇
碧山 4 3 阿炎 2 6 逸ノ城 3 2 隠岐の海 5 2
魁聖 2 1 琴ノ若 6 7 隆の勝 4 3 宝富士 1 4
玉鷲 6 3 妙義龍 5 3 明生 7 4 若隆景 2 8
若元春 2 8
小結
宇良 6 3 阿武咲 5(1) 2 松鳳山 1 0 千代大龍 5 2
錦木 4 2 北勝富士 2(1) 6 竜電 3 1
前頭
天空海 1 2 熱海富士 0 2 石浦 0 1 一山本 3 0
炎鵬 0 1 王鵬 1 0 3 4 金峰山 1 0
豪ノ山 0 2 琴恵光 7 2 琴勝峰 3 1 佐田の海 3 5
志摩ノ海 3 5 千代翔馬 4 1  千代ノ皇 1 0 千代の国 1 2
千代丸 0 1 照強 3 2 德勝龍 2 0 錦富士 2 1(1)
平戸海 0 1 北青鵬 1 0 翠富士 3 4 豊山 1 0
※カッコ内は勝数、負数の中に占める不戦勝、不戦敗の数。太字は2024年1月場所終了現在、現役力士

改名歴[編集]

  • 岩﨑 正也(いわさき まさや)2015年1月場所 - 2017年5月場所
  • 翔猿 正也(とびざる まさや)2017年7月場所 -

メディア出演[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 無観客開催
  2. ^ a b c 東京開催
  3. ^ 3日目まで無観客開催
  4. ^ 2019新型コロナウイルス感染者と濃厚接触した可能性があるため13日目から休場

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f 「角界一リップクリームを使うと思います」 翔猿 大相撲からお肌の手入れまでを語る NHK 2020-11-06 午後 04:00 (2021年12月20日閲覧)
  2. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年5月号(夏場所展望号)別冊付録 平成28年度版最新部屋別 全相撲人写真名鑑 11頁
  3. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年8月号(名古屋場所総決算号) 91頁
  4. ^ a b c d e f g ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2016年9月号(秋場所展望号) 98頁
  5. ^ a b c d ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年2月号(初場所総決算号) 115頁
  6. ^ a b 翔猿は流れ流され気付けば幕内 第2志望の相撲で結果を出す(1/2ページ) 日刊ゲンダイDIGITAL 2020/09/17 06:00 (2020年9月17日閲覧)
  7. ^ 「将来は幕内でわかせよう」翔猿と相撲教習所で誓った宇良 対戦実現に喜び 日刊スポーツ 2021年9月19日18時17分 (2021年9月20日閲覧)
  8. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2015年7月号(名古屋場所展望号) 81頁
  9. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号 p60
  10. ^ “新弟子に埼玉栄の名和ら合格 初場所検査で11人”. デイリースポーツonline. (2015年1月11日). https://www.daily.co.jp/newsflash/sumo/2015/01/11/0007649508.shtml 2017年2月27日閲覧。 
  11. ^ 『大相撲中継』2017年5月27日号39頁
  12. ^ “岩崎改め翔猿、新十両に昇進 名古屋場所番付編成会議”. 日本経済新聞. (2017年5月31日). http://www.nikkei.com/article/DGXLSSXK30107_R30C17A5000000/ 2017年5月31日閲覧。 
  13. ^ a b c 「まねできない速い相撲を」小兵の翔猿、十両昇進 毎日新聞2017年6月9日 11時58分(最終更新 6月9日 12時12分)
  14. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年8月号p102-103
  15. ^ a b 新十両翔猿、黒星発進「飛びましたね、土俵下に」 日刊スポーツ 2017年7月9日16時30分
  16. ^ 『大相撲中継』2017年9月16日号 p11
  17. ^ “貴乃花部屋から初の双子関取誕生、貴公俊が新十両”. 日刊スポーツ. (2018年1月31日). https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201801310000276.html 2018年1月31日閲覧。 
  18. ^ 照ノ富士は前頭筆頭、阿炎は前頭14枚目/新番付 日刊スポーツ 2020年8月31日6時0分 (2020年8月31日閲覧)
  19. ^ ベースボール・マガジン社刊 『相撲』 2020年9月号(秋場所展望号) 12頁
  20. ^ 新入幕翔猿「楽しい相撲見せる」 秋場所大暴れ期す 産経新聞 2020.8.31 14:16 (2020年8月31日閲覧)
  21. ^ 全勝消滅 1敗に6人 [大相撲秋場所](6日目)」『沖縄タイムス』、2020年9月19日。2020年9月27日閲覧。
  22. ^ 貴景勝が2敗目 1敗消え、トップに9人―大相撲秋場所8日目」『時事ドットコム』、2020年9月20日。2020年9月27日閲覧。
  23. ^ 貴景勝 埼玉栄の先輩・翔猿を討ち3敗死守 千秋楽も勝ってV決定戦を待つ」『スポニチアネックス』、2020年9月27日。2020年9月27日閲覧。
  24. ^ 106年ぶり偉業なるか 江戸川区出身の翔猿、新入幕で優勝の可能性残し千秋楽に」『東京新聞』、2020年9月27日。2020年9月27日閲覧。
  25. ^ 正代、翔猿下して初V 大相撲秋場所千秋楽」『時事ドットコム』、2020年9月27日。2020年9月27日閲覧。
  26. ^ 初V正代が殊勲・敢闘賞、新入幕翔猿は敢闘賞 秋場所三賞」『日本経済新聞』、2020年9月27日。2020年9月27日閲覧。
  27. ^ 【秋場所】翔猿が横綱挑戦3度目で初金星「つかまらないよう攻めていく」場所前の対策実った 日刊スポーツ 2022年9月12日20時38分 (2022年9月13日閲覧)
  28. ^ 殊勲賞に横綱、大関を総なめした玉鷲 翔猿は千秋楽勝てば初受賞 高安に敢闘賞、若隆景は技能賞 日刊スポーツ 2022年9月25日13時48分 (2022年9月25日閲覧)
  29. ^ 翔猿「うれしいです」初の殊勲賞に喜び 隆の勝下し10勝目 賞金は「母に賞状ごとプレゼント」 日刊スポーツ 2022年9月25日18時33分 (2022年9月26日閲覧)
  30. ^ 翔猿「もっとパワーを。翔猿からゴリラになるような」確実視される新三役へパワーアップ期す 日刊スポーツ 2022年10月10日16時56分 (2022年10月10日閲覧)
  31. ^ “48年ぶり3関脇4小結 翔猿が新小結、玉鷲は三役復帰―大相撲九州場所”. 時事ドットコム. (2022年10月31日). https://web.archive.org/web/20221030215004/https://www.jiji.com/sp/article?k=2022103100121&g=spo 2022年10月31日閲覧。 
  32. ^ 【九州場所新番付】新小結の翔猿、喜びかみしめ「大相撲に行くなら三役を目指していた」 日刊スポーツ 2022年10月31日12時28分 (2022年11月1日閲覧)
  33. ^ 翔猿が金星獲得の大仕事「やばい、最後勝った時も何も見えてない」横綱の攻め耐えに耐えた56秒 日刊スポーツ 2023年7月11日19時34分 (2023年7月11日閲覧)
  34. ^ 【夏巡業奥州場所】翔猿が救急車で搬送 ぶつかり稽古後に倒れ込み自力で動けず 脱水症状か Sponichi Annex 2023年8月8日 12:05 (2023年8月15日閲覧)
  35. ^ 8日巡業で救急搬送の翔猿が軽快な動き「体力がなかっただけ」経過順調も詳しい原因は明かさず 日刊スポーツ 2023年8月13日19時2分 (2023年8月14日閲覧)
  36. ^ 翔猿が緊急搬送された件で、非常に怒っています【大相撲】 あみたの相撲ちゃんねる Amita Sumo 2023/08/08 (2023年8月15日閲覧)
  37. ^ a b 175cm131kg“いま最も勢いに乗る力士”翔猿 大学相撲部の同級生「相撲は大真面目、プライベートでは…」 Number Web 2020/11/08 11:03 (2020年11月8日閲覧)
  38. ^ 翔猿5敗「駄目」まともに引き土俵下まで吹っ飛ぶ 日刊スポーツ 2017年7月16日16時23分
  39. ^ 英語学ぶ翔猿「flying monkey」は断念 日刊スポーツ 2020年9月2日15時54分 (2020年9月2日閲覧)
  40. ^ 翔猿は流れ流され気付けば幕内 第2志望の相撲で結果を出す(2/2ページ) 日刊ゲンダイDIGITAL 2020/09/17 06:00 (2020年9月17日閲覧)
  41. ^ 御嶽海のだらしのないこと甚だしい限りである…これでは名門出羽海部屋もお先真っ暗【北の富士コラム】 東京中日スポーツ 2020年9月19日 21時10分 (2020年9月20日閲覧)
  42. ^ a b 野球か相撲か…選んだ土俵 江戸っ子翔猿にファン声援 朝日新聞DIGITAL 2020年9月28日 7時00分 (2020年10月2日閲覧)
  43. ^ あれは相撲じゃありません。翔猿まるで自首でもするように左を差しにいって希望通りに吹っ飛んだ【北の富士コラム】 中スポ・東京中日スポーツ 2021年7月11日 05時00分 (2021年7月12日閲覧)
  44. ^ 【若乃花の目】変化はまった翔猿 相手に「こんなこともやるんだ」と思わせるだけでも効果十分 日刊スポーツ 2022年11月15日19時44分 (2022年11月16日閲覧)
  45. ^ 『ももいろ歌合戦』第2弾出場者
  46. ^ 翔猿 正也 - 力士プロフィール 日本相撲協会 (2022年8月14日閲覧)
  47. ^ a b まだ足りない?埼玉栄高相撲部出身の力士 米500キロの恩返し Sponichi Annex 2017年6月22日 16:30
  48. ^ 『大相撲中継』2017年8月12日号 p108
  49. ^ 【握力NO.1関取は誰だ!?】握力横綱決定戦 日本相撲協会公式チャンネル 2020/12/30 (YouTube、2021年1月10日閲覧)
  50. ^ 翔猿が“うたのおにいさん”に抜てき「僕の夢は翔猿幼稚園を作ることです」…相撲協会の子供向けDVD出演へ スポーツ報知 2021年10月26日 17時46分 (2021年10月28日閲覧)
  51. ^ 翔猿関といっしょに! 相撲健康体操日本コロムビア

関連項目[編集]

外部リンク[編集]