外無双

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

外無双(そとむそう)とは、相撲決まり手のひとつである。自分の右(左)手で相手の右(左)足の膝の外側を払いながら相手の差手を抱えて捻り倒す技[1]。10年に一度出るか出ないかといわれるが、近年では旭鷲山がたまに決めていた。古くは二子岳が使っていた。

相撲の決まり手や禁じ手を紹介する花相撲の定番演目である初切では、完全には決まらないが外無双を披露するシーンがある。

レスリング・格闘技における外無双[編集]

 立ち技での外無双は相撲と大差はないが、レスリングではお互いが膝立ち状態になり膠着する場面があり、これを打破するために膝立ちからの外無双が有効で、これで勝敗が決する場面もしばしば見られる。

相撲[編集]

  1. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年7月号 p76

関連項目[編集]