居反り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

居反り(いぞり)とは、相撲決まり手のひとつである。

概要[編集]

上からのしかかってきた相手の懐に潜り込み、両手で相手のを押し上げ、後ろに反って倒す技[1]。相手の膝を押すのではなく腕で抱え上げて後方に反り倒す場合もあり、レスリング(プロレス)のフィッシャーマンズ・スープレックス水車落とし及びその派生技であるリバース・スープレックスやショルダースルーに近い技である。

非常に珍しい決まり手で、平成以降、幕内取組では使われていない。十両では1993年1月場所12日目において智ノ花花ノ国に対してこの技で勝っている[1][2]。また幕下以下では、聡ノ富士が14回決めている。過去には1937年1月場所7日目、大関鏡岩横綱男女ノ川をこの技で破っているが、横綱大関戦で反り技が出ることは当時でも皆無に等しく、非常に珍しい出来事であった。

脚注[編集]

  1. ^ 「観戦必携/すぐわかる スポーツ用語辞典」1998年1月20日発行、発行人・中山俊介、26頁。
  2. ^ 『大相撲ジャーナル』2017年6月号110頁

関連項目[編集]