アームドラッグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アームドラッグArm Drag)は、組み技系格闘技で使われる技術の一種である。日本名は巻き投げ(まきなげ)、手繰り(たぐり)。

概要[編集]

キャッチ・アズ・キャッチ・キャンレスリンググラップリングブラジリアン柔術においては両手で相手の手首とひじの少し上を取り、相手のバックまたはサイドを取る技術を指す。相撲柔道においては同様の技術を手繰り(たぐり)と呼ぶ。

柔術家のマルセロ・ガッシアは、この技から相手の背後に回る動きを得意としている。

プロレス[編集]

プロレスの場合は主に走りこんでくる相手に対して自分の利き腕の対角線にある相手方の腋に腕を差し入れて後方へ自分の体を反らしながらマット上へ横になり、同時に相手を前方に一本背負いのように投げ落とす技のこともアームドラッグと呼ぶ場合がある。アイルランド系カナダ人レスラーのホイッパー・ビリー・ワトソンが得意技としたことからアイリッシュ・ホイップとも呼ばれる。

サルトサイクロン・ホイップアーム・ホイップなどの別名もある。主に試合序盤の攻防に散見されてルチャリブレ系レスラーに使用者が多い。また、かつてはドリー・ファンク・ジュニアジャック・ブリスコリッキー・スティムボートなどの歴代NWA世界王者やジェリー・モローエディ・ゲレロクリス・ベノワらが得意技としていた。

関連項目[編集]