リッキー・スティムボート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リッキー・スティムボート
リッキー・スティムボートの画像
リッキー・スティムボート(2015年)
プロフィール
リングネーム リッキー "ザ・ドラゴン" スティムボート
リッキー・スティムボート
ディック・ブラッド
本名 リチャード・ヘンリー・ブラッド
ニックネーム ザ・ドラゴン
南海の黒豹
身長 180cm
体重 107kg(全盛時)
誕生日 (1953-02-28) 1953年2月28日(63歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州の旗 ニューヨーク州ウェストポイント
所属 WWE
スポーツ歴 レスリング
トレーナー バーン・ガニア
コシロ・バジリ
デビュー 1976年
テンプレートを表示

リッキー・スティムボートRicky "The Dragon" Steamboat、本名:Richard Henry Blood1953年2月28日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーニューヨーク州ウェストポイント生まれ、フロリダ州タンパ出身。

父親がポーランド系英国人、母親が日本人(京都出身タカコ・イトウ)という血統。ニックネームはブルース・リーのイメージから「ザ・ドラゴン」。日本では「南海の黒豹」のキャッチコピーが付けられ全日本プロレスで活躍し、人気を獲得した。

ギミックの設定上、公式プロフィールでの出身地はハワイ州ホノルル全日本プロレス中継では「母国日本」と紹介されたこともある)。

息子はリッキー・スティムボート・ジュニア

来歴[編集]

少年時代を過ごしたフロリダではレスリングで活躍。バーン・ガニアのレスリング・キャンプに参加後、1976年AWAでプロデビュー。ハワイ出身の名レスラー、サム・スティムボートの「甥」という設定のもとリッキー・スティムボートと改名し[1]、デビュー後ほどなくしてフロリダやジョージアを経て、ジム・クロケット・ジュニアの運営するNWAミッドアトランティック地区に移籍。端正な顔立ちと鍛え上げられた肉体を持つアイドル系のベビーフェイスとして、生涯のライバルとなるリック・フレアージミー・スヌーカらと抗争を繰り広げた。同じアイドル系のジェイ・ヤングブラッドとのコンビでも活躍し、レイ・スティーブンス&グレッグ・バレンタインなどのチームを破り同地区認定のNWA世界タッグ王座を再三に渡って獲得した[2]

1980年11月に初来日し、ディック・スレーターと組んで世界最強タッグ決定リーグ戦に出場。開幕戦でアブドーラ・ザ・ブッチャー&キラー・トーア・カマタと熱戦を演じた。以降も全日本の常連外国人として活躍し、ミル・マスカラスジャンボ鶴田らとの好試合を通して日本でも人気を得る。入場テーマ曲にはYMOの『ライディーン』が使われていた。1982年にはヤングブラッドとのコンビで世界最強タッグ決定リーグ戦に出場、ブルーザー・ブロディ&スタン・ハンセンミラクルパワーコンビとの初戦では、その体格差から圧倒的不利が囁かれながらも互角以上の戦いで名勝負を演じ、後年まで語り草となった。また、1984年にはデビッド・フォン・エリック急逝により空位となったUNヘビー級王者決定戦にエントリーされ、天龍源一郎と王座を争った。

1985年WWFに移籍。ザ・ドラゴンのニックネームを与えられ、ジェイク・ロバーツドン・ムラコランディ・サベージらと抗争を展開する。1987年3月29日、レッスルマニアIIIでランディ・サベージを下し、WWFインターコンチネンタル・ヘビー級王座を獲得[3]。この試合はプロレス史に残る名勝負として名高い。スティムボートの大ファンだったクリス・ジェリコはこの時の試合を見てプロレスラーを志すようになったと語っている。

1988年春にWWFを脱退後、「家族と過ごす時間が欲しい」との理由から一旦引退が発表されたが、翌1989年1月21日にフレアーと対戦するためにWCWで現役復帰。同年2月20日、シカゴでフレアーを破り第73代NWA世界ヘビー級王者となる[4]。世界王者として全日本プロレスへも来日を果たし、2代目タイガーマスク(三沢光晴)相手に防衛戦を行い勝利している(全日本での最後のNWA戦となった)。同年5月7日、前王者に敗れて王座転落。このフレアーとのタイトルマッチ3連戦(第2戦は4月2日に行われスティムボートの王座防衛)も、いずれも名勝負としてプロレス史に刻まれている。王座陥落後は、1990年9月に新日本プロレスに初参戦。横浜アリーナグレート・ムタと対戦している。ちなみにこのときの入場テーマ曲にはYMOの『東風(Tong Poo)』が使われていた。

1991年3月、WWFに再登場。ニックネームのドラゴンそのままのコスチュームで火吹きパフォーマンスを行ったが、観客の反応は今一つだった(かつてのライバルの1人リック・ルードは「元NWA世界王者にあんな真似をさせるなんて」と当時のWWFを非難していた)。同年11月からは再びWCWに参戦、主にニキタ・コロフシェーン・ダグラスとのタッグで活動する。しかし1994年"スタニング"スティーブ・オースチンとの抗争中に腰を負傷。この怪我が原因となり、同年に現役を引退した。

引退後は自宅のあるノースカロライナ州シャーロットでジムを経営していたが、2002年から裏方としてプロレス界に復帰。TNAROHを経て2005年からWWERAWチーム)のロード・エージェントとして活動している。日本興行に同行した際には、リング上で往年のチョップ攻撃を披露することもある。

(左から)レッスルマニア25でのパイパースヌーカ、スティムボート

2008年4月、フレアーの引退セレモニーに登場。2009年にはWWE殿堂に迎えられ、プレゼンターはフレアーが務めた。殿堂入りが発表された後のRAWでクリス・ジェリコの襲撃を受け、フレアー、スヌーカ、ロディ・パイパーらレジェンドと共にジェリコとの抗争を開始。レッスルマニア25ではスヌーカ、パイパー(セコンドにフレアー)と組み、ジェリコと1対3のエリミネーション・マッチで久々に試合に登場。試合には敗れたものの、コーナーポストからのチョップやクロス・ボディを放つなど、56歳とは思えぬ現役時代さながらのファイトを見せた。翌日のRAWでもスペシャル10人タッグマッチでRAWのメンバーとして登場した。なお、レッスルマニア25でタッグを組んだスヌーカ、パイパー、そしてスティムボートの3人は共にレッスルマニア第1回大会の出場者でもあり、25回記念大会に花を添えた。

日本にも、2009年7月7日8日の "SMACKDOWN&ECW LIVE" 日本武道館大会に登場し、8日には「レッスルマニア・リマッチ」としてジェリコと対戦。前日特別レフェリーを務めたジェリコvsレイ・ミステリオ戦後にジェリコに暴行された因縁もあり、序盤は猛ラッシュを見せたが、スタミナに勝るジェリコにギブアップ負けを喫した。しかし、ジェリコのウォールズ・オブ・ジェリコを一度は耐え、レッスルマニアでも見せた年齢を感じさせない空中技やロープワークを見せた。

また、後進の指導の一環でハウス・ショーではテストマッチとして若手相手に試合を行なっている(ドリュー・マッキンタイアは長くテストマッチを受けていた)。

得意技[編集]

ダイビング・クロス・ボディ
コーナートップからのダイビング式、相手をロープに飛ばしてのリバウンド式など、若手時代から必殺技として愛用。かつてはライバルのフレアーも隠し技としていた。
サイクロン・ホイップ
彼の代名詞の一つで、この技にかけては最高の名手との評価を受ける。現在でも選手が美しいフォームでこの技を出すと「スティムボートのようなディープ・アームドラッグだ!」と実況される。
バックハンド・チョップ
もう一つの代名詞。いわゆる空手チョップや、ダイビング式空手チョップも使う。
ジャンピング・ショルダー・プレス
若手時代のスティムボートの切り札だった。いわゆるフライング・ボディシザース・ドロップ(テーズ・プレス)なのだが、元祖ルー・テーズジャンボ鶴田のものとは違い、かなり高い打点から相手の胸板、もしくは肩口に正座するようなフォームで決めるのが特徴。向かい合った瞬間その場で突然ジャンプし繰り出す事もあり、鶴田とのシングル初対決では開始ゴング直後にこの技をいきなり放ち、あわや秒殺か、というシーンもあった。
ドロップキック
高い打点と、美しいフォームには定評があった。
フライング・クロスチョップ(フライング・クロス・アタック)
この技も若手時代の得意技。ミル・マスカラスらのものに比べ華麗さは劣るものの、スピードがあり躍動感に溢れたフォームだった。
ジャンピング・ハイキック
相手をロープに飛ばし、リバウンドで戻ってくるところを川田利明のジャンピング・ハイキック、木村健吾稲妻レッグ・ラリアットの中間のようなフォームで相手の喉元、もしくは胸板を蹴る。この技とバックハンド・チョップを見た倉持隆夫アナが「カンフー殺法」と称したが、無論スティムボートにはカンフーの心得がある訳ではない。

獲得タイトル[編集]

ナショナル・レスリング・アライアンス
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・チャンピオンシップ・レスリング
ワールド・レスリング・フェデレーション / ワールド・レスリング・エンターテインメント

入場曲[編集]

エピソード[編集]

  • そのスピードを活かしたレスリングスタイルは多くのレスラーから評価されており、ジョン・シナは雑誌への寄稿で、過去のベストレスラー20人のうちの第4位に挙げ、バティスタも全盛期に戦ってみたいレスラーであるとインタビューで語っている。
  • 自他ともに認めるリック・フレアー最大の好敵手。フレアーも彼については「最も手の合った相手。眼を瞑っていてもお互いの動きがわかった」「最高のベビーフェイスだ。最高のレスラーはヒールの自分だけどね」などと発言しており、若手時代からベテランになるまで数多くの名勝負を残している(フレアーによれば「3000回は戦った」らしい)。
  • 母親は結婚後アメリカに渡って以来、日本に帰国したことがなく親戚との連絡も途絶えていたため、来日の際に母親を同行してTV中継で呼びかけてもらい、親族との再会を果たしたことがある。
  • 息子のリッキー・スティムボート・ジュニアFCWで修行中である。2008年9月、WLWとNOAHの合同キャンプの際、若手選手を指導したリッキーは息子を日本に留学させたい意向をNOAH側に伝え、2009年1月から留学生としてNOAHに参戦した。
  • 日本でのジャイアント馬場との対戦では、ほぼ毎回十六文キックを正面に受けてリング上で仰向けに倒れ、ピクピクと痙攣していた。

脚注[編集]

  1. ^ Sam Steamboat was a Hawaiian legend”. SLAM! Sports (May 4, 2006). 2013年7月12日閲覧。
  2. ^ a b NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月12日閲覧。
  3. ^ a b Intercontinental Championship”. WWE.com. 2013年7月12日閲覧。
  4. ^ a b NWA World Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2013年7月12日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]