ニュー・ワールド・オーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ニュー・ワールド・オーダーNew World Order、略称nWo(エヌ・ダブリュー・オー))は、かつてアメリカプロレス団体WCW新日本プロレスWWEに登場したプロレスラーユニット。アメリカでは「nWoTシャツ」を着た人が街中に溢れ、社会現象にまでなった。

概要[編集]

WCW時代[編集]

1996年発足。結成当初のオリジナル・メンバーはハルク・ホーガンスコット・ホールケビン・ナッシュ

WWFよりホールとナッシュが引き抜かれ、5月27日に「WWFからの侵略者」としてホール、翌週にナッシュがマンデー・ナイトロに登場した。7月7日、PPVバッシュ・アット・ザ・ビーチでWCW正規軍のスティング&レックス・ルガー&ランディ・サベージvsアウトサイダーズ(スコット・ホール&ケビン・ナッシュ)、第3のメンバーは謎のまま試合が始まった。試合が混沌とし始めた中にハルク・ホーガンが登場。WCW正規軍を助けるのかと思いきや、リングインするなりサベージに必殺技のレッグドロップを放ちアウトサイダースに加勢。試合は無効試合となり、ホーガンが「これがニュー・ワールド・オーダー(新世界の秩序)だ。お前たち観客に媚びるのは止めた。お前たちはゴミだ!」などとマイクアピール。翌日のナイトロより、黒と白をテーマカラーとしたヒール軍団nWoが結成された。ストーリー上の設定はユニットではなく、WCWに敵対する"新団体"ということになっていた(これはエリック・ビショフ副社長が新日本プロレスUWFインターナショナルの抗争を参考にしたためとされる)。

アウトサイダーズという名前は、自分達が名乗った名前ではなく、WWF在籍時のリングネームはスコット・ホールがレーザー・ラモン、ケビン・ナッシュがディーゼルという名前であったが、WCWに登場時には、そのリングネームがつかえないために『彼ら』という呼ばれ方をしており、その後、『WCW=インサイダー』VS『彼ら=アウトサイダー』という図式が生まれチーム名となっていった(ニュー・ワールド・オーダーとは、ジョージ・W・ブッシュが演説の中で使用した言葉から引用された)。

メンバーの係わる試合には必ず乱入し、倒した相手の背中に黒のスプレーで「NWO」と書くなど数々の暴挙を行う。8月10日にはホーガンがザ・ジャイアントを下してWCW王座を強奪、ベルトにもスプレーでnWoの文字を書いた。

眼を付けた選手に対してはメンバーTシャツを渡して勧誘。その他数々の斬新なコンセプトでヒールでありながら非常に高い人気を誇った。その後ランディ・サベージやザ・ジャイアントなどの元々WCWに在籍していたレスラーやWCW副社長であるエリック・ビショフ、NBA選手のデニス・ロッドマンまでもが加わり、プロレス界の一大ムーブメントとなった。あくまで団体という設定だったためにnWo主催の自主興行も行われている。nWoブームにより当時WCWとWWFで繰り広げられていたマンデー・ナイト・ウォーズでWWFを圧倒。一時はWWFを倒産寸前にまで追い込んだ。

WCWではWWEのビンス・マクマホンのような絶対的なボスが存在せず、選手の統制が全く取れていない組織だった。そのためヤラレ役をやらされない人気ユニットのnWoに入りたがる選手が続出し、nWoは20人近い大所帯となった。

1998年にnWo結成当初から続くホーガンとスティングの直接対決で、スティングがベルト奪取した事により、対立ストーリーが終了する。その後は、ホーガンとナッシュの不仲ストーリーが進展。アウトサイダーズのスコット・ホールはホーガン派となりチームは解散、ナッシュはコナンと脱退。その後レックス・ルガーが加入し、スティング、ランディ・サベージ等メンバーも増員しnWoウルフパックnWo Wolfpac)という赤と黒を基調にしたnWoが分裂誕生した。残ったメンバーはホーガンを中心としたnWoハリウッドnWo Hollywood)となり、スコット・スタイナー等の新規メンバーも加入した。この頃からWCWのストーリーのマンネリ化と、WWFのアティテュード路線などにより徐々にマンデー・ナイト・ウォーズにおいて劣勢になる。

1999年1月に二つのnWoが合流、二軍nWoブラック&ホワイトも誕生したがしばらくしてストーリーから姿を消す。しかしビンス・ルッソーにより同年末にnWo2000として復活。しかしながら長続きはせず2000年には消滅し、その後復活することはなく2001年3月のWCW消滅を迎えた。

WWF時代[編集]

WWFへの登場は2002年である。当時のストーリーのメインであった、リック・フレアービンス・マクマホンの団体経営権を巡る抗争において、ビンスが「WWFを壊滅させる致死量の毒」としてnWo投入を宣言、2月17日のPPVノー・ウェイ・アウト(頭文字はNWO)にnWoオリジナルメンバーの3人(ホーガン、ホール、ナッシュ)が登場した。ホーガンはレッスルマニアX8でのザ・ロック戦敗戦後にフェイスターンしたために追放されたためメンバーは2人になったが、元メンバーのX-パック(シックス)、ビッグ・ショー(ザ・ジャイアント)らを次々に加入させて規模を大きくしていった。しかし同年5月にスコット・ホールがイギリスツアー中のトラブルにより解雇される。6月に入りブッカー・Tが加入。その一週間後にナッシュのかつての親友であるショーン・マイケルズが新メンバーとしてブッカー・Tと入れ替わりで加入するが、7月にケビン・ナッシュが試合中に大腿四頭筋断裂という重傷を負ったために離脱、その翌週にはビンス・マクマホンが一方的に終結宣言をし、nWoのストーリーは打ち切られた。

TNA時代(the BAND)[編集]

2010年1月、ホールとシックスがTNAに復帰し、ナッシュ、ホール、シックス・パックの3人によって再結成された。ただし、nWoとNEW WORLD ORDERの商標をWWEが所有していることから、ザ・バンドthe BAND)というユニット名を名乗った。シックス・パックが解雇されてからはエリック・ヤングを加入させて巻き返しを計るが、後にホールも6月に解雇され、ヤングはギミックを変えたためにユニットから脱退。8月にnWoウルフパック仕様のフェイスペイントを施したスティング、9月にはディアンジェロ・ディネロが加入し、TNA版フォー・ホースメンであるフォーチュンと、ホーガンとビショフ率いるインモータルの二大ユニットの抗争に割って入ろうとするも次第に出番はなくなり、the BANDは終焉を迎えた。

メンバー[編集]

nWo(オリジナル)[編集]

nWoジャパン[編集]

nWoウルフパック[編集]

nWoハリウッド[編集]

nWo(再結成)[編集]

  • ハリウッド・ホーガン
  • スコット・ホール
  • ケビン・ナッシュ
  • レックス・ルガー&ミス・エリザベス(マネージャー)
  • スコット・スタイナー
  • バフ・バグウェル

nWoブラック&ホワイト[編集]

  • ホーレス・ホーガン
  • スティービー・レイ
  • スコット・ノートン
  • ブライアン・アダムズ
  • ヴィンセント

nWo2000[編集]

nWo(WWE)[編集]

the BAND[編集]

派生およびパロディ[編集]

ロゴをあしらったTシャツはデザインのよさとTシャツを渡してメンバーを勧誘する儀式からプロレス界を超えた人気を呼び、90年代後半頃ファッションとしても流行した。

nWoというプロレスユニットの形態は、WCWのみならず他団体へも大きな影響を与えた。日本では当時WCWと業務提携関係にあった新日本プロレスにおいて、蝶野正洋天山広吉らが「nWoジャパン」を結成し、後に武藤敬司らも参加して一大ムーブメントを巻き起こした。蝶野と武藤(ムタ)はWCWの大会にも参戦しており、WCW側からの選手派遣も行われている。同チームはその後、WCWと新日本プロレスの業務提携解消に伴い前年にnWoを脱退した蝶野によって結成された「TEAM 2000」に吸収されている。

WCWでも、エディ・ゲレロを中心としたlWo(ラティーノ・ワールド・オーダー)というユニットも誕生している。

WWEではランディ・オートンがnWoのロゴをモチーフに「rKo」とプリントされたTシャツを着用している。

メキシコにおいてはAAAで「LLL(Lucha Libre Latina)」が人気を博す。

ECWにおいては、パロディユニットであるbWo(ブルー・ワールド・オーダー)が人気を博した。

JCWではWCWで活動していたハードコア・ヒップホップデュオICPを中心にし、オリジナルnWoメンバーであったケビン・ナッシュとスコット・ホール、Xパックが所属している。

日本でも大日本プロレスにおいて、hWo(北海道・ワールド・オーダー)なるパロディユニットが登場している。

全日本プロレスでは、泉田純(現・泉田純至)が、黒のバックカラーに白字で「PWF」とnWoロゴチックな顔ペイントで登場した事がある。

DDTプロレスリングでは2007年1月28日にプリンス・トーゴー率いる「aWo」(アロハ・ワールド・オーダー)が登場している。また、nWoとWJプロレスをモチーフとした「nWJ」(new World Japan)なるユニットも誕生している。

NEO女子プロレスでは、ホリプロ女子プロレス軍団が中心となった「nEo」が登場している。

ボキャブラ天国では海砂利水魚(現:くりぃむしちゅー)がnWoをモデルにした「bAd」なるヒール軍団を結成したことがある。メンバーは海砂利水魚、X-GUNアンタッチャブルアリtoキリギリス(後に脱退)

影響はコミックにも及び、ゆでたまご作『キン肉マンII世』でも敵陣営の組織名として「dMp」(デーモンメイキングプラント)が登場した(ロゴもnWoのものとそっくり)。

ウッチャンナンチャンのウリナリ!!』で人気を誇ったユニット「ブラックビスケッツ」は、名称こそnWoを踏襲していないものの、ポケットビスケッツの敵として誕生したいきさつや、南原清隆が演じたリーダー・南々見狂也のメイクや立ち振る舞いが明らかに蝶野を意識していたこと、天野ひろゆきも「天山(あまざん)」として牛の角付きマスクをつけて登場していたことなど、nWoジャパンに強く影響されたと思われる部分があった。

リングの魂』にて江頭2:50がnWo(Nanchan World Owarai=ナンチャン・ワールド・お笑い)を結成(その他構成員は番組日のみの参加)しTシャツもパロって着用していた。