スペシャル・デリバリー・ジョーンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
S・D・ジョーンズ
プロフィール
リングネーム スペシャル・デリバリー・ジョーンズ
S・D・ジョーンズ
ルーズベルト・ジョーンズ
本名 コンラッド・エフレイム
ニックネーム 黒い速射砲
身長 185cm
体重 110kg(全盛時)
誕生日 1945年3月30日
死亡日 (2008-10-26) 2008年10月26日(満63歳没)
出身地 アンティグア・バーブーダの旗 アンティグア・バーブーダ
西インド諸島アンティグア島
トレーナー ジョニー・ロッズ
デビュー 1971年
引退 1991年
テンプレートを表示

スペシャル・デリバリー・ジョーンズSpecial Delivery Jones、本名:Conrad Efraim1945年3月30日 - 2008年10月26日)は、アフリカ系アメリカ人のプロレスラー。西インド諸島アンティグア島生まれ、アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨークシティ育ち。

S・D・ジョーンズS.D. Jones)の略称で知られる。「スペシャル・デリバリー」とは速達郵便の意味であり、その異名通りのスピーディーなファイトスタイルが身上。1970年代後半から1990年代初頭にかけて、地元ニューヨークのWWWF / WWFを主戦場に、MSG定期戦の前座に欠かせない名ジョバーとして活躍した。

来歴[編集]

イギリス領のアンティグア島に生まれ、幼少時に家族でニューヨークに移住。ボディビルウエイトリフティングで体を鍛え、ニューヨーク出身のプエルトリコ系黒人選手ジョニー・ロッズのトレーニングのもと、1971年にデビュー。S・D・ジョーンズスペシャル・デリバリー・ジョーンズ)のリングネームWWWFにて活動後、NWAミッドアトランティック地区では黒人レスラーの先輩ルーファス・ジョーンズの「従兄弟」としてルーズベルト・ジョーンズRoosevelt Jones)と名乗り、ルーファスのパートナーとなってミネソタ・レッキング・クルージン・アンダーソン&オレイ・アンダーソン)と抗争した[1]

1975年よりロサンゼルスNWAハリウッド・レスリングに参戦し、1月17日にポークチョップ・キャッシュとの黒人コンビでハリウッド・ブロンズジェリー・ブラウン&バディ・ロバーツ)からNWAアメリカス・タッグ王座を奪取[2]。同年の末から1976年にかけてはフロリダ地区にてトム・ジョーンズと組んで活動した[3][4]。トム・ジョーンズとはロサンゼルスでもタッグを組み、1977年にはアメリカス・タッグ王座に2回返り咲いている[2]

本拠地のWWWFではボボ・ブラジルのパートナーに起用され、1976年下期にジ・エクスキューショナーズ(1号=キラー・コワルスキー、2号=ビッグ・ジョン・スタッド)のWWWF世界タッグ王座に幾度となく挑戦[5]1978年頃よりWWWF / WWFに定着し、ベビーフェイスの中堅としてミッドカード戦線で活躍。1981年下期には、当時の黒人レスラーのホープだったトニー・アトラスと組んでミスター・サイトー&ミスター・フジWWFタッグ王座に再三挑戦した[6]

1982年1月、新日本プロレス『新春黄金シリーズ』にて初来日[7]アブドーラ・ザ・ブッチャー&バッドニュース・アレンとトリオを組み、ブッチャー軍団の一員となってヒールを演じた[8]。同年は4月と10月にも新日本プロレスに来日し、4月開幕の『ビッグ・ファイト・シリーズ』ではハルク・ホーガンとも対戦[9]。また、10月8日の『闘魂シリーズ』開幕戦では長州力の「かませ犬発言」の元となったメインイベントの6人タッグマッチに出場している(猪木藤波、長州vsブッチャー、アレン、ジョーンズ)[10]

この時期より、WWFではジョバーを専門に務めるようになり、ヒール選手の引き立て役に徹する。当時のWWFでは、王者ボブ・バックランドの首を狙ってニューヨークに乗り込んできたヒールは、マディソン・スクエア・ガーデンでのデビュー戦でジョーンズを完膚なきまでに叩きのめし、その強さと悪さを観衆に見せつける…という展開がルーティン化されていた[11]

1984年に入りビンス・マクマホン・ジュニアの新体制下でWWFの全米侵攻が始まってからもその仕事ぶりは変わらず、1985年3月31日のレッスルマニア第1回大会キングコング・バンディにわずか9秒で秒殺された試合は、ジョバーを全うした彼のベストワークとして語り草となった[12]

WWFには1980年代末までレギュラー出場し、1991年に引退した。タイトル戦線に絡むことはもちろん、特定のアングルが用意されることもなく、ひたすらヒール勢の「やられ役」を担い続けたジョーンズだが、その存在感はファンに強く支持され、1990年代にはアクションフィギュアも発売されている[13]

2006年4月1日には、盟友トニー・アトラスのWWE殿堂入りのインダクターを務めた[1]2008年10月26日、生誕地アンティグア島セントジョンズにて脳卒中により死去[1]。63歳没。WWEでは、彼を「WWEの影のヒーロー」(WWE’s Unsung Heroes)の一人として称えている[14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c SD Jones”. Online World of Wrestling. 2016年1月21日閲覧。
  2. ^ a b c NWA Americas Tag Team Title History”. Wrestling-Titles.com. 2010年4月19日閲覧。
  3. ^ The CWF matches fought by Special Delivery Jones in 1975”. Wrestlingdata.com. 2016年1月21日閲覧。
  4. ^ The CWF matches fought by Special Delivery Jones in 1976”. Wrestlingdata.com. 2016年1月21日閲覧。
  5. ^ WWE Yearly Results 1976”. The History of WWE. 2009年9月24日閲覧。
  6. ^ WWE Yearly Results 1981”. The History of WWE. 2009年9月24日閲覧。
  7. ^ The NJPW matches fought by Special Delivery Jones in 1982”. Wrestlingdata.com. 2016年1月21日閲覧。
  8. ^ NJPW 1982 New Year Golden Series”. Puroresu.com. 2016年1月21日閲覧。
  9. ^ NJPW 1982 Big Fight Series”. Puroresu.com. 2016年1月21日閲覧。
  10. ^ NJPW Toukon Series 1982 - Tag 1”. Cagematch.net. 2016年1月21日閲覧。
  11. ^ Jobbers of the Eighties".”. Online World of Wrestling. 2009年9月24日閲覧。
  12. ^ S.D. Jones dies in Antigua”. SLAM! Wrestling. 2009年9月24日閲覧。
  13. ^ S.D. Jones: An unforgotten gladiator”. SLAM! Wrestling. 2009年9月24日閲覧。
  14. ^ WWE Alumni”. WWE.com. 2009年9月24日閲覧。

外部リンク[編集]