ダリップ・シン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ザ・グレート・カリ
2014-04-03 21-18-23 NEX-6 DSC06450 (13900701826).jpg
プロフィール
リングネーム ザ・グレート・カリ
ザ・ジャイアント
ジャイアント・シン
シン・ザ・ジャイアント・コンビクト
ヒガンテ・シン
本名 ダリップ・シン・ラナ
ニックネーム インドの大巨人
バンジャーブの悪夢
バンジャーブの色男
身長 216cm
体重 157kg
誕生日 (1972-08-27) 1972年8月27日(45歳)
出身地  インド
ヒマーチャル・プラデーシュ州
スポーツ歴 ボディビル
トレーナー APWブートキャンプ
デビュー 2000年
テンプレートを表示

ダリップ・シンDalip Singh Rana1972年8月27日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーインドヒマーチャル・プラデーシュ州出身[1]WWEにてザ・グレート・カリThe Great Khali)のリングネームで活動。

来歴[編集]

キャリア初期[編集]

1993年警察官となり従事。その傍らボディビルダーとしても活動[2][3][4]。警官を辞職後、ボディビルダーとして本格的に活動してミスター・インディアの称号を得る[2]

1999年、プロレスラーを志して渡米。カリフォルニア州ヘイワードを拠点とするAPW(All Pro Wrestling)に入門。トレーニングを開始[2]

新日本プロレス[編集]

2001年8月12日、新日本プロレス両国国技館大会で、蝶野正洋からTEAM 2000の新メンバーとして紹介される。ジャイアント・シンGiant Singh)と名乗り、同じく身長2mを超えるジャイアント・シルバと組み活動。2002年に行われたIWGPタッグ王座決定トーナメント中に2人は仲間割れ。同年3月には一騎討ちをし。

2003年1月、ファンタジーファイトWRESTLE-1囚人ギミックのシン・ザ・ジャイアント・コンビクトSingh The Giant Convict)のリングネームでヤン・ザ・ジャイアント・コンビクトとタッグを組んで出場。

WWE[編集]

2006年1月2日、WWEと契約を交わし入団[5]。2月2日、傘下団体であるDSW(Deep South Wrestling)にてザ・ジャイアントThe Giant)のリングネームでデビュー。フランキー・シアストと対戦。勝利を飾った[6]。4月7日、SmackDown!にて、ザ・グレート・カリThe Great Khali)のリングネームでデビュー。マネージャーにデバリを従え、ジ・アンダーテイカーを襲撃した事がきっかけとなり抗争を展開。ジャッジメント・デイにてジ・アンダーテイカーに勝利。グレート・アメリカン・バッシュでは再戦として竹で囲まれた牢獄の中で対戦するパンジャーブ・プリズン・マッチで試合を行う予定であったが、盲腸の異常のため欠場。

2007年WrestleMania 23にて出場。ケインと対戦。ケインは映画であるSee No Evilに主演した直後であり、劇中で自らが演じた怪物の持つ凶器チェーンフックを試合に持ち込む。この試合でケインからボディスラムでマットの上に叩きつけられる場面もあったが勝利。試合後、ケインの持ち込んだチェーンフックを用いて首を締め、失神させた。6月に行われたドラフトにてSmackDown!に移籍。7月22日、20人バトルロイヤルを勝ち抜き、プロレスラーとしてのキャリア初となるWWE世界ヘビー級王座を獲得。

2008年フィンレーホーンスワグルと抗争。

2009年5月、ドルフ・ジグラーと抗争を開始。6月28日、ザ・バッシュでノーDQ戦で対戦するが試合途中にケインが乱入。スティールチェアーで襲撃に遭った後、ジグラーにフォールされ敗戦。これがきっかけとなりケインとの抗争を開始する。このケインとの抗争中にカリの通訳をしているランジン・シンアングル上で弟だと発覚。

2010年マット・ハーディーと組んでタッグ戦線で活動。4月、SmackDownでジグラーとの試合後、インドに帰国して休養すると宣言。しかし、以降は何事もなかったかのようにRAWに出場。4月、追加ドラフトにより通訳兼マネージャーのランジン・シンと共にRAWへ移籍。WrestleMania XXVIIではダーク・マッチの22人バトルロイヤルで優勝した。

2012年ロイヤルランブルに15番目として電撃復帰。5月、エゼキエル・ジャクソンとタッグを組みNXTに登場。11月にはナタリヤとカップルギミックとなり、またホーンスワグルも携えている。ナタリヤがタイソン・キッドと婚約した事によりこのギミックは頓挫した。

2014年11月13日、WWEとの契約が満了となり退団[7]

CWE[編集]

WWE退団後、2015年11月、インド・パンジャーブにてCWE(Continental Wrestling Entertainment)なる団体を設立[8][9]

2016年2月24日、CWEにてブロディ・スティールと対戦。試合途中でスティールのセコンドであるマイク・ノックスとアポロの介入により襲撃を受けてノーコンテストになる。試合後、頭部と目の負傷を負っていた事で病院へと搬送された[10][11]。同月28日、ブロディ・スティールにリベンジマッチを挑む。試合前からスティール、そしてセコンドのマイク・ノックス、アポロから襲撃を受けてまともに試合を出来る状態ではなくなるが、中盤に場外で3人にカリ・チョップを与えて撃退すると流れを変え、スティールをリング内へ入れ、スティールチェアーで連打して倒すとフォールを奪い勝利した[12][13]

2017年2月10日、マサチューセッツ州ウェブスターを拠点とするBTW(Big Time Wrestling)に参戦。ジェイク・マニングと対戦。勝利[14]。同月11日、BTWにてジェフ・ルイス・ニールと対戦。勝利[15]

WWE[編集]

2017年7月23日、Battleground 2017にてWWE王者であるジンダー・マハル vs ランディ・オートンによるパンジャーブ・プリズン・マッチでの王座戦が行われる。終盤にマハルがオートンからスティールチェアーで殴打され、オートンに脱出されそうになったところ、バックステージより登場。オートンの首を掴み、動きを止めるアシストをするとマハルが脱出。王座の防衛に貢献した[16]

得意技[編集]

相手の頭を両手で挟みこむアイアンクロー。
ダブルハンドチョークスラム。ネック・ハンギング・ツリー状態で相手を持ち上げ、そのまま相手をマットに叩き付ける。
相手の脳天へのチョップ。この技一発で相手を倒してしまうこともある。
新日本プロレス参戦時のフィニッシャー。パワーボム

獲得タイトル[編集]

WWE

入場曲[編集]

  • Danger - Jim Johnston
  • Land Of Five Rivers - Panjabi MC
  • Main Yash Hun V2 - Jim Johnston
  • Sher (Lion) - Jim Johnston

脚注[編集]

  1. ^ Great Khali”. Online World of Wrestling. 2017年1月1日閲覧。
  2. ^ a b c The Great Khali”. Canoe.com. 2017年7月25日閲覧。
  3. ^ 8-ft-high doors await ‘The Great Khali' in native village”. DNAindia.com. 2008年5月5日閲覧。
  4. ^ At new home, 8ft door for Khali to walk through”. TimesofIndia.com. 2008年5月4日閲覧。
  5. ^ Giant wrestler finds fame in India”. BBC.co.uk. 2008年5月8日閲覧。
  6. ^ NWA Deep South Wrestling”. Cagematch.net. 2006年2月2日閲覧。
  7. ^ WWE Superstar Departure Confirmed”. WrestlingInc.com. 2014年11月14日閲覧。
  8. ^ Continental Wrestling Entertainment to be kick-started by Great Khali to promote wrestling in India”. IndianTelevision.com. 2015年11月26日閲覧。
  9. ^ Khali's pro-wrestling talent programme launched”. TimesofIndia.com. 2015年11月26日閲覧。
  10. ^ Great Khali injured during wrestling match in Haldwani”. TribuneIndia.com. 2016年2月25日閲覧。
  11. ^ WWE star 'The Great Khali' injured badly by foreign wrestlers in a sporting event”. OneIndia.com. 2016年2月25日閲覧。
  12. ^ In pics: ‘The Great Khali’ bounces back from injury to win in Dehradun”. hindustantimes.com. 2016年2月29日閲覧。
  13. ^ Defeated by Khali, Canadian wrestler goes on offensive”. IndiaTimes.com. 2016年3月2日閲覧。
  14. ^ Big Time Wrestling Results from Raleigh on February 10”. GWHnews. 2017年2月20日閲覧。
  15. ^ Big Time Wrestling Results from Spartanburg on February 11”. GWHnews. 2017年2月21日閲覧。
  16. ^ WWE Battleground Results – 7/23/17 (Mahal vs. Orton in Punjabi Prison)”. Wrestleview.com. 2017年7月23日閲覧。

外部リンク[編集]