ロード・ウォリアーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ザ・ロード・ウォリアーズ
タッグチーム
メンバー ロード・ウォリアー・ホーク
ロード・ウォリアー・アニマル
ポール・エラリングマネージャー
名称
  • ザ・ロード・ウォリアーズ
  • ザ・リージョン・オブ・ドゥーム
  • LOD
  • LOD2000
ホームタウン イリノイ州シカゴ
デビュー 1983年
解散 2003年
団体

ザ・ロード・ウォリアーズThe Road Warriors)は、プロレスタッグチーム、ユニットである。アメリカ合衆国プロレスラーであるロード・ウォリアー・ホークロード・ウォリアー・アニマル(日本では、各々ホーク・ウォリアー、アニマル・ウォリアーと呼称された)によって結成された。

別名義として、ザ・リージョン・オブ・ドゥームThe Legion of Doom、略称:LOD)のユニット名でも活動した。入場テーマ曲はブラック・サバスの『IRON MAN』。

概要[編集]

それぞれ「クラッシャー・フォン・ヘイグ」「ザ・ロード・ウォリアー」のリングネームでデビューしていたマイク・ヘグストランドジョー・ロウリネイティスが、1983年NWAジョージア地区(ジム・バーネット主宰のジョージア・チャンピオンシップ・レスリング)のレスラー兼ブッカーだったオレイ・アンダーソンのブッキングでタッグを結成。マネージャーにはプロレスラーを引退したポール・エラリングが就く。当初はエラリングが率いていたバズ・ソイヤージェイク・ロバーツキングコング・バンディザ・スポイラーアーン・アンダーソンヒール軍団「リージョン・オブ・ドゥーム」の一員としてデビューした。

タッグ結成を機に、ヘグストランドはロード・ウォリアー・ホーク、ロウリネイティスはロード・ウォリアー・アニマルとリングネームを改め、タッグのチーム名は1981年に公開された映画『Mad Max 2: The Road Warrior』の世界観からザ・ロード・ウォリアーズと名付けられ、外見のイメージも同映画に登場する荒くれ者を踏襲。初来日時には「シカゴ用心棒をしていた」「貧困の時代にはネズミを食べていた」などと宣伝された。

結成当初のコスチュームはサングラスにレザーのベストや制帽を身に付けた暴走族スタイルだったが[1]、後に両者とも顔にペイントを施し、頭髪をアニマルは「モヒカン刈り」、ホークはそれと対を成すように「逆モヒカン刈り」にした。これはホークの顔が優しすぎるのをカバーするためだったという。また、フェイスペイントはビル・ワットの提案で施された[2]。入場時は巨大な棘の付いたアメリカンフットボールのプロテクターをコスチュームに、サードロープの下から滑り込むようにリングインし、コールも受けずにそのまま暴れ回る試合が多かった。しかし、ファイトスタイル自体はあまり凶器攻撃などは行わない正統なもので、ヒールのポジションにありながら、次第にファンの支持を獲得。今までにない、ヒールとベビーフェイスを融合させた新しいスタイルの確立に成功する。試合は常に秒殺勝利であり(彼らの試合時間は(3を180のように)秒単位で実況されていた)、そのインパクトと存在感から圧倒的な人気を獲得するようになった。

1983年にジョージア地区でデビュー後、NWAナショナル・タッグ王座を通算3回獲得。1984年からはAWAに移籍、当初はジョージア時代と同様にヒールのポジションだったが、人気が高まりベビーフェイスに転向。その後はジム・クロケット・プロモーションズを経てWCWのリングにも上がり、日本には全日本プロレス新日本プロレスSWSWJプロレスに来日。WWF(現:WWE)に参戦した際は、NWAジョージア時代のユニット名であるリージョン・オブ・ドゥームを名乗った(当時、WWFには同じく「ウォリアー」をリングネームとするアルティメット・ウォリアーが大スターとして活躍していたため、ビンス・マクマホンがチーム名の変更を要請したという)[3]。その後のアメリカプロレス界の激変を受け、NWA、AWA、WWFの三大メジャー団体の世界タッグ王座を制覇した史上唯一のタッグチームとなった。

アニマルの途中欠場や解散・再結成の紆余曲折を経て、いずれのリングでも大活躍したが2003年にホークが急死したため、事実上の解散となった。その後アニマルは、2005年ハイデンライクをパートナーに新生リージョン・オブ・ドゥーム(LOD2005)を結成、WWEタッグ王座を獲得している。

2011年、ホークとアニマルのオリジナル・ロード・ウォリアーズで初代マネージャーのポール・エラリングと共にWWE殿堂に迎えられた。

日本での活躍[編集]

テレビ東京世界のプロレス』にて活躍が知れ渡ったことから[4]、以前から来日が待望されていた。1985年3月7日の来日当日に成田空港で行われた記者会見には、プロレスマスコミの他にも一般週刊誌も駆け付けた[1]。翌3月8日船橋における全日本プロレス『激闘! エキサイティング・ウォーズ』にて日本デビュー、アニマル浜口キラー・カーンのタッグチームに3分39秒という短時間で勝利し衝撃的なデビューを飾る。初来日時のギャラは、『週刊プロレス』『週刊ゴング』『東京スポーツ』によれば、マネージャーのポール・エラリングと合わせて1週間で3万ドルだったとされる(ブルーザー・ブロディ新日本プロレス移籍は、彼らの厚遇に対する不満によるものともされる)[5]

以降、「暴走戦士」「超怪力暴走族」などの異名でマネージャーのエラリングを伴って全日本プロレスを主戦場とし、ジャンボ鶴田天龍源一郎谷津嘉章らを相手に激闘を展開。「秒殺」といえる程の短時間で勝負を決めたり、勝敗を度外視して暴走し、やりたい放題でリングを後にしたりすることも珍しくなかった(漫画作品『プロレス・スターウォーズ』では、現実以上の怪物的なタッグチームとして描かれた)。アメリカでのスケジュールが多忙だったため、世界最強タッグ決定リーグ戦への出場は実現しなかったものの、全日本プロレスへの来日は1989年3月まで続いた。

1990年7月、新日本プロレスに初参戦。以降、WWF参戦を経てホークは1992年11月より新日本プロレスを主戦場とし、欠場中だったアニマルに代わりパワー・ウォリアーを新パートナーに「ヘルレイザーズ」を結成。その後、ホーク、パワー、復帰したアニマルの3人で「トリプル・ウォリアーズ」を名乗った。

1999年5月には全日本プロレスに復帰して、ジャイアント馬場の追悼興行となった東京ドーム大会に出場。アニマルの実弟ジョニー・エースを加えての6人タッグマッチにおいて、小橋健太秋山準ハクシーのトリオを破った[6]

2001年12月にはZERO-ONE大阪城ホール大会『真撃』に出場、大谷晋二郎&田中将斗から勝利を収めている[7]

2003年3月と7月にはWJプロレスに参戦[8]。同年10月19日にホークが死去しており、7月の参戦時がホーク&アニマルの "オリジナル" ロード・ウォリアーズとしての最後の来日となった。

年表[編集]

サポートメンバー[編集]

獲得タイトル[編集]

アニマル&ホーク
ヘルレイザーズ(ホーク&パワー)
LOD2005(アニマル&ハイデンライク)

入場テーマ[編集]

影響下のタッグチーム[編集]

その活躍にあやかり、1980年代中盤から後半にかけて、ロード・ウォリアーズの影響を受けたギミックのタッグチームが各地で誕生した。

デモリッション・アックス(マスクド・スーパースターとして知られるビル・イーディー)とデモリッション・スマッシュ(クラッシャー・クルスチェフ、リポマンなどで知られるバリー・ダーソウ)のコンビ。ウォリアーズとの契約に難航していたWWFが1987年に独自にプロデュースした、WWFオリジナルのタッグユニットである。後にアックスに替わりデモリッション・クラッシュ(ブライアン・アダムス)が加入。当初はヒールとしてWWFに登場したが、マネージャーミスター・フジと仲間割れしてからはベビーフェイスに転向し、下記のパワーズ・オブ・ペインなどと抗争を展開。しかしウォリアーズがWWFに移籍してくると、再びフジと結託してヒールターンし、ウォリアーズのライバルとして抗争を繰り広げた。もともと実力者同士のギミックチェンジによって誕生したチームだけに、単なるコピー版に止まらない実績を残した。
  • パワーズ・オブ・ペイン [38]
ザ・バーバリアン大相撲出身のコンガ・ザ・バーバリアン)とザ・ウォーロードのコンビ。元々はNWAでウォリアーズのフェイク版として本家と抗争を展開していた。上記のデモリッションのライバルとしてWWFに引き抜かれたが、本家ウォリアーズもWWFに移籍してくるとチームを解散してシングルに転向。バーバリアンはボビー・ヒーナンをマネージャーに毛皮のコスチュームをまとった野人ギミックに、ウォーロードはスリックをマネージャーに鎧を身に付けた剣闘士ギミックに変身したが、徐々にフェイドアウト。
  • アメリカン・スターシップ [39]
コヨーテ(スコット・ホール)とイーグル(ダニー・スパイビー)のコンビ。1984年10月にNWAミッドアトランティック地区で結成され、中西部NWAセントラル・ステーツ地区にも出場した。顔面ペイントは施さず髪型もロングであるなどビジュアル面では従来のタッグチームと変わらなかったものの、リングネームを含めチームコンセプトはウォリアーズの影響下にあった。オレイ・アンダーソンアーン・アンダーソンミネソタ・レッキング・クルーなどのチームとも対戦したが、大きな活躍を果たすことなく解散。その後、ホールはAWA、スパイビーはWWFへ転出した。
  • フリーダム・ファイターズ / ブレード・ランナーズ [40]
ジャスティス / ロック(ジム・ヘルウィッグ)とフラッシュ / スティング(スティーブ・ボーデン)のコンビ。1985年11月にメンフィスCWAにてジャスティス&フラッシュのフリーダム・ファイターズとして結成される。1986年3月よりロック&スティングのブレード・ランナーズに改名してビル・ワット主宰のUWFに登場したが、キャリア不足もあって短命に終わった。チーム解散後、ヘルウィッグはフリッツ・フォン・エリック主宰のWCWAを経てWWF、ボーデンはUWF残留を経てNWA(WCW)に転戦し、それぞれシングルの世界王座を獲得することになる。

参考文献[編集]

  • アニマル・ウォリアー、アンドリュー・ウィリアム・ライト『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』東邦出版、2011年。ISBN 4809409511

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 【プロレス蔵出し写真館】追悼アニマルさん 37年前、結成当初のロード・ウォリアーズ東京スポーツ 2020年9月27日
  2. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P88。
  3. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P290-291。
  4. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol.2』P74-P76(2014年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583621876
  5. ^ 『週刊プロレスSPECIAL 日本プロレス事件史 vol.27』P14(2016年、ベースボール・マガジン社ISBN 9784583624839
  6. ^ AJPW Giant Baba Memorial Show”. Cagematch.net. 2019年12月2日閲覧。
  7. ^ ZERO-ONE Shingeki IV”. Cagematch.net. 2019年12月2日閲覧。
  8. ^ The WJ matches fought by Road Warrior Animal in 2003”. Wrestlingdata.com. 2020年7月18日閲覧。
  9. ^ a b c NWA National Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2007年12月18日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年6月15日閲覧。
  10. ^ Mid-South at Jackson”. Wrestlingdata.com. 2019年12月11日閲覧。
  11. ^ The USWA matches fought by Road Warrior Hawk in 1984”. Wrestlingdata.com. 2015年3月31日閲覧。
  12. ^ a b AWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月15日閲覧。
  13. ^ a b c d e The Road Warriors”. Online World of Wrestling. 2015年3月31日閲覧。
  14. ^ 全日本プロレス 両国国技館大会メインイベント一覧 Shichiji
  15. ^ AJPW 85 Gekitoh! Exciting Wars - Tag 19”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  16. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P165-168。
  17. ^ NWA Battle Of The Belts”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  18. ^ AWA SuperClash”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  19. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P187-188。
  20. ^ NWA Battle Of The Belts II”. Cagematch.net. 2015年4月10日閲覧。
  21. ^ NWA Jim Crockett Sr. Memorial Cup 1986”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  22. ^ Going Old School: Starrcade '86”. 411mania.com. 2011年6月15日閲覧。
  23. ^ a b NWA International Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  24. ^ WWC 14th Aniversario 1987”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  25. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P256-259。
  26. ^ a b c NWA World Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2011年6月15日閲覧。
  27. ^ NWA Starrcade 1988 "True Gritt"”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  28. ^ SWS Wrestlefest In Tokyo Dome”. Cagematch.net. 2015年3月31日閲覧。
  29. ^ a b c d e f WWWF/WWF/WWE World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2015年3月31日閲覧。
  30. ^ a b c WWE World Tag Team Championship”. WWE.com. 2011年6月15日閲覧。
  31. ^ 『ロード・ウォリアーズ 破滅と絶頂』、P330-332。
  32. ^ WWE Yearly Results 1997”. The History of WWE. 2015年3月31日閲覧。
  33. ^ WWF WrestleMania XIV”. Cagematch.net. 2015年4月10日閲覧。
  34. ^ WWE Tag Team - Animal & Heidenreich”. WWE.com. 2011年6月15日閲覧。
  35. ^ NWA World 6-Man Tag Team Title [Mid-Atlantic]”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月5日閲覧。
  36. ^ IWGP Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月5日閲覧。
  37. ^ Demolition”. Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。
  38. ^ Powers of Pain”. Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。
  39. ^ American Starship”. Wrestlingdata.com. 2020年4月11日閲覧。
  40. ^ Blade Runners”. Online World of Wrestling. 2020年4月11日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]