スタン・レーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スタン・レーン
プロフィール
リングネーム スウィート・スタン・レーン
スタンリー・レーン
スタン・フレアー
本名 ウォレス・スタンフィールド・レーン
身長 185cm
体重 102kg(全盛時)
誕生日 (1953-08-05) 1953年8月5日(64歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ノースカロライナ州の旗 ノースカロライナ州
グリーンズボロ
トレーナー リック・フレアー
デビュー 1974年
引退 1993年
テンプレートを表示

"スウィート" スタン・レーン"Sweet" Stan Lane、本名:Wallace Stanfield Lane1953年8月5日 - )は、アメリカ合衆国の元プロレスラーノースカロライナ州グリーンズボロ出身。

主にタッグ・プレイヤーとしての実績で知られ、スティーブ・カーンとのファビュラス・ワンズボビー・イートンとのミッドナイト・エクスプレストム・プリチャードとのヘブンリー・ボディーズなど、様々なタッグチームで活躍した。

来歴[編集]

初期[編集]

1974年リック・フレアーの仲介により地元ノースカロライナNWAミッドアトランティック地区にてデビュー[1]。フレアーにあやかり、デビュー当時はスタン・フレアーStan Flair)なるリングネームを名乗っていた[2]

1979年より "ネイチャー・ボーイ" スタンリー・レーン"Nature Boy" Stanley Lane)の名義でフロリダ地区に参戦。同タイプのブライアン・セント・ジョンと組んで若手のヒールとして頭角を現し、エディ・グラハム&レイ・スティーブンスマイク・グラハム&スティーブ・カーンジャック・ブリスコ&ジム・ガービンなどのチームを破ってNWAフロリダ・タッグ王座を再三獲得した[3]1980年9月にはジム・バーネットの主宰するジョージア・チャンピオンシップ・レスリングに出場し、ジョージア版のNWAジュニアヘビー級王座をケビン・サリバンから奪取している[4]

1981年7月には、当時フロリダ地区と提携していた新日本プロレスに初来日。キック攻撃を主体としたイキのいいラフファイトを披露し、7月10日に札幌中島スポーツセンター、8月2日に蔵前国技館において、藤波辰巳WWFジュニアヘビー級王座に連続挑戦した[1]

ファビュラス・ワンズ[編集]

帰国後はテネシー州メンフィスCWAに主戦場を移し、1982年よりベビーフェイスに転向。リングネームをスタン・レーンStan Lane)に改め、フロリダでの宿敵だったスティーブ・カーンとファビュラス・ワンズThe Fabulous Ones)を結成する。当時のプロレス界では目新しかったMTVスタイルのミュージック・ビデオも製作され(音楽はZZトップが担当)、女性や子供を中心に大きな人気を獲得、後のロックンロール・エクスプレスなどのアイドル系タッグチームの先駆的存在となった[2]

1984年AWAに参戦してロード・ウォリアーズと抗争。その間、CWAはトミー・リッチエディ・ギルバートに新ファビュラス・ワンズを名乗らせるなど[5]、一時はCWAとの間に軋轢も生じたが、同年の下期よりメンフィスに復帰。翌1985年にかけて、ジミー・ハート率いるファースト・ファミリー(リック・ルード&キングコング・バンディ)やPYTエクスプレス(ココ・ウェア&ノーベル・オースチン)などを相手に南部タッグ王座を巡る抗争を展開した[6]

1986年は古巣のフロリダに戻り、ザ・シープハーダーズブッチ・ミラー&ルーク・ウィリアムス)とUSタッグ王座を争った[7]。同年8月12日にはタンパにて、新日本プロレスから遠征してきた藤波辰巳&木村健吾とも対戦しており[8]、この試合はテレビ朝日の『ワールドプロレスリング』でも放送された。

ミッドナイト・エクスプレス[編集]

1987年にファビュラス・ワンズを解散し、自身のキャリアの出発点であるミッドアトランティックのジム・クロケット・プロモーションズに復帰。再度のヒールターンを行い、同プロを離脱したデニス・コンドリーに代わるボビー・イートンの新パートナーとして、ミッドナイト・エクスプレスThe Midnight Express)に加入する。1988年9月10日にはフォー・ホースメンタリー・ブランチャード&アーン・アンダーソンを破り、ミッドアトランティック版のNWA世界タッグ王座を獲得した[9]

クロケット・プロがテッド・ターナーに買収された1988年11月以降も新会社のWCWに継続参戦し、コンドリーとランディ・ローズのオリジナル・ミッドナイト・エクスプレスやリック&スコットスタイナー・ブラザーズと抗争を展開していたが、1990年10月27日のPPV "Halloween Havoc" を最後に、マネージャージム・コルネットと共にWCWを離脱した。

ヘブンリー・ボディーズ[編集]

WCW脱退後はメンフィスに戻り、CWAの後継団体であるUSWAにて、ジム・コルネットをマネージャーにスティーブ・カーンとのファビュラス・ワンズをヒール・バージョンで一時的に再結成。1991年初頭に、ジェリー・ローラー&ジェフ・ジャレットとUSWA世界タッグ王座を争っている[10]

同年10月、コルネットがノックスビルにて旗揚げしたスモーキー・マウンテン・レスリングに参画。ドクター・トム・プリチャードをパートナーに、ヘブンリー・ボディーズThe Heavenly Bodies)なる新チームを結成する[11]1992年からはロックンロール・エクスプレス(リッキー・モートン&ロバート・ギブソン)やファンタスティックス(ボビー&ジャッキー・フルトン)など、ファビュラス・ワンズの影響下にあったチームと抗争を繰り広げた[12]

引退後[編集]

1993年、ジミー・デル・レイ(ジミー・バックランド)をヘブンリー・ボディーズの後任にして現役を離れ、同年よりスモーキー・マウンテン・レスリングとの業務提携を開始したWWFカラー・コメンテーターとして登場[2]ビンス・マクマホンゴリラ・モンスーンテッド・デビアスらと共に『WWFスーパースターズ』や『WWFレスリング・チャレンジ』などの番組のホストを1995年まで担当した。

1999年より各地のインディー団体にレジェンドとしてゲスト参戦しており、2004年にはROHにてイートンやコンドリーとミッドナイト・エクスプレスを再結成。2005年8月27日に開催されたオールドタイマーによるリユニオン・イベント "WrestleReunion" では、ドリー・ファンク・ジュニアテリー・ファンクミック・フォーリーとの6人タッグマッチが行われた[13]2006年3月5日の "World Wrestling Legends" にもイートン&コンドリーとのトリオで出場し、ボブスコットブラッドのアームストロング・ファミリーと対戦した[14]

得意技[編集]

獲得タイトル[編集]

ジョージア・チャンピオンシップ・レスリング
  • NWAジョージア・ジュニアヘビー級王座:1回[4]
チャンピオンシップ・レスリング・フロム・フロリダ
コンチネンタル・レスリング・アソシエーション
サウスウエスト・チャンピオンシップ・レスリング
  • SCW世界タッグ王座:1回(w / スティーブ・カーン)[16]
ミッドアトランティック・チャンピオンシップ・レスリング
ユナイテッド・ステーツ・レスリング・アソシエーション
  • USWA世界タッグ王座:1回(w / スティーブ・カーン)[10]
スモーキー・マウンテン・レスリング

脚注[編集]

  1. ^ a b 『新日本プロレス 来日外国人選手 PERFECTカタログ』P55(2002年、日本スポーツ出版社
  2. ^ a b c Stan Lane Tag-Team Specialist”. Mike Mooneyham.com (March 9, 1999). 2010年8月18日閲覧。
  3. ^ a b NWA Florida Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  4. ^ a b NWA Georgia Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  5. ^ A Tribute to Eddie Gilbert”. Hot Stuff International. 2010年8月18日閲覧。
  6. ^ a b AWA Southern Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  7. ^ a b NWA United States Tag Team Title: Florida version”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  8. ^ CWF at Tampa 1986/08/12”. Wrestlingdata.com. 2016年9月14日閲覧。
  9. ^ a b NWA World Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  10. ^ a b USWA World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  11. ^ The Heavenly Bodies”. Online World of Wrestling. 2016年9月14日閲覧。
  12. ^ a b SMW Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  13. ^ WrestleReunion Wrestling Card August 27, 2005”. Online World of Wrestling. 2010年8月18日閲覧。
  14. ^ World Wrestling Legends”. Cagematch.net. 2016年9月14日閲覧。
  15. ^ CWA United States Junior Heavyweight Title”. Wrestling-Titles.com. 2016年1月15日閲覧。
  16. ^ SCW World Tag Team Title”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。
  17. ^ NWA United States Tag Team Title: Mid-Atlantic version”. Wrestling-Titles.com. 2010年8月18日閲覧。

外部リンク[編集]