デビッド・バウティスタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バティスタ
Dave Batista - Guardians of the Galaxy premiere - July 2014 (cropped).jpg
プロフィール
リングネーム バティスタ
ディーコン・バティスタ
リバイアサン
カーン
本名 デビッド・マイケル・バウティスタ・ジュニア
ニックネーム 野獣
エボリューションの野獣
身長 190cm
体重 131kg
誕生日 (1969-01-18) 1969年1月18日(47歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
バージニア州の旗 バージニア州アーリントン
所属 WWE
スポーツ歴 ボディビル
バレーボール
レスリング
トレーナー アファ・アノアイ
デビュー 1999年
テンプレートを表示

デビッド・バウティスタDavid Michael Bautista, Jr.1969年1月18日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラー俳優である。バティスタBatista)のリングネームで知られる。バージニア州アーリントン出身(WWEではワシントンD.C.出身とコールされている)。

前妻が日本人とアメリカ人のハーフであったことから日本通であると言われ、腕には「天使(前妻の名前がAngie)」「武」と漢字タトゥーを入れている。ニックネームはAnimal(アニマル、野獣の意)、愛称はデイブ(Dave)。WWEを代表するスーパースターの一人である。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

父はフィリピン人、母はギリシャ人で、幼い頃に両親が離婚したため、双方の家を行き来しながら育った。ボディビルダーを志すが断念。酒場の用心棒として働き、アファ・アノアイが主宰する団体であるWXW(World Xtreme Wrestling)にて二十代後半ながらプロレスのトレーニングを始めた。1999年カーンのリングネームでプロレスラーとしてのキャリアを開始。

2000年WWFに入団し、傘下団体であるOVWにてリバイアサンなる怪奇派ギミックで活動し、ディサイプルズ・オブ・シンの一員として活躍。2001年11月29日にはザ・マシーンからOVWヘビー級王座を奪取し、2002年にはプロトタイプとOVWヘビー級王座を巡って抗争を展開した。

2002年5月、WWEに昇格。リングネームをバティスタへと変更し、宣教師ギミックをしていたディーボン・ダッドリーの助祭司兼用心棒として、SmackDown!に初登場した。同年11月にはRAWへと移籍。

2003年トリプルH率いるエボリューションの一員になるも、負傷により約半年の欠場を余儀なくされたが、復帰後はリック・フレアーとタッグを組み、WWE世界タッグ王座を二度獲得。2003年末から2004年春にかけてのエボリューションによるRAW内タイトル独占に貢献した。

2005年[編集]

2005年

OVW時代より一貫してヒールだったが徐々に観客の声援を集めるようになり、2005年に入るとロイヤルランブルで優勝。ベビー・ターンを果たし、WrestleMania 21にて当時王者であったトリプルHを破って、世界ヘビー級王座を獲得した。その後、バックラッシュヴェンジェンスと、三回連続でトリプルHに勝利。ヴェンジェンスではWWEの試合形式では最も過酷なものの一つとされるヘル・イン・ア・セルを経験している。

同年に行われたドラフトにより世界ヘビー級王座を持ったままSmackDown!に移籍し、早速JBLと世界ヘビー級王座をめぐって抗争を繰り広げ、グレート・アメリカン・バッシュサマースラムと続けてJBLを下し、王座を守り抜いて見せた。その後はエディ・ゲレロとの「友情ストーリー」が始まり、10月、ノー・マーシーにてエディと防衛戦を行い、勝利する。11月1日に行われた、RAWのPPVタブー・チューズデイでは、ストーン・コールド・スティーブ・オースチンの代役として急遽出場した。その後もエディとの微妙な関係が続いたが、同年11月13日のエディの死去をもってこのストーリーは終結している。

サバイバー・シリーズにて行われるRAW対SmackDown!の全面対抗戦において、SmackDown!側の主将を務めるが、11月の同番組収録時に登場したRAW所属のケインビッグ・ショーのダブルチョークスラムを受けた際に背中の筋断裂の重傷を負った。重傷を負いながらもWWEの興行には参加し続け、エディの親友であったレイ・ミステリオとのタッグでWWEタッグ王座も獲得し二冠王となった。しかし2006年1月に行われたハウス・ショーにおいて、新たなライバルとなっていたマーク・ヘンリーとの試合中に上腕三頭筋を断裂。長期休業に入らざるを得なくなったため、世界ヘビー級王座を返上した。

2006 - 2007年[編集]

2006年SmackDown!のハウス・ショー

7月7日、SmackDown!にて復帰。The Great American Bash 2006でヘンリーと対戦する予定であったが、サタデーナイト・メインイベントでヘンリーが怪我をして離脱したため、対戦相手がケン・ケネディに変更された。この試合でも反則負けを喫し、その後もなかなか王座を奪回出来ずにいたため大スランプとまで評されたが、11月26日サバイバー・シリーズキング・ブッカーを破り、2度目の世界ヘビー級王座を獲得した。翌2007年、WrestleMania 23ジ・アンダーテイカーの挑戦を受けるも、敗北。その後4月29日バックラッシュでアンダーテイカーとラストマン・スタンディング・マッチをするも両者カウントアウトで王座奪還ならず。SmackDown!にて行われた金網戦では同着で脱出。引き分けによるアンダーテイカーの防衛という結果に終わる。

その後、アンダーテイカーから王座を奪取したエッジとの抗争が始まる。しかし、ヴェンジェンスでのラスト・チャンス・マッチ形式の王座戦で敗れた。7月20日、SmackDown!で怪我のために、エッジがベルトを剥奪され、総勢20人のスーパースターが参戦した世界王座が賭けられたバトルロイヤルに参戦。最後の3人まで残ったが、ケインと共にグレート・カリに落とされた。世界王者返り咲きを目指し、カリと抗争し9月16日アンフォーギブンにてベルトを奪還する。今度は復帰したアンダーテイカーにベルトを狙われるようになる。そして11月18日サバイバー・シリーズヘル・イン・ア・セル戦でアンダーテイカーと世界王座戦に臨むが、エッジの乱入により王座防衛となる。しかし、そのことに納得がいかず11月28日のSmackDown!でエッジとの世界ヘビー級王座戦を行うが今度はアンダーテイカーの乱入にあう。その後もアンダーテイカー、エッジと抗争しアルマゲドンでのトリプルスレットマッチを行うが敗北しエッジが王者となった。

2008年[編集]

2008年の初頭はエッジと抗争するが、SmackDown!で行われたビート・ザ・クロック・マッチで敗退し王座戦線を親友レイ・ミステリオに譲る。1月のロイヤルランブルに8番手で出場。最後の3人までに残ったがエボリューションでの相棒であったトリプルHに落とされた。2月のノー・ウェイ・アウトでのエリミネーション・チェンバー・マッチで王座挑戦のチャンスが回ってきたがまたしてもアンダーテイカーに敗北する。その後はMVPと抗争、US王座に挑戦するがここではウマガの乱入に遭う。しかしWrestleMania XXIVでの番組対抗戦ではウマガに勝利する。レッスルマニア以降は、師匠であるリック・フレアーを引退させたショーン・マイケルズと抗争する。その間にエッジと抗争していたアンダーテイカーと世界ヘビー級王座戦を行った。(これはアンダーテイカーを消耗させるヴィッキー・ゲレロの戦略である)試合はショーン・マイケルズの乱入により世界王座は奪取できなかった。バックラッシュでのショーン・マイケルズとの対戦では、予想通りの激戦となったが、ショーン・マイケルズがバスティタ・ボムを回避したときの着地で左足を痛めた振り(アングル。後にこのことを指摘したクリス・ジェリコとマイケルズは抗争することになる)をしてバティスタがためらった時に必殺技のスウィート・チン・ミュージックをくらって敗北を喫した。

6月28日にドラフトでRAWに移籍する。

10月26日サイバー・サンデーでクリス・ジェリコを破り4度目となる世界王座を獲得したが、8日後のRAWでクリス・ジェリコに敗れ王座を奪還された。

2009年[編集]

前年終わり頃からランディ・オートンと抗争、ロイヤルランブル前にジョン・シナと組んだタッグ戦でオートンにパントを喰らい翌週から欠場する。これを機会にサマースラムで負傷したというふくらはぎの手術も行い、戦線離脱した(実際にはヨーロッパツアーでのふくらはぎの断裂が原因の欠場であると思われる)。

WrestleMania XXV翌日のRAW放送でミスター・マクマホンランディ・オートン戦に介入し復帰、オートンにスピアーを、コーディ・ローデスにバティスタ・ボムを見舞った。なお、復帰直前に来日し、J SPORTS ESPNの特別番組で蝶野正洋と対談を行っている。

4月26日に開催されたバックラッシュで2009年初のPPV出場を果たし、シェイン・マクマホントリプルHとチームを組み、レガシーを相手にトリプルHのWWE王座を懸けて戦うも、トリプルHがオートンにRKO、パントを喰らい王座移動、トリプルHの欠場という結果に終わった。

5月17日に開催されたジャッジメント・デイではオートンが持つWWE王座を懸けて戦うも、オートンのレフェリーへの平手打ちにより反則勝ち。しかし、王座戦規定により王座の移動は無かった。6月7日に開催されたエクストリーム・ルールズでオートンからWWE王座を奪取したが、その試合で二頭筋を断裂し、翌日のRAW冒頭でオートンに腕を折られて病院に運ばれる形で再び欠場に入った。

休場中の6月29日にRAWのゲストホストを務め、オートンへの報復として当時移籍してきたばかりのエヴァン・ボーンジャック・スワガーマーク・ヘンリー相手のガントレットマッチを決定した。

ブレーキング・ポイントから一夜明けた9月14日のRAWに手術をした左腕に装具をつけた姿で登場し、引退をほのめかす発言をし、前日王座をジョン・シナに奪われたオートンと対峙。しかし左腕の装具やキャリアへの言及はオートンを油断させおびき出すためのものであり、回復していたバティスタはオートンにクローズラインを決めた後、引退ではなくRAWを去ることとSmackDown!への移籍を発表。またこの会の特別ホストトリッシュ・ストラタスに直訴しRAWでの最後の試合をオートンと行い、バティスタ・ボムでついにオートンを沈めた。

10月に行われたブラッギング・ライツでのテイカー、ミステリオ、CMパンクとの世界ヘビー級王座戦でバティスタがテイカーにバティスタボムを放ち、カバーに入ったところ親友のミステリオがカバーを邪魔したために試合中にミステリオとの口論になった。結局、試合はテイカーが勝ち王座を防衛した。試合後、ミステリオがバティスタの元に来て、慰めるがバティスタはミステリオを襲撃し、ヒールターンした。これによりテイカーの持つ世界ヘビー級王座への挑戦権も絡めつつミステリオと抗争を繰り広げる。

2010年[編集]

エリミネーション・チェンバービンス・マクマホンの命により、WWE王座戦を終えたばかりのジョン・シナと急遽王座戦を組まれ、WWE王座を獲得した。そしてWrestleMania XXVIでシナと防衛戦を行い敗れ、王座を明け渡した。その後、WWEスタジオが制作する「キリング・カーマ」という映画の撮影のために、しばらくはレスリングから離れる予定だったが、その自身の役が、トリプルHに変わったことにより、WWEに対して怒りを露わにするようになり、このころから、WWEを離脱する方針であると雑誌で取り上げられるようになる。そして、5月24日のRAW収録を持って、自らの口からWWEを退団することを発表した。

2014年[編集]

1月26日、PPVであるRoyal Rumble 2014のロイヤルランブルマッチにて28番目に登場。エリック・ローワンアルベルト・デル・リオライバック、そして最後にはロマン・レインズ一騎討ちを行い脱落させ、優勝を飾った。

ロイヤルランブルの優勝を受け「レッスルマニア30でWWE世界ヘビー級王座に挑む。相手はオートンでもシナでも構わない」と宣言し王座取りに向けてアピール。その後のPPVで王座を防衛したオートンとのWM30でのタイトル戦が決定的であったが、ダニエル・ブライアントリプルHの抗争のあおりを受け最終的にWM30のカードがオートン対バティスタ対ブライアンのトリプルスレッド戦となり、4月6日のWM30にて、WWE世界ヘビー級王座トリプルスレッド戦に挑んだがブライアンのYesロックに捕まりタップアウト負け。翌日のRAWからは対ブライアンという点で利害が一致したトリプルHの組織オーソリティー側の人間となり、組織に楯突くシールドを叩き潰すためトリプルH、オートンとともにエボリューションを再結成させた。しかしシールドとの抗争に手を貸す部分はWWE王座挑戦への交換条件ためやむなく応じた物で、6月のPPVペイバックの翌日のRAWにて、「シールドと関わりたくない。最初の約束通りWWE王座に挑戦させろ」と言い放つもトリプルHに即時却下される。怒ったバティスタはリングを降り、会場からも立ち去ってしまった(実際は、映画の宣伝のために離脱するため)。それ以降バティスタはWWEには登場せず、レスリング界からは事実上引退状態となっている。

俳優活動[編集]

2012年日本公開(2011年にアメリカで公開)の映画『ライジング・サン 〜裏切りの代償〜』に主演している[1]

2014年公開の映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ではガーディアンズの1人であるドラックス・ザ・デストロイヤーを演じる。

フィルモグラフィ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
2011 ライジング・サン 〜裏切りの代償〜
House Of The Rising Sun
レイ
2012 アイアン・フィスト
The Man with the Iron Fists
ブラス・ボディ
2013 リディック: ギャラクシー・バトル
Riddick
ディアス
2014 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
Guardians of the Galaxy
ドラックス・ザ・デストロイヤー
2015 007 スペクター
Spectre
ミスター・ヒンクス

戦績[編集]

総合格闘技 戦績
1 試合 (T)KO 一本 判定 その他 引き分け 無効試合
1 1 0 0 0 0 0
0 0 0 0 0
勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催年月日
ヴィンス・ルセロ 1R 4:05 TKO(パウンド) CES MMA: Real Pain 2012年10月6日

得意技[編集]

バティスタ・ボム
スパイン・バスター
バティスタ・ボム
フィニッシュムーブ。ヒール時代はハッキリした名前は無かった(そのままシットダウンパワーボム、短期的にデーモン・ボムやタイガー・ボムと呼ばれたこともある)が、ベビーターン時に現在の名前に改名した。ロープを数回大きく揺らした(または、ロープを持って、片足で足踏みを数回する)後(アルティメット・ウォリアーのコピー)、両手をサムダウンして技を繰り出すのがお決まり。
スパイン・バスター
バティスタボムへの繋ぎ技とフィニッシュムーブの二つを兼ね備えた技。バティスタボムで担ぎ上げられない体格の大きい選手またはバティスタボムを出すまでもない格下の選手が相手だとこの技がフィニッシュになる場合がある。WWEデビュー間もないバティスタ・ボム開発前は、こちらがメインの必殺技だった。初期は体重を乗せるのではなく、腕力で叩きつけるようなかたちで使っていた
バティスタ・バイト
2010年頃から使い始めたフィニッシュムーブ。両足で相手の片腕を挟み、もう片方の腕を両腕で極め、同時に顔面を締め上げる変形クロスフェイス
スピアー
ベビーターンしてから使用するようになった。バティスタボムやスパイン・バスターを決めるのが困難な大柄の選手相手に稀に決め技としても使用している。
クローズライン
RAWでのヒール時代にこの技でクリス・ジェリコを失神させたことがある。
ジャックハマー
キング・ブッカーとの抗争時に使用したフィニッシュムーブ。PPVなどの大一番で使用するが、本家ゴールドバーグとは違いフィニッシュにはほとんど使用しない。
パワースラム
アンクル・ロック

タイトル歴[編集]

試合終了後に世界ヘビー級王座ベルトを手に取るバティスタ
WWE
OVW
  • OVWヘビー級王座 : 1回

入場曲[編集]

  • I Walk Alone (Saliva) - 現在使用中
  • Animal
  • Line in the Sand (Motörhead) - 現在使用中
  • Evolve
  • Eyes of Righteousness

その他[編集]

  • 前妻との間に2人の娘がいる。
  • 現在はフロリダ州在住。
  • 2007年秋に、自伝 Batista Unleashed を発売。
  • 「天使」の刺青は前妻の名 "Angie" にちなんだもの。デザインをしたのは彼女の母である。
  • 2005年になって、「バティスタは実は1966年生まれ」という噂が広まったが、これはプロレスニュースサイトの主催者 デイブ・メルツァー(Dave Meltzer)の広めたデマであるとされ、公式サイトの管理人はこれを否定している。
  • プライベートで乗るバイクはチャック・パルンボのオーダーメイド。
  • 相撲好き。入場時のムーブは相撲の四股にマシンガンのアクションを付けたものである。
  • 2009年11月アメリカ公開の映画「Wrong Side of Town」(邦題:奪還)に出演。同じく元WWEレスラー、ロブ・ヴァン・ダムが主演だが日米ともにDVD、ブルーレイのジャケットでは主演のような扱われ方である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]