ケネス・クロフォード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
モンテス・フォード
モンテス・フォードの画像
プロフィール
リングネーム モンテス・フォード
ケネス・クロフォード
本名 ケネス・クロフォード
誕生日 (1990-05-31) 1990年5月31日(30歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
Flag of Illinois.svg イリノイ州シカゴ
所属 WWENXT
スポーツ歴 陸上競技
トレーナー WWEパフォーマンスセンター
デビュー 2015年9月26日
テンプレートを表示

ケネス・クロフォードKenneth Crawford1990年5月31日 - )は、アメリカ合衆国プロレスラーイリノイ州シカゴ出身[1][2]WWEの傘下団体であるNXTモンテス・フォードMontez Ford)のリングネームで所属。

来歴[編集]

学生時代[編集]

学生時代、陸上競技で活動。ノースカロライナ州アンソン郡に所在するアンソン高校、サウスピードモント・コミュニティ大学に在籍時には200メートル競走400メートル競走1600メートルリレー走でそれぞれ最高記録を樹立。アンソン高校在籍時の2007年にはアンソン高校最優秀アスリート賞を受賞している[3]

海軍時代[編集]

サウスピードモント・コミュニティ大学卒業後、軍人になる事を選択。アメリカ海軍入隊を目指してサウスカロライナ州パリスアイランドの新兵訓練キャンプに参加後、カリフォルニア州オーシャンサイドに所在するキャンプペンドルトン海兵隊基地に所属。4年間従事し、伍長まで昇進した[3]

WWE[編集]

2015年4月、アメリカのメジャープロレス団体であるWWEとディベロップメント契約を交わし入団[4]。入団後、トレーニング施設であるWWEパフォーマンスセンターにてプロレスの基礎を学ぶ。9月26日、傘下団体であるNXTのNXT Liveにてバトルロイヤルでプロレスラーデビューを果たす[5]

2016年2月18日、NXT Liveにてクリス・ジラードと対戦。プロレスラーとしてのキャリア初勝利を飾った[6]。3月16日、NXTにて初登場。アンジェロ・ドーキンスと組んでハイプ・ブロズ(ザック・ライダー & モジョ・ローリー)と対戦。序盤より一方的にやられる展開となり、最後にハイプ・ライダーを喰らい敗戦した[7]。12月16日、NXT Liveにてリングネームをモンテス・フォードMontez Ford)へと変更。アンジェロ・ドーキンスと組んでサニティー(エリック・ヤング & アレクサンダー・ウルフ with ニッキー・クロス)と対戦。終盤にニッキーより毒霧を浴びせられるとヤングより丸め込まれ敗戦。試合後にサニティーより追い打ちとなる襲撃を受けた[8][9]

2017年4月28日、NXT Liveにてアンジェロ・ドーキンスとのタッグネームをストリート・プロフィッツ(The Street Profits)と名付ける。ティノ・サバテリ & リディック・モスと対戦。勝利した[10][11]

2018年10月28日、EVOLVE・EVOLVE 114にストリート・プロフィッツとして参戦。EVOLVEタッグ王座を保持するドゥーム・パトロール(クリス・デッィキンソン & ジャカ)に挑戦。最後にジャカにフロッグスプラッシュを決めて勝利。ベルトを奪取した[12][13]

2019年6月1日、Takeover: XXVで空位となっていたNXTタッグ王座を懸けたフェイタル4way形式のラダーマッチによる王座戦にドーキンスと組んで出場。終盤にウェスリー・ブレイクがラダー上でベルトを掴もうとしたところ、自身がトップロープからスプリングボード式のジャンプでラダーに飛び乗り、ブレイクをパンチで振り落としてベルトを奪取。王座を戴冠した[14][15]

その他[編集]

  • 2017年6月10日、NXTに所属するビアンカ・ブレアーと婚約した[16][17]

得意技[編集]

フロッグスプラッシュ
ナックルパート
クローズライン
ドロップキック
ロー・ドロップキック
延髄斬り
フライング・ニールキック
シューティングスタープレス
スーパーマンパンチ
トペ・コンヒーロ

獲得タイトル[編集]

WWE
1回
w / アンジェロ・ドーキンス
w / アンジェロ・ドーキンス
EVOLVE
  • EVOLVEタッグ王座 : 1回
w / アンジェロ・ドーキンス

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ Montez Ford”. Online World of Wrestling. 2017年4月2日閲覧。
  2. ^ Montez Ford”. Wrestlingdata.com. 2017年5月24日閲覧。
  3. ^ a b WWE welcomes new NXT recruits: Introducing Kenneth Crawford”. MiamiHerald.com. 2015年4月13日閲覧。
  4. ^ WWE Performance Center welcomes new class of recruits”. WWE.com. 2015年4月10日閲覧。
  5. ^ 9/26 WWE NXT Results – Ft. Pierce, Fla.”. PWTorch.com. 2015年9月26日閲覧。
  6. ^ WWE NXT Live Event Results From Crystal River (2/18): Tag Teams Headline, Zack Ryder, Nia Jax, More”. PWMania.com. 2016年2月19日閲覧。
  7. ^ WWE NXT results - March 16, 2016: American Alpha and Vaudevillains square off for title opportunity, Sami Zayn and Shinsuke Nakamura set for Dallas dream match”. WWE.com. 2016年3月16日閲覧。
  8. ^ WWE NXT Live Event Results From Citrus Springs (12/16): Sanity Wins Matches, TJ Perkins In MOTN”. Wrestlinginc.com. 2016年12月18日閲覧。
  9. ^ WWE NXT House Show Results: SAnitY in Main Event, Perkins vs. Strong”. 411mania.com. 2016年12月18日閲覧。
  10. ^ WWE NXT Live Event Results From Venice (4/28): Cruiserweight Six-Man, Lana Gets A Win, More”. Wrestlinginc.com. 2017年4月28日閲覧。
  11. ^ WWE NXT Superstar Returns From Injury At Live Event (Photos), NXT Tag Team Gets Name, Nikki Bella”. Wrestlinginc.com. 2017年4月28日閲覧。
  12. ^ NXT Superstars Win Titles At EVOLVE 114”. Mandatory.com. 2018年10月28日閲覧。
  13. ^ EVOLVE 10/28/18 EVOLVE 114 Results w/ NXT Talent”. PWPonderings.com. 2018年10月29日閲覧。
  14. ^ NXT TakeOver 25 results, recap, grades: Two new champions and an incredible main event”. CBS Sports. 2019年6月1日閲覧。
  15. ^ WWE NXT TakeOver: XXV: Results: Winners, Grades, Reaction and Highlights”. Bleacher Report. 2019年6月1日閲覧。
  16. ^ WWE News: John Cena Speaks on His WrestleMania Proposal on The Tonight Show, NXT Superstar Bianca Blair Gets Engaged”. 411mania.com. 2017年6月10日閲覧。
  17. ^ NXT’s Bianca Blair and Montez Ford announce engagement”. WWE.com. 2017年6月10日閲覧。

外部リンク[編集]