パンチング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
パンチの一例(ジャブ)
パンチの一例(ストレート)

パンチング英語:punching)またはパンチ英語:punch)とは、を握って対象物を殴打することである。主に格闘技武術打撃技)として使用される。その場合、(けん)、拳技拳術ブローフィストナックルとも呼ばれる。

概要[編集]

を握り、(こぶし)にした状態で、腕を前方に突き出したり、上下左右のいずれかの方向から振り回したりして拳を相手の体にぶつけることによって、殴打によるダメージを与える技。

格闘技において「打撃技」に区分され、その中の「殴打技(手技)」に分類される。手技には腕を前方に出す「突き技」と、腕を振り回すようにして繰り出す「打ち技」があるが、パンチは、両方の繰り出し方がある。手刀打ち貫手などの拳を握らない殴打技はオープンブローと呼ばれ、パンチとは区別される。

頭部・こめかみ等の急所を狙えばKOや致命傷などの大ダメージを与えることも可能であるが、当て方・当てる位置・タイミング等により自らの手を負傷させてしまうリスクもある。

パンチは多くの格闘技・武術に取り入られており、様々な名称で使用されている。また、パンチの打ち方も多く存在し、派生技も多い。

ボクシング[編集]

フック

パンチのみで格闘する種目であるボクシングにおいては様々な種類のパンチが使用される。主に、直線的な動きを伴うストレート系と、曲線的な動きを伴うフック・アッパー系に大別されるが、同じ種類のパンチでも、力の入れ方や体重の動かし方、またはフォームやスピードが変わる事によって、全く異なった性質を持つことがある。代表的な例が、ジャブとストレートである。


また、ボクシングにおけるパンチは、連続攻撃を意識して体勢を崩さないこと、攻撃と同時にガードをすること、体重を拳に集中させること、標的に拳のエネルギーを伝えきること等を意識したフォームになっており、合理的な動きでパンチを形作るという傾向が強い。


パンチの種類として、腰の回転を使わず腕の瞬発力をもって放つものはジャブである。重心の移動や体の回転を伴い、主に利き腕を真っ直ぐに突き抜くものはストレートである。これらのパンチは、その軌道からストレート系と呼ばれる。また、ジャブに続けてストレートを放つものをワンツーパンチ、または単にワンツーと呼び、最も基本的かつ効果的なコンビネーションとして知られる。


横から水平に拳を当てるものはフックである。下から突き上げるように放つものはアッパーカットまたは単にアッパーと呼ばれる。これらのパンチは、その軌道からフック・アッパー系と呼ばれ、特に左フックは右ストレートと並び、KO率の高い強打である。


相手の頭部ではなく腹部を狙うものをボディブローと呼び、ボディストレート、ボディフック、ボディアッパー等に分類される。また、ボディブローはハードパンチャーであればダウンを奪うことも可能であるが、通常は相手の動きを止めたり、スタミナを奪ったり、ガードを下げさせる戦法として使われることが多い。ボディブローのうち、相手のみぞおちを狙うものをストマックブロー、相手の肝臓付近を狙うものをレバーブローリバーブロー)と呼ぶ。

以上の用語はキックボクシングプロレス総合格闘技などにおいても使用される。

武道・武術[編集]

巻き藁に突きを打ち込む船越義珍

武道武術(主に空手道拳法)においても使用される。プロレスリングや総合格闘技でも使用される場合がある。

プロレスリング[編集]

プロレスにおいては、独創的な派生技が多く存在する。プロレス独自のものが多く、他の格闘技でほとんど使用されない。ただ一部の技は総合格闘技等で使用される。

基本的にプロレスでは、国、団体にかかわらず、グローブを着けていても拳(こぶし)の部分での殴打は反則とされている。しかし、プロレスではレフェリーが5カウント数えるまでに技の使用をやめれば反則とはならないので、事実上は使用を認めている。ただし、大半のレスラーはプロレスの暗黙の了解に従い、本気で相手を殴りつけ致命傷を与えることはない。日本以上に大半の選手が試合中パンチを使用するアメリカでは、「パンチの打ち方を見れば、そのレスラーの技量が分かる」とも言われており、「1,致命傷を与えず、ダメージのみを与える 2,自分の拳を割らない 3,相手にケガを負わせない」等が見極めるポイントとされている。

種類[編集]

プロレスにおけるナックル
ナックル・パート
拳での殴打を避けるため、プロレスではナックル・パート(knuckle part)と呼ばれる派生技が生まれた。試合中では、後述のナックル・パンチとの違いは見分け辛いが、ナックル・パートとは、握り拳の曲げた指側、掌の下方の辺りで相手を殴打するものである。このナックル・パートをボクシングや武道で使用されるパンチング応用してプロレスの試合で使用する者も多い。
テリー・ファンクが使い手として有名で、ジャブやストレートの形で織り交ぜて使用した。通称「テキサス・パンチ」(「テキサス・ナックル」、「テキサス・ジャブ」とも)と呼んだ。(ちなみにナックル・パンチも使用した)
ナックル・パンチ
ナックル・パートにたいして、拳で殴打するパンチングをナックル・パンチ(knuckle punch)と呼んでいる。他の格闘技におけるパンチングと同様である。天龍源一郎は「グー・パンチ」の名称で使用している(主にストレートやジャブ)。上記のナックル・パートと、このナックル・パンチの二つが、プロレスでは最も使用されており、どちらかを使う選手もいれば、一人のレスラーが、この二種類を使い分けている場合もある。
ナックル・アロー
アントニオ猪木が使用したパンチ。大きくを引くような独特のフォームで振りかぶった後、一気に相手を殴打する。ナックル・パートで使用するときとナックル・パンチで使用するときとがあった。通称「鉄拳制裁」。ちなみに、手を引き込む動作は、威力自体にはあまり関係無いとのこと。
オープン・ハンド・ブロー
腕パンチとも言われ、元アマチュアボクサーの経歴を持っていたベイダーが、「プロレスの試合でも思い切り殴りたい」と考え、かつて存在したUWFインターナショナル時代に開発した技である。握りこぶしを握って、腕と拳の境目付近、手首辺りで相手を殴打する技。フックのように横から腕を振り回すように繰り出す。頭部を狙うことが多く、相手は頭部を大きく振られる。左右の腕で交互に連続して繰り出すと強力。拳で殴打をしないため、反則を取られず、思い切り殴りつけることが可能である。上記のベイダーがベイダー・ハンマーの名称で使用。最近では森嶋猛がモリシー・ハンマーという名称で使用している。
ロー・ブロー
金的へのパンチ。致命傷を避けるため、腕パンチの形で繰り出すものが多い。
ハンマー・ブロー
前屈みになっている相手の背面へ上方からパンチを振り下ろす。
ハンマー・パンチ
立っている相手の背面へ上方から振り下ろすようにパンチを繰り出す。グレート・アントニオビッグ・ジョン・スタッドなどの巨漢レスラーが使用した。
ヘッドロック・パンチ
ヘッドロックを極めながら、相手の頭頂部へパンチを繰り出す。この技を「鉄拳制裁」と呼ぶときもある。
ダブル・スレッジ・ハンマー
アメリカではダブル・アックス・ハンドルとも呼ばれ、上方で両手を組んで、そのまま振り下ろし、組んだ手の部分で相手を殴打する。トップロープから使用されるものはフライング・アックス・ハンドルとも呼称され、ランディ・サベージなどが得意とした。
ヴィーナス
CIMAのオリジナル技。コーナー上に相手を座らせ、助走をつけてジャンプしながら掌底を繰り出すものだが、稀にアッパー・カットを繰り出す。
デス与座
齋藤彰俊のオリジナル技。
ロシアン・フック
PRIDE等で活躍したイゴール・ボブチャンチンが開発した技。打ち出す瞬間に、深く前に屈み、手の甲の部分を顔面に打ち付ける技である。これはボブチャンチンがロシア人(正確にはウクライナ人)であるためにこう呼ばれており、かつては「タックルに入られないパンチ」とも言われ、同じくロシア人(こちらも正確にはウクライナ人)であるエメリヤーエンコ・ヒョードルも使用する。ただ、プロレスではあまり使用されない。
ランニング・アッパーカット
立っている相手に助走を就けてアッパーカットを繰り出す。安生洋二アッパー200の名称で得意とする。
太鼓の乱れ打ち
タッグマッチ時に2 - 3人で1人の相手に対してかける技。前屈みになった相手の周囲に並び、相手の背面を一斉に両手で小刻みに連続して叩く。太鼓を叩いているように見えることから命名。

格闘技以外での使用[編集]

サッカーにおいては、ゴールキーパーが両手または片手の拳でボールを弾くことを指す。

さらにはおしおき戒めのため(俗に言う「ゲンコツ」)にも使用されたりする。

関連項目[編集]